【2024年最新版】廃棄物処理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

廃棄物処理業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、廃棄物処理業界においては、業界内の競争が激化する中で多数の企業が倒産・廃業する状況が発生しています。その背景には、産業構造の変化や法制度の改正、燃料高騰や人材不足など多様な要因が挙げられます。

具体的には、廃棄物処理業者として運営していた企業が経営破綻する例が多く見られます。その一例として、東京都に本社を置く廃棄物処理業者が、大型倒産を起こしています。同社は、約20年間にわたって東京都内で廃棄物処理・リサイクル事業を展開してきましたが、2019年に同社の経営状態が急速に悪化し、2020年には経営陣が責任を取り解散することになりました。

また、地方自治体が直接運営していた廃棄物処理業者も多数倒産・廃業しています。その理由としては、自治体の財政状況の悪化や、地方自治体改革の進展による行政サービスの見直しなどが挙げられます。例えば、北海道のある市では、市営業者として30年以上にわたって廃棄物処理業務を行っていたが、市長が「廃業する」と公表したことで、市民の注目を集めることとなりました。

さらに、最近ではサブコントラクター間の争いによって、大手企業自体が吸収合併するなど、業界内の再編成の動きが進んでいる状況もあります。しかし、業界全体の競争環境が厳しい中で、廃棄物処理業者の倒産・廃業が今後も発生する可能性が高いため、企業は業界の最新情報に常にアンテナを張り、適切な対策を講じることが求められます。

廃棄物処理業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 廃棄物処理業の企業が清算する際には、まず最初に法律に従って手順を踏むことが大切です。法律に従って手順を踏むことで、社員や顧客に対して不利益が生じずにスムーズに清算を進めることができます。

2. 廃棄物処理業の企業が清算する際には、事業売却や合併の選択肢も考えられます。これらの選択肢を検討しながら、最適な方法を選ぶことが大切です。

3. 廃棄物処理業の企業が清算する際には、現在の事業状態を正確に把握することが重要です。これには、法的・財務的・業務的な側面をすべて考慮する必要があります。これにより、清算後に問題が生じるリスクを最小限に抑えることができます。

廃棄物処理業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃棄物の処理責任を確認すること
廃業する企業は、廃棄物の処理責任を確認することが必要です。処理が完了していない廃棄物がある場合、法的な責任を問われる可能性があるため、十分な調査を行う必要があります。

2. 環境汚染のリスクを最小限に抑えること
廃業する企業は、環境汚染のリスクを最小限に抑えることが重要です。廃棄物の処理方法によっては、地下水や土壌への影響が懸念される場合があります。廃棄物の処理に必要な設備や技術が保有されているかを確認し、環境汚染を防止する対策を講じることが求められます。

3. 廃棄物の処分費用を把握すること
廃棄物の処分費用は、廃業する企業にとって大きな負担となる可能性があります。処分費用は、廃棄物の種類や量、処理方法によって異なるため、事前に把握することが必要です。処分費用を把握した上で、負担が軽減できる方法を模索することが重要です。

廃棄物処理業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1.法律に基づいた手続きを守る

廃棄物処理業は、法律や規制の厳しい業界であり、経営が悪化した場合には、法的手続きを遵守しなければならない。具体的には、社員に対する通知義務や顧客に対する連絡義務、廃棄物の保管や処分に対する義務などがある。これらの手続きを怠ると、廃棄物処理業としての信用を失い、今後の企業活動にも影響することがあるため、細心の注意を払うことが必要である。

2.従業員の福利厚生に配慮する

廃棄物処理業は、化学物質の扱いや環境汚染の問題があるため、労働災害や健康被害に対するリスクが高い。従って、経営不振により会社を畳む場合には、従業員の福利厚生に配慮することが大切である。具体的には、社員の引き継ぎや就業保険、健康保険の手続き、社員への情報提供などが必要である。

3.環境問題への配慮を怠らない

廃棄物処理業は環境問題に直接関係しているため、企業活動において環境に配慮することが求められている。このため、会社を畳む際には、適切な廃棄物処理を行い、環境汚染を防止するための手続きを遵守することが必要である。また、近隣住民への説明や謝罪、補償なども重要であり、事前に環境保護団体や自治体と話し合いを進めることが望ましい。

廃棄物処理業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争激化:廃棄物処理業は競争が激化しており、市場でのシェア獲得や新規顧客の開拓が難しくなっているため、M&Aで企業の統合を行うことで競争力を強化し、市場で生き残るために売却が必要になる場合がある。

2. 規制強化:廃棄物処理業は環境規制が厳しく、適切な処理が求められている。しかし、規制が強化されたことで、処理にかかるコストが高騰している。そのため、M&Aで経営効率化を図り、コスト削減を目的に会社を売却することがある。

3. 投資需要:廃棄物処理業は投資が必要な産業であり、新技術の導入や設備の更新が必要な場合がある。しかし、これらの投資には巨額の資金が必要であり、既存の企業体は資金調達に苦労することがある。そのため、M&Aによって投資資金を調達し、事業の拡大や技術力の向上を目的に売却することがある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】栃木県那珂川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】塗料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】鹿児島県喜界町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】織物・衣服・身の回り品小売業の企業が清算・廃…
  5. 【2024年最新版】素材生産サービス業の企業が清算・廃業・倒産、…
  6. 【2024年最新版】長野県大桑村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】北海道利尻町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】埼玉県川島町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP