【2024年最新版】物流運搬設備製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

物流運搬設備製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

この種の企業が最も多い地域は、工業地帯である。このため、この分野の企業の中には、生産が停滞したり、地元の不況によって廃業したりする企業が存在する。企業倒産・廃業の原因としては、主要顧客の業績不振や、国内外での競争力の欠如、働き手不足などが挙げられる。これらの問題は、企業自体が直面する問題だけでなく、地域経済全体に影響を及ぼすことがあるため、対策が求められている。

近年、物流運搬設備製造業の企業数は減少している。しかし、新しい技術やニーズに対応できる企業は依然として存続している。特に、環境にやさしいエコロジーな物流運搬設備に関する需要が拡大している。

To be continued…

物流運搬設備製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価を行う必要がある。
物流運搬設備製造業の企業が清算する際には、資産の正確な評価を行うことが重要です。特に、設備や機械などの大型資産は、その評価が適正でない場合には、清算金額が低くなってしまいます。

2. 事業譲渡などの選択肢を検討する。
清算を行う際には、事業譲渡などの選択肢を検討することも重要です。他社に事業を引き継いでもらうことで、従業員の雇用は守られるだけでなく、資産も適正価格で売却することができます。

3. 法的手続きを適切に行うことが必要。
清算を行う際には、法的手続きを適切に行うことが必要です。倒産手続きや自己破産手続きなどの手続きを適切に行うことで、従業員や債権者の権利を守りつつ、人為的なリスクや経済的損失を最小限に抑えることができます。

物流運搬設備製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法律遵守を忘れずに
物流運搬設備製造業には、独自の規制基準が存在するため、廃業にあたっては、法律遵守を忘れずに進めることが必要です。特に、危険物輸送用機器の製造業では、法令違反による重大な事故が発生することがあるため、厳格な規制が設けられています。廃業する前に、法律に基づき、機器の安全性についてチェックし、必要な手続きを行わなければなりません。

2. 社員と現場の意見を反映させる
物流運搬設備製造業は、熟練工が多いため、従業員のスキルや施設の特性に応じた製品メーカーも存在します。これらの企業が廃業する場合、社員や現場の意見を反映させることが大切です。社員や現場のフィードバックを、新たな事業を進める上で参考にすることで、事業の成否に影響を与えることを防止できます。

3. ユーザーとのコミュニケーションを大切にする
物流運搬設備には、多様なニーズがあり、各製品メーカーが異なる特徴を持っています。廃業する場合は、ユーザーとのコミュニケーションを大切にすることが必要です。ユーザーの要望やニーズを把握し、それを元に新しい製品を設計し、販売することで、別の事業を進めることができます。ユーザーとの信頼関係を長年築いてきた企業が、廃業する場合には、顧客ファイルや顧客データを適切に処理することも大切です。

物流運搬設備製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

物流運搬設備製造業の企業が、様々な理由により会社を畳む際は、以下の3つの注意点に注意する必要があります。

1. 従業員との交渉

従業員は、会社の立ち退きにより失業してしまうため、彼らと対話することは非常に重要です。異なる種類の従業員を持つ企業は、それぞれの従業員のニーズや要件に対応する適切な解決策を提供する必要があります。また、財産や資産は、誰が使用する場合も、彼らの影響を受ける事になります。

2. 顧客との交渉

企業が業務を終了する場合、彼らの製品に依存している顧客に対する重軽なコミュニケーションは不可欠です。会社は、顧客に対して、事情を説明するとともに、業務を引き継ぐ別の企業を紹介することができます。また、アフターサポートを提供する企業は、製品の故障や問題に関する問い合わせに返答する必要があります。

3. 税務上の注意

会社の畳み方に関する税務的な問題も考慮する必要があります。特に、各地域の法規制や法律に応じて行動することが必要です。特定の国、地域、市場を見て、エリアの税務負担とトピックの規制に関する情報を判断することが必要です。

以上の3つの注意点は、物流運搬設備製造業の企業が会社を畳む際の注意点です。ただし、各企業によって異なるケースがありますので、事前に徹底した準備を行う必要があります。

物流運搬設備製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の変化に対応するため

物流運搬設備製造業は、近年さまざまな変化が起きています。例えば、IoT技術を活用した自動運転システムの導入や、環境に配慮した車両の開発などが挙げられます。これらの変化に対応するためには、大きな投資が必要となります。しかし、中小企業ではそのような投資を行うことが難しいため、M&Aで売却することが選択肢のひとつとなります。

2. 技術力の向上・製品ラインナップの拡充を図るため

物流運搬設備製造業は、日々進化し続ける技術力が求められる業界です。M&Aを通じて、先進的な技術力を持つ企業と合併することで、製品ラインナップの拡充や技術力の向上が可能となります。また、売却先の企業が持つ海外進出のノウハウを活用することで、グローバルなビジネス展開がしやすくなる場合もあります。

3. 業績の改善を目的とするため

物流運搬設備製造業は、競争が激化しているため、売上や利益率の低迷が課題となることがあります。このような場合、M&Aによって、業績の改善を目的とする買収や合併が選択されることがあります。売却先の企業が持つ資金力やマーケティング力を活用することで、業績を改善するという戦略があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】秋田県横手市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】福井県勝山市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】徳島県阿南市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】鉄道施設提供業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】北海道芦別市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】岐阜県川辺町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】埼玉県ときがわ町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】化学繊維機械・紡績機械製造業の企業が清算・廃…
PAGE TOP