【2024年最新版】楽団,舞踏団の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

楽団,舞踏団の企業の倒産・廃業状況まとめ

昨今の状況により、楽団や舞踏団を運営する企業の倒産・廃業が増えています。以下はその状況の一部をまとめたものです。

・楽団
– ライブハウスなどのコロナ禍による休館が続いたため、楽団を抱える企業が経営に打撃を受け、倒産や業績不振に陥っているケースが多数あります。
– 楽団自体が人気を失ってしまった、古風な音楽を演奏することで勝負していたためにニーズが減少した、若者をターゲットにしなかったためにファンが減った、などの理由で楽団を解散する例も見られます。

・舞踏団
– コロナ禍によるライブハウスの休業や公演中止により、舞踏団を抱える企業も打撃を受けています。
– 舞踏団の公演自体が入場者数が少なかったり、古風な舞踏のために若者に受け入れられなかったりするなど、需要の低下による廃業もあります。
– また、新しい才能が不足していたり、メンバーとの人間関係が悪化していたりするなど、内部の問題により舞踏団が解散に至るケースもあります。

楽団,舞踏団の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債を正確に把握しましょう。清算においては、事業活動期間中に発生した未払いの請求や未処理の債務が存在する可能性があります。財務報告書を基に負債の全容を明確に把握し、追加の債務がないか事前に確認することが重要です。

2. 各種手続きを適切に行いましょう。清算には、税務署や社会保険事務所への届け出や手続きが必要となります。また、楽団や舞踏団の場合は著作権や著作隣接権に関する問題が生じることがありますので、専門家の助言を仰ぐことが望ましいでしょう。

3. 社員や契約者に対する対応に気を配りましょう。清算により雇用関係が解消される場合、社員や契約者に対して適切な処遇を行うことが大切です。退職金や適正な解雇手続きを行うなど、法律に基づく処理をしっかりと行いましょう。

楽団,舞踏団の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員に対する配慮
廃業する際には、従業員に対する配慮が必要です。具体的には、雇用契約の解除に伴い、適切な手当や失業保険の申請方法を従業員に説明する必要があります。また、必要であれば、再就職支援やキャリアアップの機会を提供することも考慮しましょう。

2. 契約上の義務の履行
廃業する際には、契約上の義務を履行することが大切です。契約書には、楽器の貸し出しや演奏会の開催など、様々な内容が含まれます。適切な手続きを行い、契約上の義務を履行することで、顧客からの信頼を得ることができます。

3. 精算書の作成
廃業する際には、精算書の作成が必要です。楽器や舞台照明などの資産の売却による収益や、未払いの請求金額などを集計し、精算書を作成しましょう。精算書には、明確な日付や金額、支払方法などを記載することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

楽団,舞踏団の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応
楽団や舞踏団は、従業員が専門的なスキルを持っていることが多いため、会社の解散に伴い失業する従業員が多くなる可能性があります。そのため、会社側は従業員に対してきちんとした退職金や解雇手当などを支払い、再就職先の紹介やキャリアアップのためのサポートを行うことが必要です。

2. 知的財産の管理
楽団や舞踏団には、オリジナルの音楽・振付・衣装など、独自の知的財産が存在することがあります。会社の解散に伴い、それらの知的財産がどうなるのかを明確にしておく必要があります。例えば、オリジナルの楽曲を他の楽団や舞踏団に貸与することで、収益を得ることもできます。

3. 借入金等の精算
会社が借り入れたお金や、未払いの請求書など、未了の債務がある場合は、解散前に精算しておく必要があります。これらの未了債務があるまま解散してしまうと、後々までトラブルが生じることがあります。会社の解散にあたっては、きちんと債務整理を行うことが重要です。

楽団,舞踏団の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営資源の最適化:楽団や舞踏団は、演奏やパフォーマンスにおいて特定の音楽やダンススタイルに特化していることがあります。しかし、多様な音楽やダンススタイルが求められる場合もあるため、M&Aを通じて企業の規模やレパートリーを拡大し、経営資源を最適化することが必要となる場合があります。

2. 事業拡大のための投資:楽団や舞踏団は、機材や場所などの設備投資や人材の育成など、多くのコストがかかります。M&Aを通じて、投資資金を調達し、事業拡大やグローバル展開を進めることができます。

3. ブランド価値の向上:楽団や舞踏団は、音楽やパフォーマンスにおいて、個性的なアプローチやスタイルが重要な要素となります。M&Aを通じて、企業同士が持つ個性的な要素を組み合わせ、ブランド価値を向上させることができます。また、多様な音楽やダンススタイルを持つブランドとして、市場での競争力を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】教養・技能教授業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】兵庫県太子町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】青森県六ヶ所村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】補整着製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】福岡県香春町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】三重県朝日町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】写真業(商業写真業を除く)の企業が清算・廃業…
  8. 【2024年最新版】東京都国分寺市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP