【2024年最新版】段ボール製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

段ボール製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、世界的なコロナ禍の影響により、物流や包装材料に対する需要が増加した一方、原材料の価格上昇も起こり、その影響を受ける業界の一つである段ボール製造業においても、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。

これまで数十年、数百年と続いてきた老舗企業も倒産するなど、業界全体に影響を与えています。また、コロナ禍が拡大する中、ペーパーレス化やリユースの推進も進み、包装材料としての段ボールの需要も変化していくと考えられます。

しかしながら、需要と供給がバランスを取り戻すまでの間、段ボール製造業界における企業の倒産・廃業は継続する可能性があります。このような状況においては、業界の生き残りをかけて企業は経営戦略の見直しや、製品の付加価値の向上など、積極的な取り組みが求められることとなります。

段ボール製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の精査を徹底すること:清算時には、未払いの債務が残っている場合があります。そのため、未払いの債務を把握し、精査することが必要です。

2. 資産の査定を正確に行うこと:清算財産を正確に査定することが大切です。特に、在庫や固定資産の査定が重要で、適切な査定が行われていない場合、不利益を被る可能性があります。

3. 資金管理に注意すること:清算プロセスにおいて、企業の資金管理が重要になります。特に、清算に必要な資金を正確に把握し、追加資金を調達する施策を講じることが必要です。

段ボール製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境負荷の軽減策を考える
廃業する際、環境負荷の軽減策を考えることが大切です。例えば、廃棄物の適正処理や公害防止対策を行うことで社会的な責任を果たし、企業の信頼性を高めることができます。

2. 従業員の就業先の確保
廃業に伴い従業員の雇用が懸念されます。企業側は、就業先の確保に努めることが必要です。従業員のスキルや能力を活かしながら、他の企業への転職支援や再就職支援を行うことが望ましいです。

3. 資産の処分に関する対応
廃業に伴い、不要となる設備や建物、在庫品などの処分方法についても考える必要があります。適切な処分ルートを選択し、不法投棄などの問題を防止することが重要です。また、資産の売却や買取業者との交渉なども必要になる場合があります。

段ボール製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法律上の手続きをしっかりと行うことが重要です。会社を畳む際には、借金の整理や従業員の解雇、財産や資産の処分などの手続きが必要となります。これらを正確かつ迅速に行い、法的問題を解決することが大切です。

2. 従業員への対応も慎重に考えたいところです。従業員に対しては、解雇や退職の手続きを行うだけでなく、退職金や未払い賃金、社会保険料の支払いなど、適切な処置をすることが求められます。従業員と円満に協力し、信頼関係を崩さないようにすることが大切です。

3. 最後には、顧客や取引先、関係者に対しても、丁寧かつ適切な対応をすることが求められます。会社の存続が難しい場合には、早めに伝えることが大切です。顧客や取引先とはコミュニケーションを取り、今後の対応について相談し、円滑に別れることが望ましいでしょう。

段ボール製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業績低下のリスク

段ボール製造業は需要が比較的安定していますが、原材料価格の上昇や新興国からの競合など、経営を脅かす要因も存在します。これらの要因によって業績が低下すると、企業の価値も低下してしまいます。そのため、業績低下のリスクを回避するためには、業界内での合併・買収が必要になる場合もあるでしょう。

2. 技術力・生産能力の強化

段ボール製造業でも、環境に配慮した新しい製品や、高品質・低価格で生産するための新技術の開発が求められます。こうした技術力・生産能力を強化するためには、競合他社の技術・生産能力や製品を取得することが必要になる場合もあります。このような場合、M&Aが有効な手段となります。

3. 業界再編や新規事業の展開

業界再編や新規事業の展開を目的として、M&Aが行われることもあります。業界再編の例としては、競合他社との統合が挙げられます。こうした統合によって、業界内でのトップ企業が誕生し、競争力の向上や販売力の強化が期待できます。また、新規事業の展開の場合、新しい市場への進出や新しい製品の開発などが想定されます。これらの目的を実現するためには、M&Aが有効な策となるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】自動販売機による小売業の企業が清算・廃業・倒…
  2. 【2024年最新版】石川県内灘町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】大分県宇佐市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】事務用機械器具卸売業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】山口県阿武町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】愛媛県久万高原町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2024年最新版】佐賀県みやき町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】徳島県三好市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP