【2024年最新版】特定旅客自動車運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

特定旅客自動車運送業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、特定旅客自動車運送業において倒産・廃業が相次いでいる。このような状況は、労働環境の悪化や、高齢化による運転者の減少、新しい競合企業の参入などが背景にあるとされている。

特定旅客自動車運送業については、2018年12月時点で業者数は53,936社であったが、2021年6月には51,874社に減少している。また、倒産・廃業件数についても、2020年度には166件であったが、2021年1月から6月までには、255件に上っている。

一部の業者では、新型コロナウイルスの影響で需要が激減したことが倒産の原因の一つとしてあげられる。また、安価な運賃を提示する新興企業の参入によって、既存の業者の収益力が低下し、廃業へと追い込まれるケースもある。

しかし、業界全体を見渡すと、需要が縮小しているわけではなく、運営面での工夫を行い、業績を維持している企業も存在している。例えば、地方自治体と連携して観光バスを運行する企業や、高齢者向けの定期観光旅行バスを運行する企業などが挙げられる。

このように、倒産・廃業が相次いでいる特定旅客自動車運送業界においても、柔軟な運営や新しい需要の開拓などの工夫や手法によって、存続を図ろうとする企業も存在している。

特定旅客自動車運送業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の評価額に注意する:特定旅客自動車運送業の企業は、大量の自動車を所有していることが一般的です。清算時には、これらの自動車やその他の固定資産の評価額に注意が必要です。評価額を正確に算出しなければ、正当な評価ができず、清算価値が正確に算出されなくなります。

2. 債権者との合意を取る:清算プロセスで最も重要な要素の一つは、債権者との合意です。清算する企業は、債務が残っている場合には、債権者と交渉を行い、債務の返済に関する合意を取る必要があります。債権者との合意が達成されなければ、清算計画を実行することができません。

3. 清算プロセスに参加する従業員に注意する:清算プロセスには、多くの人々が関与することがあります。清算する企業は、従業員の関与を考慮し、適切な対処方法を決定する必要があります。従業員が不適切な方法で清算プロセスに関与することがあれば、企業の資産や評判に悪影響を与える可能性があります。

特定旅客自動車運送業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 客情報の取り扱いに注意すること:廃業する際には、特定旅客自動車運送業で取り扱った顧客の情報を適切に処理する必要があります。顧客情報はプライバシーの保護に関する法律によって保護されているため、廃業前には必要な手続きを確実に行うようにしましょう。

2. 契約書の取り扱いに注意すること:特定旅客自動車運送業は、顧客との契約書を取り扱っています。廃業前には、契約書の転送や保存について、適切な手続きを実施することが必要です。契約書の紛失や漏れがあると、将来的にトラブルに発展する可能性があります。

3. 資産や債務の処理に注意すること:特定旅客自動車運送業は、車両や施設、備品などの資産を保有している場合があります。また、債務を抱えている可能性もあります。廃業する際には、これらの資産や債務を適切に処理することが必要です。資産の処分や債務の解決には、税金や法律上の問題も絡んでくるため、専門家の相談を受けることが望ましいでしょう。

特定旅客自動車運送業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法律に基づく手続きを確実に行うこと
特定旅客自動車運送業は、運行には各自治体での許可が必要となります。会社を畳むにあたっては、法的に正確かつ完全な手続きを行うことが重要です。自治体の手続きを怠ると、法的な問題が生じ、再び事業を行う機会を失うことになる可能性があるため、法的手続きを十分に把握し、遵守することが必要です。

2. 顧客への対応に気を配ること
特定旅客自動車運送業は、顧客満足度の高いサービス提供を求められる業種です。会社を畳む際には、顧客に対して丁寧な対応を心がけることが重要です。顧客には、事業停止の理由などを明確に説明することが求められます。

3. 従業員の雇用を保護すること
会社を畳む際には、従業員の雇用を保護することが必要です。従業員の解雇等が不十分だと、従業員から訴訟を提起される可能性があります。従業員に対して十分な配慮をすることで、将来的な事業展開に支障が生じる可能性を低減することができます。

特定旅客自動車運送業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化:特定旅客自動車運送業の市場競争はますます激化しており、企業は収益性や業績の維持に苦労しています。M&Aを通じて、競合他社との統合による規模の拡大や事業の多角化を図ることで、生き残りを図ることができます。

2. 規制環境の変化:特定旅客自動車運送業は、交通法令や消費者保護法の規制が厳しくなっており、事業を展開する上での法的なリスクが増大しています。M&Aを通じて、より法令遵守のための組織やプロセスを確立することができます。

3. 人材確保の難しさ:特定旅客自動車運送業では、ドライバーや車両整備士などの人材確保が難しくなっています。M&Aを通じて、他社との統合による人材のシェアリングや、人材育成の効率化を図ることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福祉事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】高知県日高村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】群馬県明和町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】情報記録物製造業(新聞,書籍等の印刷物を除く…
  5. 【2024年最新版】自転車小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】熊本県長洲町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】真空装置・真空機器製造業の企業が清算・廃業・…
  8. 【2024年最新版】信用保証機関の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP