【2024年最新版】日用紙製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

日用紙製品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

日用紙製品製造業は、トイレットペーパーやティッシュペーパーなど、私たちの日常生活に欠かせない製品を生産する産業です。しかし、この産業においても企業の倒産や廃業が相次いでいます。

原因の一つとして、需要の減少が挙げられます。多くの人がコロナ禍により在宅勤務や外出自粛を余儀なくされ、外出回数が減っているため、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの需要も減少しています。

さらに、紙価格の高騰も影響しています。原料となるパルプの価格が高騰し、それに伴い製品の価格も上がっているため、需要が減少しているという側面もあります。

このような状況下で、日用紙製品製造業の企業の倒産や廃業が相次いでいます。特に、中小企業が影響を受けやすく、経営の厳しい企業が倒産する傾向が見られます。

しかし、一方で需要の変革により新たなビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。例えば、環境に配慮したリサイクル素材を使った製品の需要が増加している状況であり、新しい製品開発や販路の拡大など、柔軟な対応が求められています。

今後も需要の変化に合わせた経営戦略の見直しが必要であり、中小企業など経営が厳しい企業は、支援制度の活用や業界の情報共有など、積極的な取り組みが求められていると言えます。

日用紙製品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理に関する情報の確認が必要です。清算後に残る債務の整理には、銀行や税務署、取引先などとの調整が必要です。清算前にそれらの情報を確認し、適切な措置を取っておくことが求められます。

2. 資産の評価については、専門家の意見を仰ぐべきです。清算後に残る資産の評価は、正確で公正なものである必要があります。そのため、専門家の意見を仰ぐことで、納税義務や貸借関係の整理に適切に対応することができます。

3. 法的問題についてのリスクを理解しておく必要があります。清算後に残る契約や法的手続きなどは、企業によって異なることがあります。また、清算前にどのような手続きを行うことが必要かも異なります。そのため、法律や税務の専門家の助言を受けることで、法的問題に対するリスクを避けることができます。

日用紙製品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制の遵守: 日用紙製品は、環境に与える影響が大きいため、製造業者は、廃棄物処理や排出物の制御などの環境法規制を遵守する必要がある。したがって、廃業する際には、環境規制の遵守を徹底して、環境保護に配慮した処分方法を選ぶ必要がある。

2. 従業員の雇用の確保: 廃業する際に、従業員の雇用を守ることが重要である。そのため、解雇や希望退職などの方法を最小限に抑え、社員の就職先の紹介や教育支援などの手配をすることが望ましい。

3. 債権の整理: 廃業する際には、債権の整理が必要である。債権者との交渉や、債権を優先する費用の償還計画の策定などを考えることが必要である。また、自社資産の処分についても、負債を優先することが重要である。

日用紙製品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の就業規則や契約に従うこと:企業が閉鎖する場合、従業員には最低限の注意が必要です。企業は、契約に従って従業員に通知するか、就業規則に従って従業員に連絡をする必要があります。

2. 法令の遵守:日用紙製造業は、厳格な法令や規制が存在しています。企業は、地元の条例や州、連邦、国際レベルの規制を遵守する必要があります。製造業者は、この遵守を考慮しながら、業界規則や許可、免許を取得する必要があります。

3. 資産の処分:企業が閉鎖する場合、資産を処分する必要があります。資産は、販売、システムのクリーンアップ、正式に廃棄することによって処分されます。企業は、適切に資産を処分するために、法的コンサルタントのアドバイスを得る必要があります。

日用紙製品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 受け入れられない環境変化に対応するため
日用紙製品製造業は、競争が激化し、原材料価格の上昇、生産効率の低下など、様々な課題に直面しています。M&Aによって強力なパートナーを獲得したり、自社の事業体を再構築することによって、これらの課題に対応することができます。

2. 収益性向上のため
日用紙製品製造業は、需要が安定しており、市場が拡大傾向である一方で、価格競争が激化しており、収益性の低下に直面しています。M&Aによって、市場シェアを獲得したり、生産効率を向上させたりすることで、収益を向上させることができます。

3. 事業の多角化やグローバル化のため
日用紙製品製造業は、単一分野に特化している場合が多いため、新たな事業展開をするためには、M&Aが必要となることがあります。また、グローバル市場での競争力を高めるために、海外企業とのM&Aも有効な手段の一つです。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】神奈川県湯河原町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】機械工具製造業(粉末や金業を除く)の企業が清…
  3. 【2023年最新版】翻訳業(著述家業を除く)の企業が清算・廃業・…
  4. 【2023年最新版】野菜作・果樹作サービス業の企業が清算・廃業・…
  5. 【2024年最新版】岩手県野田村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】岡山県勝央町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】栃木県壬生町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】ピストンリング製造業の企業が清算・廃業・倒産…
PAGE TOP