【2024年最新版】徳島県海陽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

徳島県海陽町の企業の倒産・廃業状況まとめ

徳島県海陽町において、近年は企業の倒産・廃業が減少傾向にあると言える。しかし、その中でも不景気の影響などで、数社が倒産や廃業を余儀なくされた。

一方で、新たな企業進出や地元企業の業績回復もあり、町の経済活性化に向けた動きが見られる。

具体的には、農業・水産業においては、地場産品のPRや高付加価値商品の開発・販売などに注力し、生産者と消費者を結ぶネットワークづくりが進んでいる。

また、産業廃棄物の処理サービスを提供する企業が進出し、地元産業の環境問題を解決する一方で、雇用創出にも貢献している。

ただ、海陽町における企業活動は、地域全体の人口減少や高齢化もあり、引き締めが必要であると言える。今後は、企業のさらなる誘致や地元中小企業の支援など、総合的な取り組みが求められる。

徳島県海陽町の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きを適切に行うことが重要です。清算手続きは厳密な法的手続きが必要であり、手続きを怠ると過料や制裁金が課せられる可能性があります。また、清算手続きには一定期間が必要なため、事前に計画を立てる必要があります。

2. 債権者との調整が重要です。清算手続きでは、会社が保有している資産を債権者に分配する必要があります。そのため、債権者との調整を適切に行い、公平な分配を行うことが重要です。

3. 監査や税務処理にも十分に注意が必要です。清算手続きには、監査や税務処理などの重要な手続きが含まれます。これらの手続きに対して適切な対応を行うことで、不正やトラブルのリスクを回避することができます。

徳島県海陽町の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きを正確に行うこと
廃業前には、法的手続きを正確に行うことが重要です。これには、税金の支払い、賃金の支払い、従業員の解雇、許認可書の返却などが含まれます。正確に守らなければ、企業側だけでなく、個人の資産まで巻き込まれる可能性があります。

2. 社員との円滑な解決策を見つけること
従業員との解雇については、心理的な衝撃や生計の不安を引き起こすことがあります。このため、企業としては、社員との円滑な解決策を見つけることが必要です。例えば、転職支援、退職金の支払い、スキルアップ支援、再就職の情報提供などがあります。

3. 廃業による影響を想定してプランを立てること
廃業による影響は、地域社会、サプライヤー、顧客などに及ぶ場合があります。したがって、企業は廃業による影響を想定してプランを立てることが必要です。例えば、地域社会への貢献活動、サプライヤーへの適切な対応、顧客に対するお詫びや提供する情報の適切な伝達などがあります。

徳島県海陽町の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 労働法令の遵守を徹底すること
徳島県海陽町の企業が会社を畳む際には、労働法令に基づいた手続きを遵守することが重要です。例えば、解雇の際には、労働契約法に定められた手続きを守り、適切な手当を支払うようにしましょう。

2. 借入金の清算を行うこと
徳島県海陽町の企業が会社を畳む際には、借入金の清算を行うことも重要です。借入金が残っている場合には、手続きを間違えると、法的なトラブルになる可能性があります。借入金を清算するためには、整理回収機構(SRC)に相談するなど、専門の機関に助けを求めることも必要です。

3. 従業員への配慮を怠らないこと
徳島県海陽町の企業が会社を畳む際には、従業員への配慮を怠らないことも大切です。具体的には、解雇に伴う失業保険の手続きを手厚く行ったり、新たな就職先への斡旋を行うなど、積極的な対応をすることが求められます。また、情報の適切な伝達や、心理的なサポートなども大切な配慮です。

徳島県海陽町の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界動向による競争力低下
同じ業界内において、他社が新しい技術や手法を導入したり、価格競争力を高めたりすることがあるため、企業は一歩も二歩も先に進まなければなりません。もしそのような動向に対する対応が遅れたままだった場合、自社の競争力が低下してしまう可能性があります。そのため、M&Aを通じて他社と競争力を高めるための技術や価格等のリソースを取り込んだ方が良い場合もあります。

2. 経営環境の悪化
経済不況や産業界の激競争化、法制度の変更、社会情勢の変化、自然災害などさまざまな要因によって、企業が経営に困難をきたすこともあります。そうした場合には、M&Aを通じて他社と合併したり事業の売却などをすることで経営状態を改善することができます。

3. 資本の有効活用
企業が資本を有効活用できるか否かは、大きな課題の一つです。新規事業に投資するのか、M&Aに投資するのか、配当に回すのか、株主還元に回すのか。これらの選択次第で企業が売上や利益を増やすことができてくるため、M&Aは有益な手段とされています。特に企業が新しい市場に進出するための資本や技術、人材が不足している場合、M&Aを通じてそのリソースを獲得することで、より効率的に成長を遂げることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】栃木県上三川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】千葉県富津市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】富山県富山市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】計量証明業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】佐賀県吉野ヶ里町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  6. 【2023年最新版】理化学用・工業用陶磁器製造業の企業が清算・廃…
  7. 【2024年最新版】広島県尾道市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】毛筆・絵画用品製造業(鉛筆を除く)の企業が清…
PAGE TOP