【2024年最新版】沿海貨物海運業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

沿海貨物海運業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、沿海貨物海運業界では、世界的な経済不況や新型コロナウイルスの影響により、多くの企業が倒産・廃業を余儀なくされています。

特に、中国を中心に中国企業や韓国企業の倒産が相次いでいます。これにより、海運業界における競争はますます激化し、生き残りに向けた戦略転換が求められています。

しかし、一方で、日本企業は比較的安定しており、倒産・廃業の数は少ないと言えます。これは、長年の技術力と信頼性を積み重ねた結果、多くの顧客から支持を得ていることが要因とされています。

沿海貨物海運業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 貨物の所有権の正確な把握:貨物海運業は、複数の船舶を管理し、様々な荷主からの貨物を運搬します。清算時には、各船舶と荷主ごとに、所有権の明確な把握が必要です。

2. 法的手続きの遵守:清算する際には、貨物海運業は国内外の関連法規に従わなければなりません。特に、貨物の引渡しや貨物の責任に関する規定に留意する必要があります。

3. 会計上の正確な処理:貨物海運業は、国内外の荷主からの入金や船舶の運航費用等、多数の取引が発生します。清算する際には、適切な会計記録を残し、収支の詳細な分析を行い、正確な清算を行うことが重要です。

沿海貨物海運業の企業が廃業する際の注意点 3選

沿海貨物海運業は世界中で盛んに行われていますが、最近では競争が激化しており、多くの企業が廃業しています。ここでは、沿海貨物海運業の企業が廃業する際の注意点について、3つのポイントを紹介します。

1.債務整理

企業が廃業する場合、多くの債務を抱えていることがあります。その債務は、社員や業界関係者、金融機関などに対して発生する可能性があります。そこで、企業が債務整理を行って、債務を整理し、引き継ぐ企業がある場合は安全な状態で引き継ぐことが望まれます。

2.資産処分

沿海貨物海運業の企業は、貨物を輸送する船舶や陸上施設など、多くの資産を有しています。廃業する場合は、これらの資産を処分する必要があります。その際、処分価格やタイミング、方法などを十分に検討した上で、効率的に処分することが望ましいです。

3.運輸許可やライセンスの返納

沿海貨物海運業を行っている企業は、独自の運輸許可やライセンスを保有しています。廃業する場合は、これらの許可やライセンスを返納する必要があります。しかし、返納には多くの手続きや制限があるため、注意が必要です。また、他の業界への転換を検討している場合は、契約上の制限があることも考慮する必要があります。

以上の3つの注意点を念頭に置き、沿海貨物海運業の企業が廃業する際には、慎重に計画を立てることが大切です。特に、債務整理や資産処分などの分野は、専門家と十分な打ち合わせを行いながら進める必要があります。

沿海貨物海運業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1.労働法令の遵守
従業員の雇用契約や雇用規則、労働法令などを遵守することが大切です。違反があった場合、損害賠償や罰則が発生することがありますので、チェックしておきましょう。

2.破産・会社更生手続きの適切な手配
会社を畳む場合、破産や会社更生手続きを進めることが必要です。手続きには多くの書類や手順が必要であり、アドバイザーに相談することをおすすめします。

3.財務状況の見直し
会社を畳む前に、財務状況を見直すことが大切です。借入金や未払いの請求などがあれば、整理を行い、返済額の見直しを行う必要があります。また、在庫や不動産などの資産の処分も検討することが望ましいでしょう。

沿海貨物海運業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の低下:沿海貨物海運業は競争が激しい業界であり、市場シェアを拡大するためには大規模な資本が必要です。しかし、一部の企業はそのような資源を持っていません。そのため、M&Aを通じて競争力を高めることが重要です。

2. 経営効率の向上:会社を売却することで、企業は経営効率を向上させることができます。例えば、財務面、人事面、資産管理面など、さまざまな部門を効率的に運営することができます。また、売却先の企業が優れた管理システムを持っていれば、そのシステムを取り入れることができ、経営効率の改善につながります。

3. リスクヘッジのため:沿海貨物海運業は、天候や政治的状況など、外部環境の変化によってリスクが高い業界です。一方、M&Aを通じて、多様化された事業ポートフォリオを持つ企業になることができます。そうすることで、事業リスクを分散し、業績安定につながります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】和歌山県高野町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】長野県原村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】北海道新ひだか町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】愛知県みよし市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】宮城県名取市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】鹿児島県南大隅町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2024年最新版】非鉄金属地金卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  8. 【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等の企業が清算・廃…
PAGE TOP