【2023年最新版】木材・竹材卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

木材・竹材卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、木材・竹材卸売業の業界では、厳しい競争環境や原材料の高騰などの影響で、いくつかの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。特に、地方においては、需要の低迷や人口減少などが重なり、多くの企業が経営難に直面しているようです。ただし、業界全体としては、需要の回復により一定の回復傾向が見られるなど、望ましい動きも出てきているようです。

木材・竹材卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の精査
清算に際しては、まず企業が抱える負債を精査する必要があります。これは、清算手続きが進むにつれて未払いの債務が発覚することを防ぐために不可欠な作業です。

2. 協議の進行
清算に際しては、債権者・債務者の協議が進められます。この際、債務者が有利な条件で債権者に返済を求めることができることがありますが、逆に債権者に不利な条件で協議を進めてしまうと、追加の負債が生じる可能性があります。

3. 法律上の手続き
清算には、法律上の手続きが伴います。例えば、債権者に対する告知手続きや、一定期間が経過した後の財産分配手続きなどが必要です。こうした手続きに不備があると、不当な負担や不利益が発生する恐れがあります。

木材・竹材卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 業務の整理整頓を行うこと
廃業する前に、在庫管理や債権債務の整理を行うことが重要です。また、取引先や顧客に対して丁寧な対応を心がけ、契約書や請求書などの書類を整理しておくことが望ましいです。

2. 税務に関する手続きを忘れないこと
廃業する場合は、一部法人税や消費税が免除される場合がありますが、手続きを忘れると不必要な支払いが発生する場合があります。申告や繰越控除など、税務に関する手続きは正確に行い、納税期限を超えないように注意しましょう。

3. 従業員の処遇について考慮すること
従業員に対して、解雇予告や退職金、失業保険受給申請などの手続きが必要になります。従業員に対しては、しっかりと説明し、その人生設計にも配慮するようにして、円満に解決するように心がけましょう。

木材・竹材卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

木材・竹材卸売業は、建築業や造船業、家具製作業者などからの需要が多いため、需要が一定しています。しかし、景気変動によって利益が変動し、会社を畳むことを余儀なくされる場合もあります。今回は、木材・竹材卸売業の企業が会社を畳む際の注意点3選を紹介します。

1.社員との円満な解決

企業が畳む場合、社員たちは無職になることになります。社員たちは様々な思いを抱え、会社の畳む理由を知りたがるものです。企業側は、社員たちの思いに対して正面から向き合い、できるだけ解決策を示すことが大切です。また、退職金や給与、さらに失業手当などについても、事前に明確に伝え、円満な解決を図るべきです。

2.債務整理の実施

企業が畳む際、未払いの債務が残っている場合があります。このような場合、裁判所に債務整理を依頼することで、債務を整理することができます。債務整理は、正式な手続きを経て行う必要がありますが、個人破産や会社清算など、企業にあった手続きがあります。債務整理を実施することで、社員や取引先、金融機関などの損失を抑え、できるだけ円満な解決を図ることができます。

3.財務状況の正確な把握

企業が畳む際には、財務状況を正確に把握することが重要です。特に、未払いの債務がある場合には、正確な財務情報は欠かせません。財務情報を正確に把握することで、債務整理や社員への支払い、資産の処分などが適切に行われ、円滑な会社の畳み方ができます。

以上が、木材・竹材卸売業の企業が会社を畳む際の注意点3選です。企業が畳む際には、社員や取引先、金融機関との関係や財務状況などを正確に把握し、円滑な解決を図る必要があります。

木材・竹材卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界全体のマーケット縮小による競争激化
木材・竹材卸売業は、建築や製材など様々な用途に使用される一方、代替材料や輸入品の増加、環境問題などにより需要が減少傾向にあると言われています。そのため、競合他社間で顧客獲得や価格競争が激化し、売上が減少してしまう可能性が高くなっています。このような状況下では、M&Aによって規模拡大や業界再編を行うことで、競合優位性を確保し、経営基盤を強化するメリットがあります。

2. 事業継承によるリスク軽減
木材・竹材卸売業には、家族経営や創業者自身が経営に関わっている場合が多く、経営者の高齢化や後継者不在による事業継承の課題があります。このような状況下では、M&Aによって業績の良い企業に事業を引き継ぐことで、事業継承に伴うリスクを軽減できるメリットがあります。

3. 技術・人材などの獲得による経営強化
木材・竹材卸売業は、木材の品質管理や在庫管理、物流など多岐にわたる業務が必要であり、それらを正確かつ迅速に行うためには高度な技術やノウハウが必要です。また、販売スタッフや技術者などの人材が不足している場合もあります。M&Aによって、技術力や人材の獲得によって、業務の効率化や品質管理向上、新商品の開発などが実現し、経営強化につながるメリットがあります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】再生ゴム製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】愛知県豊田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】北海道釧路町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】かじ業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  5. 【2024年最新版】熊本県芦北町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】熊本県津奈木町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】一般病院の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  8. 【2024年最新版】育林サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP