【2024年最新版】東京都葛飾区の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

東京都葛飾区の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入り、新型コロナウイルスの影響により、東京都葛飾区にある多くの企業が経営に苦しむ中、倒産・廃業する企業も増加しています。

特に、小規模な中小企業においては、取引先の減少や営業活動の停滞により、業績不振に陥り、経営破綻するケースが目立ちます。また、飲食店や観光業など、対面サービス業の企業も販売量の減少や営業時間の短縮などで経営不振に陥るケースが多々見られました。

ただし、一方でオンラインショップや配達サービスを展開する企業や、テレワークが推奨されたことで需要が増加したIT関連企業など、新しい分野で発展を遂げる企業もあり、業績回復に向けた取り組みを展開しているところもあります。

東京都葛飾区の企業の今後の経営を展望する上で、環境変化に対応できる企業が求められる時代に入っていると言えるでしょう。

東京都葛飾区の企業が清算する際の注意点 3選

1. 清算の手続きを早期に開始すること
清算には手続きが多く、それぞれに時間がかかるため、早期に開始することが大切です。特に、葛飾区のような大都市であれば、行政手続きや許認可の取得に時間がかかることもあるため、早期に手続きを進めることによって、スムーズに清算を進めることができます。

2. 債権者に対して適切な説明を行うこと
清算に際しては、債権者に対して適切な説明を行い、円滑に手続きを進めることが大切です。債権者からの問い合わせには迅速かつ丁寧に対応し、債権者からの不満やクレームなどがあった場合には適切な対応を行うことが必要です。

3. 債務整理の手続きにも注意すること
清算を行う場合、債務整理の手続きも同時に行うことが多いです。しかし、債務整理の手続きには細かいルールや手続きが存在するため、手続きが不適切だった場合には、裁判所から却下されることもあるため、事前に専門家のアドバイスを仰ぐことが必要となります。

東京都葛飾区の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業前に債務整理を行うことが重要です。
東京都葛飾区の企業が廃業する際には、債務整理を行うことが非常に重要です。債務整理を行わないまま廃業をすると、取引先や債権者からの追及を受けることになる可能性があります。廃業前には、弁護士や会計士などの専門家に相談し、債務整理を早めに行うようにしましょう。

2. 社員や取引先への適切な対応が必要です。
廃業することになった際には、社員や取引先への適切な対応が必要です。社員には、退職手続きや保険等の処理などをきちんと行うようにしましょう。また、取引先へは、事前に廃業のお知らせを行い、できるだけ円満な形で解決することが望ましいです。

3. 確定申告や納税の手続きに注意しましょう。
廃業する企業は、会社の清算を行う必要があります。清算には、確定申告や納税の手続きが含まれます。清算のタイミングや方法によっては、税務署から追加納税を請求される恐れがあります。廃業前には、税理士などの専門家に相談し、確定申告や納税手続きを適切に行うようにしましょう。

東京都葛飾区の企業が会社を畳む際の注意点 3選

東京都葛飾区に本社を構える企業が、会社を畳む際には以下の3点に注意が必要です。

1. 法令遵守

会社を畳む際には、労働法や税法などの法令にまず目を通し、遵守することが必要です。特に、従業員の処遇については、法律で定められた手続きを踏まなければなりません。退職金や解雇手当、雇用調整助成金の受給など、様々な手続きを行い、従業員の権利を確保することが重要です。

2. コミュニケーション

会社を畳む際には、従業員や取引先などに何が起こっているのかを正確に伝えることが重要です。長年働いてきた従業員に対しては、畳む決定の経緯や今後の方針、退職金や解雇手当などについて丁寧に説明することが必要です。また、取引先との契約解除や支払いの滞りについても、事前にコミュニケーションをとり、問題を解決することが大切です。

3. ニュースリリース

会社を畳む際には、公式なニュースリリースを発表することが必要です。社員や取引先、社会全体に対して、畳む決定の理由や今後の方針を明確に伝えることが求められます。その際には、どのようなマスコミに対してどのような内容を配信するかについても慎重に考える必要があります。

以上、東京都葛飾区に本社を構える企業が会社を畳む際には、法令遵守、コミュニケーション、ニュースリリースの3点に注意する必要があります。畳む決定に至るまでの経緯や、今後の方針を明確に伝え、関係者に不安や迷惑をかけないように努めることが大切です。

東京都葛飾区の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営不振の解消
M&Aは、経営が不振に陥っている企業にとって有効な手段です。特に、競合他社との市場競争に敗れている企業は、業務の再構築や財務状況の改善を図るためにM&Aを検討することがあります。M&Aを通じて、企業の強みや技術力、人材を引き継いでいただき、経営不振から脱却することができます。

2. 事業の多角化
M&Aは、事業の多角化を目的として実施されることがあります。例えば、同一業種に属する企業の買収によって、プロダクトラインを拡充したり、従来にない領域へと事業を拡大することができます。他業種への進出や新規事業の立ち上げなどを検討する場合にも、M&Aは有効な手段です。

3. グローバル展開の促進
M&Aは、グローバル展開を促進するための戦略の一つとしても活用されます。日本国内だけでなく、海外市場に参入するためには、現地企業の買収は不可欠です。海外企業の技術力や人材、蓄積されたノウハウを活用することで、グローバル市場に対応することができます。

以上のように、東京都葛飾区の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は、経営不振の解消、事業の多角化、グローバル展開の促進など様々な理由があります。ただし、M&Aには注意点もあり、合併による人員整理や、財務状況の悪化などのリスクも存在します。企業がM&Aを実施する場合には、よく検討し、マネジメントの方策を導入することが大切です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道大空町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】はん用内燃機関製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  3. 【2024年最新版】奈良県大和高田市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】石川県金沢市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】耐火物製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】山形県山辺町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】北海道紗那村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】埼玉県日高市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP