【2024年最新版】専門料理店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

専門料理店の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が閉店や廃業を余儀なくされています。その中でも、専門料理店においても倒産や廃業が相次いでいます。

一つは、日本全国に展開するすき家の親会社であるゼンショーホールディングス。同社は、2020年12月期の決算で、洋食や中華料理などを提供するレストラン事業部門において、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大幅に減少。その影響で、2021年1月には大幅な赤字決算が発表されました。その後も、同社はレストラン事業部門の再構築を進めています。

また、大手和食チェーンのある居酒屋チェーンも、同様の状況にあるようです。2020年中には、倒産したある居酒屋チェーンがありました。

その一方で、新しいビジネスモデルの導入や、オンラインでのオーダーサービスの拡大など、新しい取り組みを行い、いくつかの専門料理店は生き残りを見せています。例えば、太宰府天満宮前にある高級和菓子店は、2020年12月に新しい取り組みとして、インターネットでの販売をスタート。その結果、新型コロナウイルスの影響を受けながらも、売り上げを伸ばしています。

緊急事態宣言の解除やワクチン接種の進展に伴い、飲食業界には新しい兆しが見えてきています。ただし、専門料理店など高級レストランは、依然として厳しい状況が続いています。今後も、そのような状況下でどのような取り組みを行い、生き残ることができるのかに注目が集まっています。

専門料理店の企業が清算する際の注意点 3選

専門料理店の企業が清算する際には、いくつかの注意点があります。以下に、その中でも特に重要な3つを紹介します。

1. 借入金や債務の整理を事前に行っておく必要がある:清算する企業が借入金や債務を抱えている場合、清算前に整理を行う必要があります。整理しないまま清算を行うと、債権者による追及を受けるリスクがあるため、早めの対応が必要です。

2. 資産の評価を正確に行うことが重要:清算する企業が所有している資産の評価を正確に行うことが大切です。特に、不動産や高額な機器などは評価額が大きく、評価の誤差が生じると清算額が大きく変動する可能性があります。評価額を正確に算出するためには、専門家による査定を依頼することが望ましいです。

3. 法令に基づく手続きを厳守することが必要:清算は、民事再生法や会社法などの法令に基づいて行われる手続きです。そのため、清算手続きを行う際には、法律に基づいて正確かつ厳密に手続きを行うことが必要です。また、手続きの期限や手順などについても注意が必要です。

以上、専門料理店の企業が清算する際に重要な3つの注意点を紹介しました。清算においては、債権者や従業員、取引先などに十分な注意を払いつつ、正確で迅速な手続きを行うことが重要です。

専門料理店の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に注意する:廃業する場合、従業員の雇用問題が発生する可能性があります。このような場合、従業員に対して正当な賃金・退職金を支払ったり、再就職支援を提供するなど、適切な処遇を検討する必要があります。

2. 顧客やサプライヤーへの報告:廃業をする企業は、顧客やサプライヤーに対しても適切な報告を行う必要があります。特に、事前に支払われた料金や商品などについては、適切な返金や補償を行うことが必要です。

3. 法的責任の検討:廃業企業は、法的責任についても適切に検討する必要があります。特に、未払いの税金や債務などがある場合には、適切な処理を行うことが必要です。また、環境汚染などに関する法的責任についても検討する必要があります。

専門料理店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

専門料理店を営む企業が会社を畳む場合、慎重にプランを立てる必要があります。以下に、注意点3選を紹介します。

1. 従業員の処遇について
会社を畳む際、最も重要なのは従業員の処遇です。従業員には、最低限の通知期間や解雇手当、失業保険の手続きなど、様々な処理が必要になります。従業員を看過して会社を畳むことは、社会的に非常にマイナスのイメージを与え、他の事業展開に影響が出ることもあります。この点は、有名なフレンチレストランが、数人のシェフを失業させた問題を教訓にして、真剣に考慮することが必要です。

2. 残された固定資産の処分方法
多くの専門料理店は、設備や調理器具、備品などの固定資産を多数所有しています。会社を畳む前に、これらの資産を売却するか、他の会社へ譲渡するなど、適切な処分方法を検討する必要があります。ただし、これらの固定資産が高価なものであれば、売却先を探すのに時間がかかることがあります。この場合は、長期的なプランを考慮することが必要です。

3. 法的手続きの遵守
会社を畳む場合には、さまざまな法的手続きに従う必要があります。例えば、税金の申告や報告、請負業者や供給業者、金融機関などに対して、債務の解消や支払いの確認を行う必要があります。また、消費者に対する責任もあるため、店舗やエントランスに表示や告知を行う必要があります。これらすべての法的手続きが完了しない限り、会社を畳むことはできません。

以上が、専門料理店の企業が会社を畳む際の注意点3選です。企業が長期的に発展するためには、倒産回避策の立案や危機管理策の検討なども必要であり、これらの対策が統合された総合的なプランニングが重要となります。

専門料理店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営資源の最適化
専門料理店は、その名の通り特定の分野に特化したサービスを提供していますが、経営資源に限りがあります。一方、M&Aによって企業間で資源を共有することで、より効率的なビジネス運営が可能になる場合があります。例えば、互いに不足しがちな資源を補完することで、コストを削減することができます。

2. 新規市場への進出
専門料理店は、独自の味わいや技術を持つことが多く、特定の地域においては強い地位を築いています。しかし、同じ分野に進出する競合企業が出現することで、市場占有率が低下する場合があります。一方、M&Aによって他業種の企業と手を組むことで、新しい市場に進出することができます。例えば、外食産業などとの提携によって、より幅広い客層に向けたサービスを提供することができます。

3. 事業拡大の促進
専門料理店は、高品質なサービスを提供することが求められる分野であるため、事業拡大には多大な投資が必要です。しかし、自社だけでそれを行うには限界があります。M&Aによって他社との共通点や相乗効果を生み出すことで、事業拡大を促進することができます。例えば、製造業と提携することで、自社ブランド商品の開発や販売を行うことができます。

以上のように、専門料理店の企業がM&Aで会社を売却することで、経営資源の最適化や新規市場への進出、事業拡大の促進などの多くのメリットが生まれることがあります。しかし、売却先の企業選びや条件交渉には細心の注意が必要です。良好なパートナーシップを築き、企業価値を最大限いかすためには、専門的な知識や経験が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】宮崎県木城町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】光ディスク・磁気ディスク・磁気テープ製造業の…
  3. 【2024年最新版】宮崎県高千穂町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】茨城県石岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】化学製品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】新潟県長岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】長崎県佐々町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】熊本県熊本市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP