【2023年最新版】木製建具工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

木製建具工事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、木製建具工事業界では、厳しい経営環境の中、倒産・廃業が相次いでいる。主な要因として、原材料費の高騰や人手不足、建築業界全体の景況悪化などが挙げられる。

また、近年は海外からの安価な建材やDIY市場の拡大など、競合環境の変化もあり、業界全体の利益率が低下しているとも言われている。

このような背景の中、木製建具工事業界でも多くの企業が倒産・廃業を迎えている。具体的には、東京都や大阪府を中心に、中小企業を中心に約20社以上の倒産が報告されている。

また、企業の規模に関わらず倒産・廃業が相次いでおり、中には有名企業も含まれている。本業に加え、自社開発の木材加工機械を販売する企業も、木製建具工事業から撤退すると発表した。

一方で、国内の住宅着工件数は増加傾向にあり、木造住宅のシェアも拡大している。この背景から、生産性向上や技術革新を通じて、業界の再生が期待されている。

木製建具工事業の企業が清算する際の注意点 3選

木製建具工事業として長年活躍してきた企業が、時には清算することがあります。この際には、注意点を把握しておかなければなりません。以下に、木製建具工事業の企業が清算する際の注意点を3つ紹介します。

1. 債権者との交渉
清算は、債権者との交渉を伴うことが多くあります。木製建具工事業の企業が清算する場合、重要なのは債権者がどこにいるかを確認することです。また、債権者に対して、開き直って対応することは避けるべきです。債権者との話し合いを丁寧に行い、折り合いをつけるよう努めることが大切です。

2. 資産の処分
清算に伴って、企業が保有する資産を処分することにもなるでしょう。木製建具工事業の企業が保有する資産としては、機械・器具類や木材、既製品などが挙げられます。これらの資産をどう処分するかは、清算時に大きな問題となることが予想されます。適切な処分方法を検討し、余分な費用をかけずに速やかに資産を処分するようにすると良いでしょう。

3. 社員への対応
企業が清算する場合、社員への対応も重要なポイントとなります。木製建具工事業の場合、職人として高度な技術を持っている社員が多いうえ、長年勤めている社員もいる可能性があります。社員には、清算の早い段階で対応策を示し、納得のいく形で退職金などの支払いを行うようにすることが望ましいです。

以上、木製建具工事業の企業が清算する際の注意点を3つ紹介しました。清算については、社員、債権者、資産の処分など、多くの課題があるため、対応には時間と労力が必要となります。ですが、正しい手続きを踏み、良心的な対応をすることで、問題を最小限に抑えることができます。

木製建具工事業の企業が廃業する際の注意点 3選

木製建具工事業の企業が廃業する際には、以下の3点に注意する必要がある。

1. 受注中の工事の処理
木製建具工事業では、受注から製作、取付、引き渡しまでの工程が複雑なため、廃業する際の最も重要な点は、受注中の工事処理である。顧客からの要望や契約内容に基づいて、工事を進めている場合には、必ず契約書に基づいて、適切な対応を行う必要がある。

2. 社員や協力会社の処遇
廃業する際には、社員や協力会社にも適切に処遇を行う必要がある。社員には、退職金や雇用保険の手続きを行い、十分なアドバイスやサポートを提供することが重要である。また、協力会社との契約についても、確認し、適切な解決策を検討することが必要である。

3. 機械・設備の処分
木製建具工事業では、作業に使用した機械や設備を所有している場合がある。廃業する際には、これらの機械や設備の処分について考慮する必要がある。不用品となった機械や設備の適切な処分方法を検討し、環境に配慮した方法で処分することが大切である。

以上のように、木製建具工事業の企業が廃業する際には、受注中の工事の処理、社員や協力会社の処遇、機械・設備の処分について、適切に考慮した上で行う必要がある。そのためには、しっかりと計画を立て、周到な準備を行うことが大切である。

木製建具工事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇について
木製建具工事業の企業が会社を畳む際には、従業員の処遇について十分に考慮する必要があります。従業員には、正当な理由がない限り、突然の解雇はできません。解雇に際しては、労働法に基づいた適切な手続きを踏むことが必要となります。また、従業員には十分な理由とともに、最低限の予告期間を与えることが望ましいです。

2. 債権の処理について
会社の倒産や解散によって、未払いの債権が残る場合があります。このような場合には、債務者が財産を持っている場合には、債権者は裁判所を通じて債権を回収することができる場合があります。ただし、会社が破産状態にある場合には、大多数の債権者がトータルで収集できないリスクがありますので、債権者にとって不利な判断を下すことが必要となります。

3. 建具の取り外しと処分について
木製建具工事業の企業が会社を畳む前に、建具の取り外しと処分について考慮する必要があります。建具の取り外しには専門的な技術が必要となりますし、廃棄物の処分には関連する法律基準を遵守する必要があります。また、建具が貴重なものである場合には、救うことができる部分があるかも知れませんので、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

木製建具工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

木製建具工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由はいくつかありますが、以下に3つの理由を挙げてみます。

1. 業界競争激化のため
木製建具工事業は、近年、大手建築会社や大手ハウスメーカーが自社内で木製建具の製造・施工を行うようになり、競争が激化しています。そのため、中小企業の木製建具工事業は生き残りをかけて戦わなければなりません。M&Aによって、他社との統合による生産効率化や組織の強化などを行い、業界競争に対応することができるでしょう。

2. 新たな市場進出のため
木製建具工事業がM&Aによって他の企業と統合することで、それまで手を出せなかった地域や市場に進出することができます。例えば、海外に進出する際に、M&Aによって現地の企業との合併や買収を行い、現地に根付いたビジネス展開が可能となります。これによって、新しい市場での競争力を高め、事業拡大を実現することができるでしょう。

3. リスク分散のため
木製建具工事業は、天候の影響を受けやすく、生産コストも高くなりがちです。また、建築業界の景気動向にも左右されるため、経営に不安定要素がつきまといます。M&Aによって、他の業界と事業を統合することで、リスク分散ができます。例えば、木材加工業や木材流通業など、木材産業の他の分野と統合することで、リスク分散ができます。

以上のような理由から、木製建具工事業はM&Aによる会社売却を検討することが有効であると言えます。ただし、その際には、M&Aに精通したアドバイザーの支援を受けることが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】群馬県みどり市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】空気圧縮機・ガス圧縮機・送風機製造業の企業が…
  3. 【2024年最新版】奈良県川西町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】高知県大月町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】岡山県里庄町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】スポーツ施設提供業(別掲を除く)の企業が清算…
  7. 【2024年最新版】大分県日出町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】金属彫刻業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP