【2024年最新版】板金工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

板金工事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

ここ数年、板金工事業界では厳しい状況が続いています。多くの企業が倒産や廃業に追い込まれ、業界全体が大きな損失を被っています。

原因としては、まず建設不況が挙げられます。住宅や商業施設の建設が減少し、板金工事の需要が減っているため、多くの企業が業績悪化に苦しみました。また、労働力不足や原材料の高騰も深刻な問題となっています。

このような状況において、多くの企業が倒産・廃業に追い込まれています。特に中小企業は、資金繰りが厳しくなり、借金を重ねた結果、倒産に至ったケースが多いです。一方で、大手企業も業績不振に苦しみ、経営再建を余儀なくされた企業もありました。

しかし、一方で生き残りをかけて経営努力を続ける企業もあります。彼らは、効率化や技術革新など、常に自社の改善に注力し、業績の回復に成功しています。

ただし、板金工事業界が抱える問題は根深く、今後も競争が激化し、企業の存続が危ぶまれる状況が続くことが予想されます。業界全体で協力し、持続的な発展を目指すことが必要です。

板金工事業の企業が清算する際の注意点 3選

板金工事業の企業が清算する際には、以下の注意点があります。

1. 負債の確認
清算する際には、まず負債の確認が必要です。賃貸料や税金・社会保険料等、未払いの債務がある場合は、債務者が清算する前に清算債権者に対して債権届出をしておく必要があります。また、貸借対照表・損益計算書・現金出納帳等の帳簿や、債務者が保有する資産の評価などを行う必要があります。

2. 適切な手続きの実施
清算する際には、適切な手続きを実施する必要があります。会社法上、清算手続きには役員の協力が必要となります。債務者は、役員と協力して事業を停止し、清算期間中に必要な手続きを行う必要があります。清算期間中には、株主総会を招集し、清算委員の選任等を行う必要があります。

3. 債権者への報告
また、清算手続き中には、債権者への報告も必要です。清算開始の日付や清算人の氏名・住所、権利者集会の日時・場所等を公告し、債権者に通知する必要があります。また、清算終了後には、清算報告書を作成し、債権者集会で承認を受ける必要があります。

以上の注意点を考慮しながら、板金工事業の企業が清算を進めることが重要です。これらの手順を遵守し、透明性の高い手続きを行うことで、債権者や関係者への負担を最小限に抑えることができます。

板金工事業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員の処遇をきちんとすること
廃業する場合、社員の処遇については重要な問題となります。社員に対しては、可能な限り早期に正当な手続きを踏んで情報提供を行い、適切な退職金や雇用保険の手続きなどを行う必要があります。

2. 取引先や顧客に伝えること
取引先や顧客に対しては、事前に廃業の意向を伝えることが重要です。適切な手続きを踏んで、取引先や顧客に適切な対応を行い、信用を守ることが求められます。

3. 資産の処理の方法
廃業する場合、資産の処理の方法が重要となります。不要な機器や設備、在庫品などは、適切な方法で処分する必要があります。また、不動産がある場合には、土地や建物の処分方法についても検討する必要があります。

板金工事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員との円満な解雇の実施
会社を畳む際には、従業員との円満な解雇が必要です。これには、事前に従業員に対して説明を行い、理解を得ることが重要です。また、適切な退職金の支払いや、再就職の支援なども行うことで、従業員との関係を損ねないように注意が必要です。

2. 債権者への適切な対応
会社を畳む際には、債権者との問題も発生する可能性があります。この場合、適切な債務整理の手続きを行い、債権者との交渉を行うことが必要です。また、債務整理を担当する法律事務所などの専門家のアドバイスを受けることも重要です。

3. 法的な手続きの遵守
会社を畳む際には、法的な手続きの遵守が重要です。例えば、会社法や労働法などの法律に基づいた手続きを行う必要があります。また、税金などの納付義務や届出も適切に行うことが必要です。これらの手続きを遵守しなければ、今後の事業活動に支障が出る可能性があります。

板金工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界規模の縮小と競争激化

板金工事業界は、国内的には自動車産業が中心であり、海外市場での競争も激化しています。さらに、自動車業界においては電動車や自動運転車など新しいテクノロジーが普及しつつあり、これらの車両の製造に必要な自動化技術や素材も変化しています。このような環境下にあって、競争力の低い企業は業績が低下し、経営難に陥る可能性があります。そのような場合には、他の企業と合併・買収などで経営資源を統合し、業界競争に対して強い体制を構築することが重要です。

2. 経営者の後継者不足

板金工事業は、従業員の専門性が求められることが多く、経験や技術を継承することが企業の存続に不可欠であるため、後継者を育成することが重要です。しかし、経営者の子供が板金工事業を継いでいない場合には、後継者不足の問題が存在します。こうした場合には、M&Aによる身売りや合併で経営の継承を図ることが選択肢として考えられます。

3. 事業拡大のための資金需要

板金工事業においても、市場の拡大や新たなビジネスチャンスを捉えるためには、しばしば多額の資金が必要です。特に、自動車産業における新しい技術や素材の開発には、高いコストがかかるため、十分な資金力を持つことが重要です。こうした場合、M&Aを通じて資金力を向上させ、事業の拡大を図ることができます。また、M&A先となる企業と組み、技術や素材を共有することで新しい事業機会を拓くこともできます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】うちわ・扇子・ちょうちん製造業の企業が清算・…
  2. 【2024年最新版】埼玉県さいたま市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】ボタン製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】左官工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】東京都狛江市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】高知県宿毛市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】大阪府泉佐野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】塗料卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP