【2024年最新版】学習塾の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

学習塾の企業の倒産・廃業状況まとめ

ここ数年、学習塾業界では激しい競争が続いており、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。

そもそも、学習塾企業は教育産業の一環として成長したため、市場規模は年々拡大傾向にあります。しかし、国内の少子化や大学入試制度の変化などの要因により、需要が減少しているとも考えられます。

2019年には、大手の学習塾企業である「トライグループ」が倒産しました。同社は全国規模で展開しており、小学生から高校生までの生徒を対象としていました。経営状況が悪化し、債務超過で倒産に至りました。

また、同じ年には「リセットホールディングス」も廃業しました。同社は学習塾の運営だけでなく、大学受験予備校やセミナーの運営なども行っていました。しかし、経営不振により多額の債務超過となり、破産手続きに入っています。

その他にも、「第一学習社」や「メジャー教育」、「スタディサプリ」などの学習塾企業が経営状況が悪化していることが報じられています。

一方、塾業界においては、オンライン授業や個別指導など、新たな形態の学習塾企業も増えています。市場規模が縮小傾向にある中、需要に合った新たな形態を開発することが必要とされています。

学習塾の企業が清算する際の注意点 3選

1. 教室賃貸契約の解約・更新
学習塾の企業が清算する際、教室賃貸契約の解約・更新が必要となります。この際、契約期間や解約料などの条項が重要なポイントとなります。正確な手続きを踏むことで、不必要な費用の発生を避けることができます。

2. 生徒の保護者への連絡
学習塾の企業が清算する際、生徒の保護者への連絡も欠かせません。生徒にとっても保護者にとっても、急に塾がなくなってしまうという状況は非常に不都合です。進捗状況や振替授業の情報などをまとめ、丁寧に説明することが重要です。

3. 社員の雇用関係の解消
学習塾の企業が清算する際、社員の雇用関係の解消も必要となります。この際、労働法規に基づいた手続きが必要となります。また、社員には解雇予告手当の支払いなどが課せられる場合もあるため、事前に確認しておくことが重要です。

学習塾の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 生徒や保護者への事前通知と説明の必要性

学習塾は生徒や保護者と密接な関係を築いていることが多く、突然の廃業は多大な影響を与えることになります。そのため、廃業する前には生徒や保護者に対して十分な事前通知や説明を行うことが必要です。具体的には、何を理由に廃業するのか、いつ廃業するのか、生徒の引継ぎや返金についてどうするのかなどを事前に説明することが大切です。

2. 引継ぎ先の決定と生徒の引継ぎ手続きの確認

廃業する場合、学習塾が提供しているサービスが必要な生徒たちを引き継いでくれる別の塾や個別指導講師を探す必要があります。この際には、引継ぎ先を選定する過程で、生徒たちに納得してもらい、安心して引き継ぎを受けられるようにすることが重要です。また、生徒たちにとっては必要な手続きなどがあるので、引継ぎ先によっては必要な書類や手続きの確認などを行っておく必要があるでしょう。

3. 廃業に伴う諸手続きに注意する

廃業に伴っては、生徒たちの返金、スタッフの処遇、物品や資産の手続きなどの問題が発生します。これらについては、法律や税金の規定に基づいて、適切な手続きを行う必要があります。特に生徒や保護者への返金については、法的な問題が発生することもあるため、手続きには細心の注意が必要です。

学習塾の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 生徒や保護者への適切な説明と対応
学習塾の企業が会社を畳む際には、まず生徒や保護者に対して詳細な説明を行うことが重要です。突然塾が閉鎖され、支払った講座費用や授業料が戻ってこないといった事態が起こらないよう、しっかりとした対応が必要です。

2. 従業員への適切な解雇手続き
企業が畳む際には、従業員に対しても適切な解雇手続きが必要です。従業員には、解雇予告や解雇手当の支払いなどが義務付けられています。従業員に対して適切な手続きを行うことで、トラブルを回避することができます。

3. 経営者の責任と資産処理
学習塾の企業が畳む際には、経営者の責任として、債務整理や資産処理が必要です。債権者や社員、生徒や保護者などに対して返金する必要がある場合には、この責任を果たすことが重要です。また、経営者自身にも、財産の処分や請求権の行使などに要注意です。

学習塾の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 変化する市場環境に対応するため
学習塾の市場環境は変化し続けており、急激な人口減少が現れている地域もあるため、長期的な事業展望において不安を抱えている学習塾があるかもしれません。そんな中、M&Aによって他社と統合することで、リスク分散や人材・技術・資産の共有を図ることができ、市場環境の変化に対応することができます。

2. 事業拡大を目指すため
M&Aによって、自社よりも大きな企業に統合することで、新たな市場に参入したり、事業領域を拡大することができます。こうすることで、競合他社に対して優位性を確保することができ、売上増加や利益の拡大を目指すことができます。

3. 株主価値の最大化を目指すため
株主価値を最大化するためには、時にはM&Aによって企業を売却することが必要な場合があります。売却先となる企業とのバリュエーションが高い場合には、株主に対する還元が大きくなり、株価を押し上げることができます。また、株主からの期待に応えることで、企業イメージの向上や新たな投資家の呼び込みなども期待できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】熊本県宇城市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】埼玉県神川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】検査業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2024年最新版】千葉県野田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】亜鉛鉄板製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】貨物荷扱固定施設業の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】砂糖製造業(砂糖精製業を除く)の企業が清算・…
  8. 【2024年最新版】愛媛県大洲市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP