【2024年最新版】建築金物工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

建築金物工事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、建築金物工事業界でも倒産や廃業が相次いでいる。原因は、需要減少や競争激化による収益性の低下、さらには資金調達や労働力確保などの課題もあり、多くの企業が苦境に陥っている。

例えば、完成現場の施工が途中で中断されたり、資金不足による発注者への惨めな対応が明かされた企業もある。また、品質や配送などの問題が原因でクレームがつくことも多く、信頼を失うことで経営に悪影響を与える場合もある。

しかし、一方で厳格な品質管理や改善活動を行う企業は、自分たちのブランド価値を高め、安定した受注につながることもある。特に、熟練工の継承など、長期的な視野で企業を運営していないと成長は望めないと考えられる。

建築金物工事業界は今後も厳しい競争が続くことが予想される。業者側は、需要動向を的確に予測し、経営資源を集中することが求められる。また、労働力不足に対応するため、人材育成や工程改善、自動化などの労働生産性改善も必要不可欠だ。 

倒産・廃業は、業界内での信頼を損ない、在庫や資産が処分されることで影響が及ぶ。そのため、建築金物工事業界は、消費者や発注者の信頼を背負う重要な役割を担っており、現在進行中の業界の構造改革によって、より一層高品質な製品・サービスの提供が期待される。

建築金物工事業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 税務の確認
建築金物工事業の企業が清算する際には、まず税務の確認が欠かせません。具体的には、法人税、消費税、源泉徴収税など、清算に関する税金が全て支払われているかどうかを確認する必要があります。また、税務署との連絡や申告書の提出、決算書の提出なども必要になるため、十分な時間を確保して準備を進める必要があります。

2. 債権の整理
清算においては、債権の整理も欠かせません。債権者との交渉や債務の整理、債権者の承諾などが必要になるため、清算手続きを円滑に進めるためにも、早い段階で債権整理を進めることが重要です。

3. 資産の処分
清算においては、企業の資産の処分も必要になります。資産の種類に応じて処分方法も異なりますが、現金や預金、債権などは売却することで現金化することができます。一方、建物や機械類などの不動産は専門の業者に任せるなどして、効率的かつ適切な方法で処分する必要があります。また、処分後に発生する費用なども考慮し、精密な計画と判断が求められます。

建築金物工事業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員の雇用問題に対応する
建築金物工事業の企業が廃業する際には、社員の雇用問題に対応することが重要です。社員の方々には、できるだけ早く退職金や失業手当の支給の準備を整えることが求められます。

2. 売却や譲渡先の選定に注意する
廃業する企業の資産や権利を適切な方法で処分することが必要です。特に、建築金物工事業では設備や機械、工具などが多数ありますので、これらを効率的に処分することが必要です。

3. 納期に関する問題に対処する
建築金物工事業では、現場の工事に関わる納品や施工期間などが非常に重要です。廃業する企業が現在施工中の工事がある場合は、納期に関する問題にも対処する必要があります。

建築金物工事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

建築金物工事業の企業が会社を畳む際には、いくつかの注意点が必要です。以下に3つの注意点を紹介します。

1. 法的手続きを正確に行うこと
建築金物工事業の企業が会社を畳む場合、法的手続きを正確に行うことが重要です。法定の手続きを怠ると、事業を継続する場合に問題が生じる可能性があります。例えば、債権者からの追及を受けたり、過去の債務の支払いを求められたりすることがあります。

2. 建築金物工事業の専門家に相談すること
会社を畳む際には、建築金物工事業の専門家に相談することが望ましいです。建築金物工事業における特殊な法的手続きや、関連する税金についての知識が必要な場合があります。専門家に相談することで、スムーズに事業を終了することができます。

3. スムーズな人的資源管理を行うこと
会社を畳む際には、従業員の人的資源管理も重要です。従業員に対して、畳む計画を早めに伝えることで、ストレスを減らすことができます。さらに、従業員の資格や技術を活かして、他の企業への就職支援を行うことも考えられます。スムーズな人的資源管理を行うことで、従業員の信頼を得て、今後のビジネスにおいても有利になります。

以上が、建築金物工事業の企業が会社を畳む際に注意すべき3つのポイントです。これらのポイントを守り、スムーズに事業を終了することが求められます。

建築金物工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競合激化による収益減少とリスク

建築金物工事業界は、近年ますます競争が激化しています。このような市況では、業界全体の収益性が低下しているため、会社が独自の収益源を確保することはますます困難になっています。また、経営者がリスクを取って業界全体を変革しようとすることが必要ですが、これは投資家にとって非常にリスキーなものです。したがって、会社が株式を売却し、より大きな企業に統合されることによって、将来の経営リスクを回避することができます。

2. 技術革新の需要増加に対応する必要性

建築金物工事業界は、いくつかの技術革新を経験しています。これらの変化に対応して、会社は新しいスキルや資本を中心とした強化が必要です。ただし、会社がこれらのスキルと資本を取得するための投資は、関係するリスクが非常に高いため、会社は株式を売却し、投資家によってバックアップされた大企業に統合されることで、このような投資リスクを軽減できます。

3. 活力ある組織の成長と安定性

会社が購入されて大企業に統合されることで、企業は、大企業の文化から収益化された社会的地位を持つことができます。また、企業が流動的であれば、新しい市場分野に参入できる可能性が高くなります。売却によって得たキャッシュやポジションを活かして、企業は将来にわたって活力ある組織を維持できます。したがって、M&Aによる売却は、成長と安定のチャンスを提供することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】畜産サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】福岡県水巻町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】丸編ニット生地製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  4. 【2024年最新版】米菓製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】岩手県花巻市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】山梨県道志村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】宮城県村田町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】北海道せたな町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP