【2024年最新版】定置網漁業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

定置網漁業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入ってから、定置網漁業の企業での倒産・廃業が相次いでいます。主な要因としては、新型コロナウイルスの影響による需要減少やマグロの漁獲制限の強化などが挙げられます。しかし、社名の公表は避けます。

また、海洋環境保全の観点から、定置網漁業の廃業や規制強化が進められることが予想されます。

定置網漁業の企業が清算する際の注意点 3選

定置網漁業の企業が清算する際には、以下の注意点に留意する必要があります。

1. 債務整理の実施
定置網漁業の企業が清算する場合、債務整理の実施が必要になることがあります。これは、清算手続きによって企業の財産が分配される前に、債権者に対する債務の整理をすることです。債務整理を実施するためには、弁護士や税理士の支援を受けることが望ましいです。

2. 税務処理の実施
企業が解散した場合、税務処理を正確に行うことが求められます。特に、法令に基づく申告や納税については、綿密な評価が必要です。また、企業が保有する資産の処理などにおいて、税務上の配慮が必要になることもあります。この際には、税理士等の専門家のサポートを受けることが望ましいです。

3. 労働関係の処理
企業の清算により、社員やパート・アルバイトスタッフなどの労働者との雇用契約が解消される場合があります。この際には、雇用契約解除通知書の発送や退職手続きといった、労働関係に関わる手続きが必要になります。また、従業員に対して、残業代や特別な手当の支払いがある場合には、適切な処理を行うことが必要です。企業が従業員に与えた影響を最小限に抑えるためにも、適切な対応が求められます。

以上のように、定置網漁業の企業が清算する際には、債務整理、税務処理、労働関係の処理などに留意する必要があります。これらの手続きにおいて、社名が実名で出ることは避けますが、企業が適切な対応を行うことで、債権者や従業員らが最も恩恵を受けるようにすることができます。

定置網漁業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 漁獲量や漁場環境の変化に注意すること。特定の漁場に依存していた企業は、その漁場の状況が変化した場合には打撃を受ける可能性があるため、常に漁場環境の監視を行っておく必要がある。

2. 資金や設備の管理に注意すること。漁業に必要な定置網などの設備は収益に大きく関わってくるため、正確な管理が必要となる。また、適切な資金計画を立て、資金の流れを把握し、適宜対策を取ることも重要である。

3. 競合相手や市場動向の監視に注意すること。漁業市場は常に変動しており、競合相手の動向や市場ニーズの変化に対応できるよう、時代のニーズを把握して、製品やサービスの改良を続けることが求められる。

定置網漁業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

定置網漁業の企業が会社を畳む際には、いくつかの注意点があります。以下に、一部の注意点を紹介します。

1. 法的手続きを適切に行うこと
企業が解散する場合、法的手続きを適切に行うことが必要です。特に、株式会社の場合は、解散の決議を株主総会で行い、解散届を提出する必要があります。また、有限責任会社の場合は、解散の決議を全員会議で行うことが必要です。手続きについては、専門家に相談することが望ましいでしょう。

2. 従業員の処遇について考慮すること
会社を畳む場合、従業員の処遇についても適切に考慮する必要があります。従業員を解雇する場合は、労働契約法などの法規制を遵守し、適切な手続きを行う必要があります。また、可能であれば、従業員を再就職支援などでサポートすることも望ましいでしょう。

3. 借入金や債務の処理に注意すること
会社を畳む前には、借入金や債務の処理に注意する必要があります。特に、未払いの請求や税金などの債務は、解散後も残る場合があります。そのため、事前に債務の整理を行い、問題が残らないようにすることが望ましいです。

以上、定置網漁業の企業が会社を畳む際の注意点を3つ紹介しました。これらの注意点については、事前によく調べ、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

定置網漁業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

定置網漁業の企業がM&Aで会社を売却する理由は以下の通りです。

1. 業界の競争激化に対する対応

定置網漁業の業界では、競争が激化しています。そのため、業界内での市場シェアの確保や新規参入者への対応など、様々な課題が存在しています。こうした課題に対応するためにも、M&Aを活用して自社の競争力を強化するという選択肢を検討すべきです。例えば、市場シェアが大きい企業との合併で競争力を増し、余剰人員や経営資源の効率的な活用を図ることができます。

2. 業務効率化のためのM&A

定置網漁業は手作業が主体となっており、生産性の向上や業務の効率化に課題があります。M&Aを活用して、生産効率の高い企業との統合を進めることで、業務効率化が図れます。例えば、生産ラインや製造プロセスの自動化などを導入することで、生産性を高めることができます。

3. 将来における業績不安への対応

定置網漁業には、漁業資源の枯渇や海洋環境の変化などによる将来の業績不安があります。こうした不安に対処するためにも、M&Aを活用して、多様な事業を展開する企業との統合を進めることで、業績の安定化を図ることができます。具体的には、水産加工業を展開する企業との統合などが挙げられます。

以上のように、定置網漁業の企業がM&Aで会社を売却する理由は、業界の競争激化に対する対応や業務効率化、将来における業績不安への対応などが挙げられます。しかし、M&Aは一方的にメリットばかりではなく、リスクやデメリットも存在します。そのため、慎重な検討と評価が必要となります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】タイヤ・チューブ製造業の企業が清算・廃業・倒…
  2. 【2023年最新版】ゴムホース製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】頭髪用化粧品製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2024年最新版】原動機製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】沖縄県東村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】兵庫県太子町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】共済事業(各種協同組合法等によるもの)の企業…
  8. 【2024年最新版】農業用機械製造業(農業用器具を除く)の企業が…
PAGE TOP