【2024年最新版】損害査定業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

損害査定業の企業の倒産・廃業状況まとめ

ここ数年、損害査定業の競争が激化し、市場が飽和状態になっているため、一部の企業が倒産・廃業しています。

特に、中小企業については、業界トップクラスの大手企業に対抗することが困難であり、厳しい経営状況に陥っているケースが多いようです。

このような状況で、倒産・廃業した企業には以下のような理由が考えられます。

・収益が減少し、現金不足に陥ったため。

・競合他社との価格競争に負けたため。

・法律・規制の改正に対応できず、業務の継続が困難になったため。

・経営者が病気や急な事故により、経営を継続できなくなったため。

しかし、一方で業界全体としては、被保険者の数が増加しており、需要が拡大している状況です。そのため、生き残った企業はより高品質のサービスを提供するなど、競争力を維持することが必要になってきています。

今後も損害査定業界は変化し続けることが予想され、経営者や従業員が自己研鑽を怠らず、業界トップクラスに挑戦する姿勢が求められるでしょう。

損害査定業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 保険金の返還に関する手続きを先に行うこと
清算に際して、保険金の返還に関する手続きを先に行うことが重要です。 保険金が返還されない場合、株主に配当をすることができないため、清算は進まなくなってしまいます。

2. 債権者との交渉を十分に行うこと
清算に伴い、債権者への支払いが必要になる場合があります。その際は、債権者との交渉を十分に行い、遅延損害金の有無や支払い方法等を明確にすることが重要です。また、債権者の承諾が必要になる場合もあるため、十分な配慮が必要です。

3. 法的手続きを正確に行うこと
清算には、法的手続きが必要になることがあります。例えば、株主総会の承認や、税務署への申請等が必要な場合があります。これらの手続きを正確に行うことにより、スムーズに清算手続きを進めることができます。

損害査定業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 業務移管や顧客情報の扱いに注意する
損害査定業では、顧客情報や事故現場の写真などの情報が重要なビジネス資産となっています。企業が廃業する際には、同業他社への業務移管や顧客情報の扱いに注意が必要です。顧客情報が第三者に漏れた場合、個人情報保護法違反などの問題が生じる恐れがあります。

2. 廃業時の清算手続きを適切に行う
企業が廃業する際には、清算手続きを適切に行うことが大切です。未払いの請求があった場合、社員の賃金未払いなどが残されていると、後のトラブルにつながることがあります。また、税金の申告漏れなども適切にチェックしておくことが重要です。

3. 廃業時の社員対応に留意する
企業が廃業する際には、社員対応にも留意する必要があります。解雇や退職勧奨の方法、退職金などの処理方法などは、法律に基づいた適切な手続きを取る必要があります。また、社員の再就職先の支援なども行うことで、社員の不安を軽減し、トラブルを未然に防ぐことができます。

損害査定業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 嘘や不正による査定は避ける
 損害査定業者は、正確な査定結果を提供することが求められます。企業が不正や嘘を繰り返し行っているような場合は、顧客の信頼を失い、最悪の場合は法的な問題を引き起こすことがあります。

2. スムーズな手続きのための準備を整える
 企業が畳む際は、従業員の雇用問題や契約解除など、様々な問題が発生する可能性があります。しかし、当然ながら査定業務にも手が止まることは許されません。企業は事前に手続きを整え、スムーズな査定業務の継続性を確保することが必要です。

3. 顧客への対応は慎重に行う
 企業を畳むことは大きな決断ですが、それ以上に注意が必要なのは顧客とのコミュニケーションです。対応が不十分であった場合、今後のビジネスに大きく影響することもあります。企業は顧客との希望をよく聞き、適切な対応をすることが重要です。

損害査定業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

損害査定業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は、以下の3つです。

1. 業界の競争が激化している

損害査定業界は、徐々に競争が激化しています。競合他社が差別化するため、新たなサービスを提供し、顧客を獲得するために、損害査定業の企業は差別化が必要です。しかし、差別化には非常に高いコストがかかるため、負担が大きくなっています。M&Aにより、経費を共有し、経営効率を高めることができます。

2. 顧客層の変化

顧客のプロファイルは変化しています。以前は、主に高齢者が損害査定を必要としていましたが、最近では若い人たちが自動車や不動産を購入するようになり、彼らもこのサービスを必要としています。このような変化に迅速に対応するためには、他の企業との提携や買収が必要です。

3. スケールメリットの追求

市場占有率を拡大することは、スケールメリットを得る上で非常に重要な要素です。市場占有率を拡大するには、新規顧客の開拓が必要ですが、会社の規模が小さい場合、これは非常に大きな課題となります。そのため、M&Aにより、既存顧客と共に新規顧客も取り込み、市場占有率を拡大することが不可欠です。

以上の理由から、損害査定業の企業がM&Aで会社を売却することは、市場占有率を拡大し、スケールメリットを追求するためには必須条件と言えます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大分県国東市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】北海道えりも町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】婦人服小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】熊本県湯前町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】長野県中野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】無店舗小売業(飲食料品小売)の企業が清算・廃…
  7. 【2024年最新版】広島県大崎上島町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】建物サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP