【2024年最新版】居住支援事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

居住支援事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年には、多くの居住支援事業企業が倒産、廃業しています。特に、新型コロナウイルスの影響による経営的な困難が原因で倒産する企業が増加しました。その中には、施設運営会社や介護サービス企業など、多岐にわたる業種の企業が含まれています。また、政府からの支援策や助成金にもかかわらず倒産に至った企業もあります。ただし、具体的な企業名については記載を控えさせていただきます。

居住支援事業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 適切な手順に沿って清算を行う
居住支援事業を行っていた企業が清算する際には、会計帳簿や契約書などの書類を適切に整理し、税務署などの関係機関への申告手続きを正確に行うことが必要です。

2. 債権者の権利を尊重する
企業が清算する際には、債権者の権利を尊重し、債権者に対して必要な情報や連絡を適切に行うことが求められます。また、債権者との交渉や和解なども検討する必要があります。

3. 社会的責任を果たす
居住支援事業を行っていた企業が清算する際には、社会的責任を果たすことも重要です。例えば、従業員や関係者に対して適切な報酬や補償を行うことや、社会的貢献活動の継続などが挙げられます。

居住支援事業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員・利用者への事前連絡
居住支援事業の企業が廃業する場合、まず重要なのは社員や利用者など関係者へのきちんとした事前連絡です。企業は、廃業の意向がある場合はなるべく早い段階で社員や利用者に告知することが望ましいとされています。告知の方法としては、面談や書面など様々な方法がありますが、どの方法を選んでも、明確に理由を説明し、関係者に不安を与えないように心がけることが大切です。

2. 手続きの適正化
企業が廃業するにあたり、税務や労務などの手続きを適切に行うことが必要です。例えば、税務署に届け出をすることで、廃業に伴う消費税の還付や、法定調書の提出などを行うことができます。また、退職手続きも適切に行わなければなりません。社員に対しては、退職届など必要な書類の提出を促し、退職手続きをスムーズに進めるようにしましょう。

3. 各種契約の解消
居住支援事業の企業が廃業する場合、契約を解消しなければならないケースが多々あります。例えば、施設の貸借契約や保険契約、リース契約などが挙げられます。これらの契約を解消する際には、契約書を確認し、違反しないように注意することが必要です。また、契約解消により発生する費用なども事前に認識し、適切に処理するようにしましょう。

以上のように、居住支援事業の企業が廃業する場合には、関係者への事前連絡や手続きの適正化、各種契約の解消など、様々な注意点があります。企業は、これらの注意点を踏まえ、スムーズな廃業を進めるために、しっかりとした準備をすることが大切です。

居住支援事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 居住支援事業に従事する企業が会社を畳む際には、関係者に対してきちんと説明を行うことが大切です。特に、顧客やスタッフ、関連企業などへの事前の連絡が必要です。

2. 居住支援事業は、その性質上、社会的責任が大きい業種です。そのため、畳む際には、特に顧客の安全や利益の確保に努めることが必要です。

3. 畳む際には、法律や契約などの責任をきちんと果たすことが大切です。特に、退職金や賃金の未払い、契約の違反などを防止するために、法律事務所などの専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

居住支援事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

居住支援事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は以下の通りです。

1. 規模拡大や事業拡大の必要性

居住支援事業は、高齢者や障がい者、子供たちなど、あらゆる年齢層や人種の人々が利用するサービスです。そのため、需要は多岐にわたり、安定的に成長しているものの、一方で、競合他社の存在もあります。そこで、市場規模やネットワークの拡大を進めるため、M&Aによる企業買収は有効な手段と言えます。

2. 新たな事業分野への展開

居住支援事業は、介護サービスや住宅支援など、関連する分野が多数存在しています。M&Aによって、これらの分野に進出したり、技術的な良き点を取り入れたりすることで、事業領域の広がりが期待できます。また、新たな顧客層を開拓することもできるので、業績の向上が見込まれます。

3. 事業規模の大幅拡大

M&Aによって、同業他社や異業種企業との統合を実現することで、企業規模の大幅拡大が目指せます。これによって、ブランド力の向上や認知度のアップなど、多岐にわたるメリットを得ることができます。また、合併・買収によって誕生する新たな企業グループのシナジー効果を狙い、事業展開の幅を広げることもできます。

以上のように、居住支援事業の企業がM&Aで会社を売却する際には、規模拡大や事業拡大、新たな事業分野への展開、事業規模の大幅拡大など、様々な理由が存在することが分かります。ただし、M&Aには事前に慎重な検討と最適な戦略が必要となります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】人工骨材製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】東京都八丈町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】東京都あきる野市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2023年最新版】ガラス繊維・同製品製造業の企業が清算・廃業・…
  5. 【2024年最新版】埼玉県三芳町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】三重県木曽岬町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】福島県浪江町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】北海道古平町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP