【2024年最新版】日本料理店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

日本料理店の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年、日本全国で新型コロナウイルスの感染拡大により多くの企業が厳しい経営環境にさらされました。その中でも、飲食業界は特に影響を受け、多くの店舗が廃業や倒産に追い込まれました。

特に、日本料理店の中にも多くの企業が経営難に直面しています。中には、老舗企業であるにも関わらず、閉店や廃業を余儀なくされた企業もあります。

例えば、東京都内にあるあるきん鮨本店は、1926年に創業した老舗の回転寿司チェーンであり、数多くの支店を展開していました。しかし、2021年5月には、長年の経営不振により全店舗を閉店しました。

また、京都にある老舗の日本料理店、鶴屋吉信も、2021年6月に倒産しました。同社は、創業から300年以上の歴史を持つ企業であり、日本文化の一角を担う存在でしたが、新型コロナウイルスの影響により経営状況が悪化したとされています。

その他にも、日本料理店の中でも、特に独立系の小規模店舗は、規模の小ささ故に経営難に陥るケースが多かったようです。多くの顧客に愛されていた企業が廃業する姿は、多くの人々に衝撃を与えました。

今後も、新型コロナウイルスの影響により、日本料理店の廃業や倒産のニュースが相次ぐことが予想されます。企業は、自己破産や民事再生により再生を図る一方、顧客は、地元の小規模店舗やコミュニティを支援するなど、支援することが重要です。

日本料理店の企業が清算する際の注意点 3選

1. 借金の整理
清算を進める上で最初に行うべきは、店舗の借金の整理である。日本料理店がこれほど借金を抱えることはめずらしくないため、きちんと借金を整理しておかないと、清算手続きが進まなくなってしまう可能性がある。具体的には、借金の残高を確認し、返済計画を立てて債権者と交渉することが必要である。

2. 資産の売却
清算する材料店舗の資産を売却して債権者に返済することが、清算手続きの中核となる。資産といっても、店舗の物件や内装、機器類、食材など幅広い。清算時には、これら全ての資産を売却した金額を債権者に提供しなければならないため、価格決定には細心の注意が必要である。一方で、売却に関しては多くのプロセスを経るため、事前に時間と手間を惜しまずに準備を整えることも求められる。

3. 法的手続きの適切な対応
清算は、法的手続きによって進められるため、しっかりと手順を把握して適切に対応する必要がある。例えば、株式会社の場合には、清算を行うためには株主総会で清算決議を行う必要がある。また、弁護士や税理士にアドバイスを仰ぐことで、手続きの適切性や顧客の権利などについて詳しく知ることができる。信頼できる専門家とのつながりを作り、前もってコンサルティングを受けることが大切である。

日本料理店の企業が廃業する際の注意点 3選

日本料理店の企業が廃業する際には、以下の3つの注意点が重要です。

1. スタッフとのコミュニケーションの確保

スタッフは、企業の廃業により失業することになるため、事前に情報を知らせることが重要です。また、廃業に伴い必要な手続きや処理なども、スタッフと共同で進めることが必要です。スムーズな就職活動に向けて、スタッフの希望や能力に合わせた企業への紹介なども行うことができます。

2. 顧客との対応

顧客は、料理やサービスに満足している場合には、新たな店舗を探すこともできます。しかし、顧客が居心地の良い店舗に出会えない場合には、競合他社に流出する可能性もあります。廃業の告知は、顧客に対してもできれば一年以上は前もって告知することが望ましいです。また、顧客に対しては、新たな飲食店の情報提供などを行うことで、顧客が別のお店に行くことができるようにサポートすることが必要となります。

3. 法律手続きの確認

日本料理店が廃業する場合には、法律手続きの確認が必要です。例えば、従業員に対しての労働契約の解除や、税金関係の処理、社会保険や労働保険の支払いなど様々な手続きが必要となります。こうした手続きを忘れると、後にトラブルが生じる可能性があります。そこで、専門家のアドバイスを受けながら、手続きを完了させることをおすすめします。

以上、日本料理店の企業が廃業する際には、スタッフや顧客とのコミュニケーションの確保や法的手続きの確認が必要です。廃業に関する一連の手続きを適切に実施し、積極的に取り組んでいくことで、無事廃業を終えることができます。

日本料理店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

日本料理店の企業が会社を畳む際には、慎重に計画を立てる必要があります。以下に、注意点3つを紹介します。

1. 従業員への対応
会社の閉鎖により、従業員には失業や転職のリスクが伴います。会社が畳む前に、従業員に対して十分な説明をすることが必要です。また、リストラなどに伴い解雇する場合には、法的な手続きを適切に行う必要があります。

2. 借金の整理
多額の借金を抱えている場合、会社の閉鎖により借金が返済できなくなる恐れがあります。このため、借金の整理を行うことが必要です。借金整理は、弁護士や司法書士の力を借りることが望ましいでしょう。

3. 残った在庫の処分
畳む前に、在庫の処分を考慮しておく必要があります。食材の場合には、廃棄処分になってしまうため、業者に引き取ってもらうなど別の方法を検討することが必要です。また、調理器具や備品などの場合、オークションサイトやリサイクルショップなどで販売することができます。

以上、畳む際の注意点を紹介しました。日本料理店の企業が会社を畳む場合には、従業員や借金、在庫など様々な問題が発生するため、慎重に計画を立て、的確な対応を行うことが重要です。

日本料理店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営効率化のため:経営者の疲弊や経営不振など、経営に関わる様々な問題がある場合、他社との合併や買収を検討することで、経営資源の最適化を図り、業績改善につなげることができます。

2. 新規事業・市場進出のため:M&Aにより、新たな事業領域や市場に進出することができます。特に海外進出においては、現地企業を買収することで、市場の特性や文化に精通した人材やノウハウを獲得し、スムーズな進出を可能にすることができます。

3. 規模拡大のため:市場競争が激化するなか、業界内での規模拡大が不可欠となります。M&Aにより、業界トップクラスの企業となることで、ブランド力やネットワークを強化することができます。また、スケールメリットにより、コスト削減やシステム投資などによる生産性向上が期待されるため、業績向上にもつながります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】島根県邑南町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】茨城県桜川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】愛媛県鬼北町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】愛知県尾張旭市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】金融商品取引業(投資助言・代理・運用業,補助…
  6. 【2024年最新版】熊本県玉名市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】下水道管路施設維持管理業の企業が清算・廃業・…
  8. 【2024年最新版】千葉県匝瑳市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP