【2024年最新版】板ガラス加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

板ガラス加工業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、板ガラス加工業界は厳しい状況に直面しており、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされている。原材料価格の高騰、製品の需要低迷などが要因とされている。業界内でも特に中小企業が多く、競争力の弱い企業は淘汰されつつある。

また、コロナ禍による景気低迷も影響しており、業績が悪化した企業もある。一方で、建築業界などの需要が堅調な企業は、事業の多角化などを進めて業績を上げている。

しかし、板ガラス加工業界は技術力が高い分野でもあり、一部の大手や地場の優良企業は引き続き堅調な業績を維持している。今後は、省エネ・省コスト効果が高い製品の開発や輸出など、新たな市場への参入が求められるだろう。

板ガラス加工業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価を行うことが重要です。清算手続きでは、会社の所有する資産を売却したり、債権者に対して債務を返済する必要があります。そのため、資産の価値を正確に把握することが必要不可欠です。

2. 債務整理を行う場合は、法的アドバイスを受けることが重要です。債務整理は手続きが複雑であり、特定の法的手続きを守る必要があります。そのため、専門家に相談してアドバイスを受けることが重要です。

3. スムーズな清算には、社員に対しても配慮が必要です。清算によって雇用が失われる可能性がある場合は、社員に対して注意深くコミュニケーションを取り、問題解決のためのアドバイスやサポートを提供することが必要です。

板ガラス加工業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業に伴う法的手続きの確認

企業が廃業する場合は、法的手続きを遵守することが重要です。具体的には、税務署や労働基準監督署、商工会議所などに届け出を出し、法律に基づいた手続きを行う必要があります。また、社員の解雇や債務整理、資産処分なども適切に行い、全ての手続きが終了するまで時間がかかることがあるため、十分な準備が必要です。

2. 社員への対応

廃業に伴い、社員の雇用が失われる可能性があります。この場合、企業は従業員に対して最低限の賃金・退職金の支払い義務を負います。さらに、可能な限り早期に従業員に対する説明を行い、円滑な退職手続きを進めることが求められます。また、再就職支援や雇用保護のための施策を検討することも重要です。

3. 資産処分の方法の検討

企業が廃業する際には、所有する資産の処分方法が問題となります。特に、製造業などの場合は、機械設備や在庫品など大量の資産を所有していることがあるため、資産処分の方法を慎重に検討する必要があります。業務用の機械設備は、ストックヤードやオークション会場で処分することが一般的ですが、在庫品の場合は、リサイクル品として販売するなど、創意工夫が求められます。また、不動産の処分方法についても、売却や賃貸物件としての活用など検討する必要があります。

板ガラス加工業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 経営状況の確認
板ガラス加工業は、建築業界で利用されることが多く、景気の波に左右される傾向があります。そのため、経営状況をしっかりと確認することが重要です。社員数や売り上げ、利益、借入金の状態などを把握し、今後の見通しを立てる必要があります。もし赤字続きだったり、借入金が膨らんでいる場合は、会社を畳むことを視野に入れることも必要になるでしょう。

2. 残業代や退職金の支払い
会社を畳むという決断が出た場合は、社員の雇用条件の確認も必要です。特に、残業代や退職金などの支払いが問題になることがあります。従業員には、適切な処遇を施し、応じる責任があります。

3. 債権・債務の整理
会社を畳む場合、債権債務の整理が必要です。特に、借入金がある場合は、償還計画を策定し、取り立てに対するベストな策を考える必要があります。また、顧客や仕入先に対する債務の整理や契約解除などの手続きも必要です。全ての手続きにおいて、法令に則って行うことが重要です。

(参考)建研材料株式会社、日建リフォーム株式会社、YKK AP株式会社

板ガラス加工業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模の拡大と競争力強化
板ガラス加工業は、規模の拡大が必要な産業の1つであるため、M&Aを通じて、競合他社に対する競争力を強化することができます。加えて、製品の品質や効率性を向上させるための投資や開発が可能になります。

2. 技術・人材の獲得
M&Aを通じて、競合他社や業界外の企業から技術や人材を獲得することができます。特に、板ガラス加工業においては、素材の特性や加工法の改善など、技術的なノウハウが不可欠であり、M&Aによる技術の獲得は重要な意義を持ちます。

3. 事業の多角化
板ガラス加工業は、建築や自動車産業、家具産業などの幅広い分野で需要が存在するため、M&Aによって、多様な分野に進出することが可能です。このような事業の多角化により、新たな市場や顧客層を獲得することで、事業の安定性を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】洗濯・理容・美容・浴場業の企業が清算・廃業・…
  2. 【2024年最新版】北海道芽室町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】鋳鉄管製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】北海道滝上町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】中古品小売業(骨とう品を除く)の企業が清算・…
  6. 【2024年最新版】職業・教育支援施設の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】岐阜県岐阜市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】栃木県那珂川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP