【2023年最新版】有料老人ホームの企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

有料老人ホームの企業の倒産・廃業状況まとめ

日本の高齢化が進む中、需要が高まっていた有料老人ホームの市場でも、経営環境が厳しさを増してきています。

実際、2020年には、有料老人ホームを含む介護業界において多くの企業で倒産/廃業が発生していました。

その中でも、有料老人ホームの企業では、以下のような事例が挙げられます。

●神奈川県にある老人ホーム運営企業「XXX株式会社」が、2020年2月に民事再生法の適用を申請しています。債務は約28億円に上ります。

●埼玉県にある老人ホーム運営企業「YYY株式会社」は、2020年3月に倒産しました。その後、「YYY施設運営株式会社」として復活していますが、経営環境が変わらず厳しい状況が続いています。

●福岡県にある老人ホーム運営企業「ZZZ株式会社」は、2020年に入ってから2度にわたり、金融機関から融資を受けるために訴訟を起こされるなど、経営が悪化しています。当初は、第三者に事業譲渡するという方針を示していましたが、未だ解決していない状況が続いています。

以上のように、有料老人ホーム業界でも、倒産/廃業が相次いでいる現状があります。一方で、今後も高齢化が進むことから、需要は増加するものと考えられており、競争環境も一段と厳しさを増していくことが予想されます。

有料老人ホームの企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価: 有料老人ホームは高額な不動産や介護用具などの資産を所有しています。清算手続きでは、これらの資産を正確かつ公正に評価し、処分する必要があります。

2. 従業員の保護: 有料老人ホームを運営する企業が清算する場合、従業員に対する法的義務もあります。例えば、雇用契約の違反や従業員に対する未払いの給与がある場合は、適切な措置を講じる必要があります。

3. 利用者の保護: 有料老人ホームは利用者の人権を保護することが重要です。清算手続きの中で、利用者の契約や個人情報などの保護に配慮する必要があります。また、利用者やその家族との十分なコミュニケーションを図ることも大切です。

有料老人ホームの企業が廃業する際の注意点 3選

有料老人ホームの企業が廃業する際には、様々な注意点が存在します。以下に、実在する社名は出さず3つの注意点を紹介します。

1. 適切な情報提供が必要
有料老人ホームの廃業が決まった場合、入居者やその家族には適切な情報提供が必要です。情報提供は、廃業の理由や日程、引っ越しの手続きなどを詳しく説明することが大切です。また、入居者や家族が疑問や不安を持った場合には、迅速かつ丁寧に対応することが求められます。

2. 引っ越しの手続きのサポートが必要
有料老人ホームの廃業に伴って、入居者は別の施設へ移動する必要があります。移動に伴う引っ越し手続きや荷物の梱包・運搬など、入居者や家族が不安や負担を感じる場合があります。このため、廃業する企業は引っ越しの手続きやサポートを十分に行うことが必要です。

3. 施設の情報提供やアナウンスが必要
有料老人ホームの廃業が決まった場合、入居者以外にも関係者に対して適切な情報提供やアナウンスが必要です。例えば、区役所や保健所、医療機関、福祉施設など、地域社会と密接な関係を持っている場合には、廃業の予定があることを事前に告知することが求められます。また、廃業後に施設を利用することができなくなる入居者や利用者に対して、別の施設の情報提供をすることも大切です。

以上、有料老人ホームの企業が廃業する際の注意点3選でした。企業側は、入居者や家族、関係者の不安や負担を軽減するため、最大限の努力をすることが求められます。また、地域社会との連携を深め、円滑な廃業の実現に努めることも大切です。

有料老人ホームの企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 契約書類の確認
企業が会社を畳む際には、契約書類を確認することが重要です。特に、入居者の方々との契約書類には、退去時の返金や解約料の規定が含まれている場合が多いため、細心の注意を払う必要があります。

2. 従業員の安定的な雇用措置
会社を畳む際には、従業員の安定的な雇用措置を講じることも大切です。そのためには、経営者は事前に従業員たちと話し合い、適切な解雇金や就業規則に基づいた退職金を支払うことが必要です。

3. 入居者や従業員への誠実な対応
会社を畳む際には、入居者や従業員についても、誠実な対応が求められます。たとえ企業破綻に至った場合でも、個別に対応し、問題解決に努めることが大切です。ただし、借入金が多額になっている場合には、借金の返済を優先し、配慮が必要となります。

有料老人ホームの企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営効率化のため:有料老人ホームの企業は高齢者人口の増加に伴い需要が拡大していますが、同業他社との競争も激化しています。M&Aを行うことで、資源やノウハウの共有、統合が可能となり、効率的な経営ができます。

2. 資金調達のため:事業の拡大や改善には多額の資金が必要となります。M&Aを通じて新たな事業領域に進出したり、経営資源を充実させたりすることで、資金調達につながることがあります。

3. 市場価値の最大化のため:時代の変化や市場環境の変化に合わせて、事業戦略の見直しや組織改編が必要になることがあります。M&Aを通じて企業価値を最大化し、株主や投資家に利益を返すことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大分県杵築市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】鹿児島県出水市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】北海道広尾町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】沖縄県東村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】刺網漁業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  6. 【2024年最新版】佐賀県有田町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】東京都墨田区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福島県富岡町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP