【2024年最新版】東京都品川区の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

東京都品川区の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年度において、東京都品川区内にあるいくつかの企業が倒産・廃業している。その中でも特に大規模なものとしては、建設業に関する企業が数社あげられる。

これらの企業は、主に国内外での土木工事や建築物の新築・改修工事を行っていたが、新型コロナウイルスの影響により建設需要が低迷し、それに伴い業績悪化に陥ったとされる。

また、東京都内に本社を構えるIT関連企業もいくつか倒産・廃業しており、これらの企業は主にWEB開発やシステム開発などを手がけていた。こちらも同様に、新型コロナウイルスの影響で受注が減少し、経営難に陥ったとされる。

一方で、2021年度においても新たな企業が品川区内に進出するなど、活発な経済活動が行われている。これらの企業は、主にサービス業や小売業が中心であり、地域の活性化に貢献している。

しかし、今後も新型コロナウイルスの影響や外部環境の変化などにより、企業の経営状況は不確定なものとなっている。企業は、リスクマネジメントの観点や事業継続計画などを策定することが求められている。

東京都品川区の企業が清算する際の注意点 3選

東京都品川区にあるある企業が清算する際には、以下の点に注意する必要があります。

1. 債務超過に陥らないようにする
清算時には、債権債務の精算が行われるため、会社には清算に必要な現金や資産があることが求められます。債務超過に陥ると、会社法に基づいて、役員が責任を負うことになります。清算前に、債務超過に陥らないように、資産を売却したり、債務を減らしたりするなど、適切な対策を取る必要があります。

2. 法律の手続きを遵守する
会社の清算には、会社法に基づく手続きがあります。例えば、清算決議の議事録を作成すること、清算人を任命すること、正確な債権債務の精算を行うことなどが挙げられます。また、税法や労働法の規定にも、注意が必要です。清算に関する手続きは、適切な専門家のアドバイスを得ることが望ましいです。

3. 業績改善を考える
企業が清算する理由には、経営状況の悪化や競争力の低下などが挙げられます。しかし、清算を前提にするのではなく、業績改善の取り組みを行うことも有効です。例えば、新しい商品やサービスの開発、コスト削減など、経営改善に取り組むことで、清算を回避することができます。

以上のように、企業が清算する際には、債務超過に陥らないようにする、法律の手続きを遵守する、業績改善を考えるということが重要です。清算を行う場合は、適切な専門家のアドバイスを得て、正確かつ速やかに手続きを進めることが求められます。

東京都品川区の企業が廃業する際の注意点 3選

東京都品川区に本社を構える企業が廃業する際には、以下の注意点があります。

1. 法的手続きを確実に行うことが必要です。廃業する場合には、民事再生や破産手続きを行う必要があります。破産手続きを行うには、破産申し立てを行い、裁判所による手続きが必要です。民事再生を行う場合には、再生計画案をまとめ、債権者の承認を得る必要があります。いずれの手続きでも、専門家のサポートを得ることが重要です。

2. 廃業に関する情報を正確に伝えることが大切です。従業員や取引先に対しても、正確な情報を提供する必要があります。従業員には、退職手続きの説明や、失業給付の申請方法などを説明する必要があります。取引先には、納品や請求などの手続きに関する情報を伝える必要があります。

3. 資産や債務の整理を行うことが必要です。廃業に伴い、企業の資産や債務の整理が必要です。債務整理には、債権者との交渉や債務の整理方法の決定などが含まれます。また、資産処分には、社員や債権者に十分な説明が必要です。

以上のように、東京都品川区に本社を構える企業が廃業する際には、法的手続きの確実な遂行、正確な情報の提供、資産や債務の整理などが必要です。しかし、廃業を回避するためには、早期に問題を察知し、適切な対策を講じることが重要です。企業管理者は、常に経営状況を把握し、適切な対応を行うことが求められます。

東京都品川区の企業が会社を畳む際の注意点 3選

東京都品川区の企業が会社を畳む際には、以下の3つの注意点が重要です。

1. 従業員への対応
会社の解散に伴い、従業員の雇用契約が打ち切られることになります。そのため、従業員に対する適切な対応が必要です。従業員の雇用契約を解除する際には、労働法に基づいた手続きを行い、適切な退職金や失業保険などを支払う必要があります。

2. 借入金・債務の整理
会社畳の際には、借入金や債務の整理も必要です。まずは、借入金を返済するための資金調達を検討し、債務整理の手続きを進める必要があります。また、不動産や機械などの資産を売却して債務整理に充てることも必要です。

3. 法的手続きの遵守
会社解散には、法的手続きが必要です。まずは、株式会社として、役員会や社員総会の決議を通過させ、解散の申請を行います。その後、税務署への申告や、法律上必要な書類の整備などの手続きを遵守する必要があります。

以上の点を十分に考慮し、適切な手続きを踏んだ上で会社を畳むことが重要です。実在する社名については、プライバシー保護のため明記は避けます。

東京都品川区の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1) 取り巻く環境の変化に対応するため

時代の変化や市場の競争が激化する中、企業経営においても新たな戦略の構築が求められます。M&Aは、他社との事業統合や業種の多角化など、さまざまな形で企業の戦略を成功に導くことができる手段のひとつです。特に、事業拡大や新規参入を目的としたM&Aは、既存事業の売却という形で実現することがあります。

2) 資本効率の向上・経営リスクの低減

経営資源を有効活用することで、企業の資本効率の向上が期待されます。M&Aにより新たな事業領域に進出することで、収益の拡大や事業リスクの分散化なども可能となります。また、売却によって手堅く事業を続けることができるように資金を調達することができるため、経営リスクの低減にも貢献します。

3) 所有する資産を評価する機会に

M&Aによる企業売却は、評価の機会を与えられることでもあります。企業の評価には、社会的なバリューの面だけでなく、様々な資産評価が伴います。このような評価を行うことで、自社の資産価値を見直すことができ、今後の企業戦略の方向性を明確にすることができます。また、企業メンバーもM&Aのプロセスを通じて、業界やビジネスに関する多様な知識やスキルを習得することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大阪府河南町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】長野県野沢温泉村の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】北海道厚真町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】山形県山辺町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】競馬競技団の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】福島県広野町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】岐阜県七宗町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】高知県仁淀川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP