【2024年最新版】普通洗濯業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

普通洗濯業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、環境意識の高まりや、洗濯機や衣類の素材などの進歩により、洗濯の方法や需要が大きく変化してきています。そのため、従来の洗濯業界も大きな変革を迫られています。

中でも、普通洗濯業の企業では、価格競争や新型コロナウイルスの影響などにより、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。ただし、実名を出すことはできませんが、以下は一例です。

まず、首都圏を中心に、創業から続いていた大手企業が倒産しました。その後、合併や買収によって生き残った企業もありますが、それでも業界全体で規模が縮小している状況にあります。

また、地方においても、数十年以上にわたって営業を続けていた企業が、新規参入やECサイトの普及などによる業績低迷のために廃業するケースもあります。

さらに、近年は外注やアウトソーシングが盛んになり、自社工場を持たない企業も多くなってきています。その中でも、品質の低下や納期遅れなどで問題が起き、クレームが発生し、取引が打ち切られた企業もあります。

今後も、洗濯業界は進化し続け、付加価値の高いサービスが求められる時代になっていくでしょう。それに対応できない企業は、ますます厳しい状況に追い込まれることが予想されます。

普通洗濯業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産処分に注意する。不要な洗濯機や設備、在庫品などを売却する場合、正しい市場価値を把握して、不当に安く売却しないように注意が必要です。
2. 債権債務の解決に時間をかける。企業清算に際しては、債権債務の整理が不可欠です。ただし、すべてを一度に解決しようとせず、時間をかけて個別に解決することが重要です。
3. 法律遵守を忘れない。企業清算には、多くの法的手続きが伴います。資産の処分や債権債務の解決において、法律に違反しないよう十分に注意しましょう。

普通洗濯業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 精算処理に関する手続きを完了させることが必要です。これには、従業員の給与やサプライヤーへの支払いなど、全ての財務的義務を履行することが含まれます。

2. 従業員と取引先、サプライヤーなどすべての関係者に、業務停止や閉鎖の日程を事前に通知することが重要です。このような状況では、透明性と正直さが不可欠です。

3. 機器や設備、資産など、会社が所有するすべての物品について、処分することが必要です。また、度重なる安全確認を行って、法的要件に従って廃棄する必要があります。

普通洗濯業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する対応に気を配ること
洗濯業の企業が会社を畳む際、一番気を配らなければならないのが、従業員に対する対応だと言えます。社員にはできるだけ早い段階で話を伝えるようにし、可能であれば別の就業先を探す支援などを提供することが大切です。ただし、業績不振が理由となる場合でも、公正かつ誠実な態度で従業員に対応することが重要であり、環境整備や処遇改善などに取り組むことで再開を目指す姿勢を示すことが大切です。

2. 顧客に対する適切な対応を行うこと
畳む影響で消費者に影響を与えないように注意することが重要です。顧客に対しては、できるだけ早い段階で決断を発表するよう努めることが必要です。その場合、既に受けた注文や依頼については、正確かつ迅速に対応することが求められます。また、返金に関する手続きなども丁寧に対応することが大切です。

3. 法的な手続きに注意すること
会社が畳む場合、法的な手続きも非常に大切です。特に、借金や賃貸契約などに関する問題がある場合には、専門家に相談しながら適切に対処することが重要です。また、税金や社員の処遇に関する問題についても、法的な手続きを適切に行うことが求められます。

普通洗濯業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 収益の増加や業績の改善が見込める

洗濯業界は競争が激しいため、市場で勝ち残るためには資金力や技術力、営業力の強化が必要となります。そのため、洗濯業の企業がM&Aにより、他社の技術や営業組織を取り込むことで、収益の増加や業績の改善が見込まれます。また、販売チャネルやブランド力、マーケティング戦略などを強化することで市場での競争力が高まり、より多くの顧客を獲得することができます。

2. 部門のリストラや再構築が必要な場合

洗濯業界は時代の変化や需要の変化に影響を受けやすいため、業界全体のトレンドに合わせて部門のリストラや再構築が必要になる場合があります。このような場合、M&Aにより優れた企業が買い手になり、洗濯業の企業の業績改善に貢献することができます。買い手になる企業が、部門ごとに適切な方針を打ち出すことで効率的な再構築が可能となり、経営効率が向上することが期待できます。

3. 自社資産の有効活用が可能となる

洗濯業界で、特に店舗や設備などの資産を有している企業は、この資産を有効活用することで企業価値を高めることができます。しかし、単独で企業価値の向上を図ることは容易ではありません。そのため、M&Aによって自社資産の有効活用を円滑に進めることができます。例えば、知名度の高い大手企業との合併・買収を行うことで、自社資産を有効利用しつつブランド価値を高めることができます。

以上のように、洗濯業の企業がM&Aで会社を売却することには、収益の増加や業績の改善、部門のリストラや再構築、自社資産の有効活用など、様々なメリットがあります。M&Aによる業界全体の競争力の向上や企業の経営効率の向上など、業界全体の発展にも貢献することが期待できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】翻訳業(著述家業を除く)の企業が清算・廃業・…
  2. 【2024年最新版】大分県津久見市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】一般乗合旅客自動車運送業の企業が清算・廃業・…
  4. 【2024年最新版】千葉県南房総市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】秋田県能代市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】熊本県和水町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】岡山県笠岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】岩手県九戸村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP