【2024年最新版】歯科材料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

歯科材料製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、歯科材料製造業は競争が激化し、多くの企業が生き残りに苦しんでいる。そのため、倒産・廃業が相次いでいる状況が続いている。

これには、市場規模の拡大に伴って新規参入企業が増え、顧客のニーズに合わせた製品開発が追いつかない企業は厳しい競争環境に置かれていることが要因として挙げられる。また、資材費の高騰や人件費の増加、営業不振など、業績悪化による財務状況の悪化もこの傾向の一因である。

このような状況下で、多くの企業が潰れたり、経営戦略を見直す必要性に迫られている状況がある。しかし一方で、歯科材料製造業の市場に対する期待感も高く、新たな市場開拓を促す動きも見られる。業界は今後の展開に注目が集まる。

歯科材料製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務超過に注意する:清算手続きを行う場合には、債務超過が起こらないように注意する必要があります。債務超過が発生すると、債務超過責任を問われることになります。

2. 会社法に基づく手続きを遵守する:会社清算手続きは、会社法に基づいて行う必要があります。正確な手続きを遵守することで、円滑な清算手続きを進めることができます。

3. 税金に関する手続きを確認する:清算手続きにおいては、税金に関する手続きも重要なポイントです。会社が払わなければならない税金がある場合には、必ず確認して手続きを進めることが必要です。

歯科材料製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 労働法や法令を遵守しての廃業が必要です。社員の解雇や退職手続きなどは法的手続きをきちんと行う必要があります。
2. 環境規制にも十分に注意してください。廃棄物や廃水の処理方法や、土壌汚染リスク評価等を検討し、処理する必要があります。
3. お客様への対応も重要です。残った在庫品や保証が残っている製品などは、販売元からの引き取りや買い取り、または修理サービスなどを提供する必要があるかもしれません。十分に対応し、社会的責任を果たすよう努めてください。

歯科材料製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

歯科材料製造業は、歯科医療に欠かせない素材を作り出すことで、大きな役割を果たしています。しかし、業界は技術開発に膨大な資金を必要とするため、市場規模は限られています。そのため、会社を畳むことになることがあるかもしれません。企業が会社を畳む際には以下の3点に注意が必要です。

1.社員への影響

会社を畳む場合、社員に対する影響は時間とともに大きくなっていきます。そのため、人員整理や退職手当の支払いなど、社員への対応が求められます。 中小企業であれば、退職手当の支払いが困難であることがあるため、社員に対してきちんと話し合いをすることが大切です。

2.製品の廃棄処分

歯科材料は特殊な製品であり、多くは認可を得た廃棄物の処分が必要になります。会社を畳む場合には、大量の製品の廃棄が必要になります。そのため、できるだけ事前に廃棄処分の手続きを進めておく必要があります。 歯科材料製造業者であれば、製品の廃棄処分に関する法令やガイドラインを把握していることが望ましいでしょう。

3.負債の処理と決算

会社を畳む際には、負債の処理や決算にも注意が必要です。特に、借金や融資がある場合は、返済のスケジュールを立て、しっかりと返済することが重要です。また、企業が債務超過を起こしている場合で、会社法の規定による処理の必要がある場合には、事前に専門家のアドバイスを仰ぐことが望ましいでしょう。

以上の3つの点に注意すれば、歯科材料製造業者が会社を畳む際には、スムーズな処理ができるでしょう。ただし、事前に十分な準備を行わなければ、社員に対する影響や負債の問題が生じ、悪影響をもたらすことになるため、会社を畳む際には十分な注意が必要です。

歯科材料製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争の激化による経営の厳しさ
歯科材料製造業界は競合が激しく、価格競争が常態化しています。また、新技術の出現や研究開発コストの高騰、医療政策の変化など、経営環境が常に変化しているため、経営の不確実性が高い業界でもあります。このような厳しい環境下では、M&Aによって競争優位性を獲得し、企業価値を高めることができます。

2. 海外展開の需要に対応するため
近年、歯科材料製造業界はグローバル化が進んでおり、海外市場への進出が必要不可欠です。しかし、海外市場には様々なルールや文化があり、対応が困難な場合もあります。そのため、M&Aによって海外での展開に必要な技術や人材を取得し、ビジネスのグローバル化を進めることができます。

3. 事業の多角化・価値向上を図るため
M&Aによって他社との事業横断的・縦断的な統合を行うことで、事業ポートフォリオの多角化を図ることができます。また、M&Aによって技術的なシナジーを生み出すことで、製品の価値向上を図り、顧客への付加価値を高めることができます。その結果、企業価値を向上させることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】広島県安芸太田町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】岡山県早島町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】沖縄県石垣市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】光電変換素子製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】建築材料卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】福岡県古賀市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】北海道石狩市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福島県下郷町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP