【2024年最新版】東京都町田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

東京都町田市の企業の倒産・廃業状況まとめ

町田市には多くの企業が存在しており、2020年には新型コロナウイルスの影響で多くの企業が経営状態に苦しさを強いられた。その結果、倒産や廃業する企業も存在している。

ただし、実在する企業名を出すことは避けることとする。代わりに、町田市内で倒産や廃業した業種や状況を紹介する。

まず、飲食業界では、外出自粛要請が出されたことや感染拡大の恐れから、多くの店舗が売り上げ低迷に陥り、経営不振に陥っている。また、観光やイベント関連の業種も大きな影響を受けている。これらの業種では、一時的な営業自粛や廃業の報告が相次いでいる。

一方、オンラインショップを展開している企業や、インターネットを通じた仕事を行っているフリーランスの方々は需要が高まっており、それに応じて事業を行う企業も増加している。

以上、町田市における一部の業種の例を紹介したが、今後も新型コロナウイルスの影響は続くとされており、企業経営にとって厳しい状況が続くことが予想される。

東京都町田市の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務の整理と優先順位の確認

清算に入る前には、会社の債務の整理が必要です。債務整理を行うことで、将来的な債務の追加請求を防止することができます。また、優先順位の確認も必要です。清算に際しては、従業員や税金などの支払いが優先されますので、必ず優先順位を確認しておくようにしましょう。

2. 銀行などの借金の解約

清算をする場合、銀行などからの借金も解約しなければなりません。銀行との折衝も必要なため、専門家の助けを借りることをおすすめします。銀行などからの借金が余程の額でない限り、借金を返してから清算することを推奨します。

3. 残された資産の処分

清算が完了したら、残された資産の処分を行います。株式や不動産などがある場合、これらを売却することで、残債の一部を返済することができます。ただし、資産の処分を行う際は、法的手続きが必要な場合がありますので、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

東京都町田市の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の処遇
廃業する企業は、従業員の処遇を最優先に考える必要があります。会社が終わってしまった後、従業員は失業する可能性が高いため、早急に処遇について考える必要があります。そのためには、労働契約書等に基づいて、適切な退職金や賃金の支払い、就職先の紹介等の手続きを行う必要があります。

2. 破産手続き
廃業する企業は、破産手続きを行わなければなりません。破産手続きを行うことで、借金や債務を整理し、従業員や取引先に対する債務も精算することができます。また、破産手続きを行うことで、将来的に負債や経営トラブルが生じることを防止することができます。

3. 機密情報の取り扱い
企業が廃業する際には、機密情報(顧客情報、企業秘密等)の取り扱いにも注意が必要です。廃業前に、顧客情報は返却または廃棄する必要があります。また、重要な文書や備品等も返却または廃棄する必要があります。これらの手続きを適切に行うことで、機密情報の漏洩やトラブルを防止することができます。

東京都町田市の企業が会社を畳む際の注意点 3選

東京都町田市に拠点を置く企業が会社を畳む際には、以下の3つの注意点に留意すべきです。

1. 法的手続きの完了を怠らないこと

会社を畳むにあたり、必要な法的手続きを完了させることが重要です。具体的には、法人税に関する手続きや社員の退職に関する手続き、また、社員への退職金の支払いなどがあります。手続きを怠ると、後々にトラブルを引き起こす可能性があるため、細部に至るまで確認しながら進めることが必要です。

2. 権利の移転に留意すること

会社を畳むにあたり、取引先や顧客からの支払いや、借金の返済など、権利の移転に関する問題が発生することがあります。会社の資産や権利を引き継ぐことができる他の企業との交渉を進める際には、具体的な話し合いが必要となるため、時間と労力をかけて進める必要があります。

3. 社員とのコミュニケーションを重視すること

会社を畳む際には、社員達が今後どのように進路を決めるのかが重要になります。そのためには、畳むことを決めるまでの過程において、社員に十分な説明やコミュニケーションを取ることが求められます。特に、畳むことによって、社員達の生活が一変することもあるため、十分な配慮を行いながら、移行期間中に問題がないように手続きを進める必要があります。

以上の注意点に留意しながら、東京都町田市の企業が会社を畳む際には、事前に計画を立て、細心の注意を払いながら進めることが重要です。

東京都町田市の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業績の低迷:経営陣や株主からの要請や、自己処理能力の限界から、M&Aによる業績回復や再建を目指す場合があります。
2. 持続的な成長を図るため:競争の激化や時代の変化に対応するため、新しい技術や市場、販路を得るためにM&Aを行うことがあります。
3. 人材や資産の有効活用:ビジネス経験やネットワーク、特許権や不動産など、他社から得られる人材や資産をうまく活用することで、企業価値を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】身の回り品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2023年最新版】オフセット印刷業(紙に対するもの)の企業が清…
  3. 【2023年最新版】旅行業者代理業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】新潟県湯沢町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】群馬県下仁田町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】集配利用運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】給排水・衛生設備工事業の企業が清算・廃業・倒…
  8. 【2023年最新版】サービス用・娯楽用機械器具製造業の企業が清算…
PAGE TOP