【2024年最新版】投資運用業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

投資運用業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、投資運用業界でも倒産・廃業が相次いでいる。これは、投資信託や株式、FXなどの運用商品が一部の業者に集中していることに起因しているとされている。

過去数年間に倒産・廃業した企業には、投資顧問会社やFX業者が多い。その中でも大手企業であるA社は、顧客からの出金要求に応じ切れずに倒産したとされている。また、B社は株式運用に失敗し、業績が急落したことが原因であるとされている。

一方で、一部の企業は新しい運用商品の開発に成功し、業績を拡大している。C社は仮想通貨の運用商品を開発し、顧客からの支持を受けている。D社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資に力を入れ、社会的な責任を果たすことで、投資家からの信頼を得ている。

今後、投資運用業界は、商品開発やリスク管理の強化、顧客満足度の向上など、多くの課題に直面していくことが予想される。業界を牽引する企業は、これらの課題に対応しつつ、堅実な経営を続けることが求められる。

投資運用業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産処分についての注意
投資運用業にとって、保有する投資商品の有価証券や預金などの資産処分が必要になる場合があります。しかし、その際には適切なルールに従った処分が必要であり、市場価値よりも過剰に引き下げたりといった不適切な価格設定をしてしまうと、積極的な株主からのクレームを引き起こすことがあります。

2. 不渡りリスクに対する対策
投資運用業では、いくつかの投資商品や証券を組み合わせた商品を発行することがあります。その際には、単一の資産だけでなく、マーケット全体の動向にも注意し、システム的なリスクに対応できるように十分なリスク対策が必要です。

3. 証券化商品の問題点に対する注意
特定の投資商品や証券を組み合わせて作られた証券化商品には、クレジット・リスクや不渡りリスクがあることがあります。また、その商品市場においては、適切な価格が付けられていない場合があり、安易に投資することは避けるべきです。したがって、投資運用業者は、証券化商品についての注意深い分析やリスク管理策をしっかりと策定しておく必要があります。

投資運用業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 投資家や顧客の情報保護を考慮する
廃業する際には、投資家や顧客の情報保護を確保することが重要です。既存顧客に対しては、提携先企業などの紹介を行うことが、信頼関係の回復につながる場合があります。

2. 事業の債務整理について考慮する
廃業に伴い、事業の債務整理が必要となる場合があります。債務整理は、債権者との交渉や財務状況の分析など、高度なスキルが必要となるため、経験豊富な弁護士やファイナンシャルアドバイザーの支援を受けることが望ましいです。

3. 法的手続きに注意する
廃業にあたっては、法的手続きが必要となることがあります。例えば、株主総会の開催や税務申告などが挙げられます。法的手続きは煩雑であり、ミスを犯すと重大な事態を招くため、経験豊富な法律専門家の協力を得ることが望ましいです。

投資運用業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への配慮
投資運用業で成功し、多くの従業員を抱える企業が会社を畳む場合、従業員を失業させることになります。従業員として働いてきた人たちには、生活がかかっています。畳む前には、事前に従業員たちへの配慮をしっかりと行う必要があります。具体的には、失業手当の支給や、新しい職場への紹介など、従業員の生活を考慮した対応を行うようにしましょう。

2. 債権・債務の整理
投資運用業は、多くの場合、多額の資金を運用しているため、多額の債務を抱えていることがあります。会社を畳む前には、債務の整理をしっかりと行う必要があります。また、個人投資家や顧客からの未払いの債権も整理する必要があります。債権債務を整理することで、問題を未然に防ぎ、被害を最小限に抑えることができます。

3. 法的手続きの確認
会社を畳む際には、多くの法的手続きが必要になります。たとえば、解散届の提出、税務署への届け出、社員・業者への連絡、未払いの税金・社会保険料の支払いなどが必要です。会社を畳む際には、これらの法的手続きがしっかりと行われるよう、弁護士や税理士などの専門家と相談することが大切です。

投資運用業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 収益性の向上
投資運用業は競争が激しく、市場環境が不安定であるため、企業が継続的な成長を追求するためには、M&Aを通じて収益性を向上させることが必要となる。M&Aによって他社の事業や技術を取得し、効率性の向上や新規マーケットへの進出などによって収益を拡大することができる。

2. 技術・人材・顧客拡大
M&Aを通じて他社の技術や人材、顧客を取得することで、市場シェアを拡大し、強力な競争力を獲得することができる。特に、人材の取得は企業価値を高める上で非常に重要であり、他社の人材を獲得することで業務効率の向上や新たなビジネスモデルの開発などにつなげることができる。

3. 社内の課題解決
企業が成長する過程で、社内には様々な課題が生じることがある。これらの課題を解決するには、外部からのアプローチが必要であり、M&Aを通じて他社の技術や人材、ビジネスノウハウを取得することで、課題解決につなげることができる。また、M&Aによって企業間のシナジー効果を生み出すことで、課題解決に取り組む姿勢が高まることもある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】岩手県二戸市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】船体ブロック製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  3. 【2024年最新版】電子応用装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2024年最新版】京都府伊根町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】真珠養殖業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】冠婚葬祭互助会の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】宮崎県延岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】高等学校の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
PAGE TOP