【2024年最新版】法律事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

法律事務所の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、多くの企業が倒産や廃業の危機に直面しています。これは、景気低迷や競争激化などの様々な要因によるものです。

法律事務所もその中で重要な役割を担っています。彼らは、企業の倒産や廃業に関する法的手続きを処理し、財産の処分や債権の回収などを行っています。

しかしながら、法律事務所自体も、厳しい経営状況に直面しているケースがあります。特に、大手法律事務所であっても、業績悪化による人員削減や事業縮小が相次いでいます。

これは、企業側の支払い能力の低下に加え、法律事務所に対する報酬の引き下げなどにより、収益の低下が進んでいることが一因として挙げられます。

また、中小法律事務所においても、競争環境の激化や新たな需要の獲得などの難題に直面していることが考えられます。

しかしながら、法律事務所の業績低迷や経営難は極めてデリケートな問題であり、業界の信頼性低下や社会的評価の低下など、深刻な影響を及ぼす可能性があります。

したがって、法律事務所が企業の倒産や廃業に関する法的手続きを適切に処理すると同時に、自らの経営状況の充実と業績回復に向けた努力を継続して行うことが求められます。

法律事務所の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産評価の適切性を確認する
清算時には、企業の資産を評価して、債権者に対する支払いや株主への分配額を決定する必要があります。この際には、適切な評価方法を用いることが重要です。例えば、土地や建物などの不動産資産の場合には、地価公示価格や市場価格を参考にして評価する必要があります。また、機械や設備などの有形固定資産の場合には、耐用年数や残存価値などを考慮した適正な評価を行う必要があります。

2. 債権者の権利を確認する
清算時には、債権者の権利を確認することが重要です。例えば、社員や取引先などの債権者がいる場合には、彼らの債権が優先的に支払われる必要があります。また、税金や社会保険料の未払い分などについても、債権者の権利を尊重しながら支払いを行うよう注意する必要があります。

3. 法令遵守の徹底
清算手続きは、法令に基づいて行われるため、法令遵守の徹底が求められます。例えば、会社法や税法、労働法などの法律に沿って手続きを進める必要があります。また、清算報告書や清算人の選任などにも法令に基づいた手続きが必要となります。法律事務所は、こうした法律上の手続きに精通していることが求められます。

法律事務所の企業が廃業する際の注意点 3選

法律事務所の企業が廃業する際、最も重要な注意点は以下の3点である。

1.法律手続きを遵守すること

法律事務所の企業が廃業する際は、法律手続きを遵守することが非常に重要である。法律手続きを遵守しないと、後に法律上の問題や責任を負わなければならないことになるため、最低限でも法的手続きに従って廃業するようにすることが必要である。

2.スムーズなお客様の引き継ぎを行うこと

法律事務所の企業が廃業する際、お客様にとっても大変なことになる。そのため、重要なのはスムーズなお客様の引き継ぎを行うことである。引き継ぎの方法や手順などをしっかりと決め、お客様にも説明した上で手続きを進めることが大切である。

3.社員の再就職先の支援を行うこと

法律事務所の企業が廃業する際、社員たちは再就職先を見つける必要が生じる。そのため、法律事務所の企業側は社員たちの再就職先の支援を行うことが重要である。再就職先の情報提供や、履歴書や面接の指導など、できる限りの支援を行い、元社員たちがスムーズに再就職できるように尽力することが必要となる。

以上の3つは、法律事務所の企業が廃業する際には、是非とも守ってほしい注意点である。法的手続きの遵守、お客様の引き継ぎ、再就職先の支援を行うことが、廃業後に法的問題を負わないだけではなく、社会的責任を果たすことにもつながることを忘れてはならない。

法律事務所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

法律事務所が自社を畳む場合、以下の3つの注意点に留意する必要があります。

1. 従業員の処遇について

会社解散に伴い、従業員の雇用を終了することになります。しかし、解雇には一定の手続きが必要であり、違法な解雇によって労働者からのクレームや訴訟などのトラブルを避けるため、法律上の手続きを遵守する必要があります。

2. 債権者への対応

企業解散に伴い、借入金や未払いの請求がある場合、債権者に対して債務返済を行う必要があります。法律事務所は、債権者の権利を守るため、債務整理の手続きを遵守する必要があります。

3. 税金の処理

法律事務所が解散を行った場合、課税されることがあります。会社の解散に伴い、消費税や所得税、法人税などの税金が課せられるため、正確な手続きを行う必要があります。また、解散手続きの段階で税金に関する問題を解決することが重要です。

以上のように、法律事務所が自社を畳む際には、従業員や債権者、税金処理に注意を払い、法律上の手続きを遵守することが求められます。分かりやすく、正確な解散手続きを行うことで、問題を回避し、スムーズに解散手続きを進めることができます。

法律事務所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 先行投資が回収できる場合
M&Aによって、一定の先行投資を行っていた事業が回収できる場合があります。例えば、新規事業の立ち上げや海外進出など、事業拡大に必要なリソースを投入したにもかかわらず、思うような成果が出ずに苦戦している場合です。このような場合、M&Aによって事業を売却することで、先行投資を回収することができます。

2. 競合他社との差別化が図れる場合
自社の強みを最大限に活かせるためには、競合他社と差別化を図ることが重要です。しかし、差別化するためのリソースや時間が足りず、本業に集中できない場合があります。このような場合、M&Aによって競合他社との差別化を図るためのリソースを得ることができます。

3. 財務面の改善が必要な場合
不採算事業や不要な資産がある場合、財務面の改善が必要になります。このような場合、M&Aによって不採算事業や不要な資産を売却することで、財務面の改善を図ることができます。また、財務面が改善すれば、株価や信用力の向上につながり、新たな投資家や貸付先が得やすくなります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】広告制作業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】京都府木津川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】静岡県浜松市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】機械設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】青森県深浦町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】煙火製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】福島県須賀川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】北海道中富良野町の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP