【2024年最新版】燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、燃料小売業界では、競合激化や消費の低迷などの影響を受け、倒産・廃業が相次いでいます。

多くの企業が経営難に直面し、その中には、地方の中小企業も含まれています。

2019年には、燃料小売業界でも大手企業の倒産が相次ぎました。また、2020年には、新型コロナウイルスの影響で、燃料需要が低迷したことにより、経営が悪化した企業も多くありました。

しかし、燃料小売業の倒産・廃業については、業界全体で見れば、まだまだ少数派です。

現在、多くの企業は、業績改善に向けて様々な施策を講じています。例えば、店舗改装や、コンビニ業態の導入、電気自動車充電器の設置などが挙げられます。

また、燃料小売業界においては、燃料以外の商品販売に注力する動きが広がっています。コンビニや飲食店などを併設することで、収益源を多角化するためです。

ただし、今後は、燃料小売業界全体が抱える課題や市場環境の変化などに対応しなければなりません。地球温暖化対策のような社会的な課題や、自動運転の普及、電気自動車の普及など、様々な変化が求められているからです。

燃料小売業界にとって、これらの課題を克服することは、大きなチャレンジです。しかし、今後も経営改善や商品販売などを通じて、業界全体がより良い方向へ進むことを期待したいと思います。

燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価が重要

燃料小売業の企業が清算する際に重要なのは、正確な資産の評価です。特に、タンクやパイプラインなどの燃料施設は高額な資産であり、その価値を正確に把握することが必要です。また、清算時には機器や設備、在庫品などの評価も重要となります。企業が適切な評価を行わないと、資産の価値を過大評価または過小評価することになり、清算時に損失や問題が生じる可能性があります。

2. 信頼できる専門家のアドバイスを求める

清算に際しては、専門家(法律家、会計士、鑑定士等)のアドバイスを求めることが重要です。このような専門家は、法的手続きの手続きや税務問題などに詳しく、企業の状況に応じた助言を行うことができます。また、燃料小売業界に特化した専門家を選ぶことも重要です。信頼できる専門家のアドバイスを受けることで、問題を余儀なくされるリスクを最小限に抑えることができます。

3. 債務整理との関連性

清算には、債務整理との関連がある場合があります。例えば、企業が多額の債務を抱えている場合は、清算よりも債務整理の方が適切である場合があります。また、清算を行う際には、債権者に対して支払いを行わなければならず、その額が負債超過になる場合もあります。このような場合、債権者が清算に反対することもあるため、事前に利害関係を確認し、債務整理との適切なバランスを見出すことが重要です。

以上、燃料小売業の企業が清算する際の注意点について説明しました。正確な資産の評価、信頼できる専門家のアドバイス、債務整理との関連性を理解し、適切な手続きを行うことが重要です。

燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 破産手続きの準備を整える必要がある。破産手続きが必要になる場合は、適切な準備を行っておく必要がある。破産手続きには財産の整理や債務の整理などが含まれ、法的に適切な手続きを行わなければならない。

2. 従業員にも注意を払う必要がある。廃業する企業の従業員に対しても、適切な対応をしなければならない。例えば、退職金や解雇手当などの支払いを行う必要がある。

3. 廃業に伴う負債の処理にも注意を払う必要がある。廃業に伴って生じる負債には、従業員の給与や社会保険料、未払いの債務といったものがある。これらの負債は、適切に処理しなければならない。

燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法律に従うこと:燃料小売業の企業が会社を畳む前には、国や地方自治体の法律に従うことが必要です。これには、税務、社会保険、労働契約、環境規制などが含まれます。

2. 顧客や協力業者への適切な対応:企業が畳む際には、顧客や協力業者への適切な対応も必要です。これには、従業員に事前に告知すること、アウトプレースメントの提供、製品やサービスの残存在庫の処理、未払いの請求を解決することなどが含まれます。

3. トラブル回避のための注意:燃料小売業の企業が畳む際には、トラブル回避にも十分に注意することが必要です。これには、契約書や法的文書を適切に管理すること、取引先や従業員とのコミュニケーションを確保すること、約束を守ることが含まれます。

燃料小売業(ガソリンスタンドを除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化:燃料小売業界は競争が激化しており、新規参入や既存企業の拡大により市場が狭まっている。このため、企業は売却によって他社のリソースを利用し、競争力を強化することができる。

2. 資金調達の必要性:燃料小売業界は、環境対策や新規事業の開発などに多額の資金を必要とするため、売却を通じて必要な資金を調達することができる。

3. 事業の集中化:業界の競争激化や資金調達の必要性から、燃料小売業の事業は集中化していく傾向がある。また、一定規模以上の企業はコスト削減や効率化のために、M&Aによる統合を図ることもある。こうした背景から、企業は自社の競争力を維持し、成長戦略を実施するために、売却を選択することがある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福岡県香春町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】神奈川県開成町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2023年最新版】すし店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2024年最新版】築炉工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】群馬県昭和村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】職業訓練施設の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】佐賀県白石町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】山梨県南アルプス市の企業が清算・廃業・倒産、…
PAGE TOP