【2024年最新版】娯楽業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

娯楽業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、娯楽業界にも大きな影響が出ました。外出自粛やイベント中止が相次ぎ、多くの企業が売上減少に悩まされ、一部では倒産・廃業が起きました。

特に映画館やライブハウス・イベント会社などが影響を受け、多くの業者が苦境に陥りました。例えば、全国シネコンチェーン店では2020年2月から連続で減収を記録し、映画興行収入は前年比で30%近く減少。多くの映画館が時短営業や臨時休館に追い込まれました。

また、コンサート・ライブイベントにおいても、各都市での開催自粛要請や制限により、多くのイベントが中止。多くの企業が延期やキャンセルを余儀なくされ、業界再建に向けた検討が進められています。

その他、飲食店やアミューズメント施設などでも、多くの企業が苦境に陥り、廃業するケースが増加しました。とりわけ、地方都市などでの小規模な娯楽施設では、集客減少による業績悪化が続いており、売上安定化に向けた戦略が求められています。

しかしながら、2021年以降はワクチンの普及や感染症対策の徹底などにより、業界再建の兆しが現れています。企業側も新たな収益源の開拓やデジタル化に力を入れることで、娯楽業界の存続を目指して奮闘しています。

娯楽業の企業が清算する際の注意点 3選

娯楽業の企業が清算する際には、以下の注意点に留意することが重要です。

1. 報告書の作成

清算には、必要な報告書を作成する必要があります。具体的には、財務諸表、営業利益と損失報告書、キャッシュフロー計算書などが含まれます。これらのドキュメントは、清算プロセス中に必要な情報を提供するだけでなく、会社所有者や債権者に開示する必要があります。

2. 債権者への対応

清算は、債権者に返済するための手順や優先順位を定めることにも関係しています。清算の前に、債権者へのアプローチを慎重に検討し、借入残高の優先順位を確認する必要があります。また、債権者への返済計画を提示することが必要です。

3. 従業員への対応

清算は、従業員に深刻な影響を与える可能性があるため、雇用者としての法的責任を忘れてはなりません。清算計画を作成する際に、従業員の休暇や保険、与えられる帰属物などを考慮する必要があります。従業員移行計画は、可能な限り早期に慎重に考慮することが重要です。

以上の注意点は、娯楽業の企業が清算する際に留意すべき点です。しかし、個人的な金融アドバイスを受けることをお勧めします。

娯楽業の企業が廃業する際の注意点 3選

娯楽業の企業が廃業する際には、いくつかの注意点があります。以下に、その中でも特に重要な3つの注意点を紹介します。

1. 従業員への対応
娯楽業の企業が廃業する場合、まず考えなければならないのは従業員への対応です。特に、長期間勤めている社員や家族を養っている社員にとっては、失業が大きな問題となります。そのため、廃業が決まったら、従業員に対して速やかに正式な連絡を行い、可能な限りのサポートを提供することが重要です。例えば、転職支援や退職金の支払い、社員の再就職先の紹介などを行いましょう。

2. 顧客への対応
娯楽業の企業が廃業した場合、顧客からの問い合わせが殺到することが予想されます。そのため、廃業前には、顧客に対して丁寧かつ明確な説明を行い、廃業後にも連絡窓口や相談窓口を設置する必要があります。また、既にチケットや予約をしている顧客に対しては、返金などの対応を行う必要があります。

3. 借金の整理
娯楽業の企業が廃業する場合、借金が残っている可能性があります。その場合、廃業前に借金の整理を行い、優先的に返済すべき債権者との交渉を行う必要があります。また、財産を売却して債権者への返済に充てることも考えられます。借金を放置してしまうと、債権者からの返済請求や訴訟などのトラブルが発生する可能性があるため、借金の整理は重要なポイントです。

以上、娯楽業の企業が廃業する際には、従業員や顧客、債権者など様々な関係者への対応が必要となります。これらの注意点を適切に実施することで、廃業後のトラブルを最小限に抑えることができます。ただし、廃業が決定した時点で、必要な措置を講じることが大切です。遅すぎると、関係者の信頼を失い、再起を目指すことが困難になるかもしれません。

娯楽業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への配慮
娯楽業の企業は、従業員が企業を支える重要な存在です。会社を畳む際には、従業員に対して適切な配慮が必要です。例えば、労働契約書に規定された賃金や福利厚生の支払いや、退職金の制度などが挙げられます。

2. 顧客への対応
娯楽業の企業は、顧客に楽しい時間を過ごしてもらうために存在しています。会社を畳む際にも、顧客に対して適切な対応が求められます。例えば、既にチケットを販売している場合は、キャンセル手続きの方法を明確にするなど、顧客に不利益が出ないようにする必要があります。

3. 法的問題の解決
娯楽業の企業が会社を畳む際には、法的問題の解決が必要です。例えば、借入金の返済や、契約書に関する問題、知的財産権などが挙げられます。これらの問題は、解決しなければ後々問題が発生する可能性があるため、徹底的に解決する必要があります。

娯楽業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争が激化しているため、事業の継続が難しくなる可能性がある。
2. 投資家からの圧力により、売却によって収益性を向上させる必要性がある。
3. 新規事業の展開に向けた資金調達が必要であり、売却によって資金を調達することができる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】工業用水道業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】軟質プラスチック発泡製品製造業(半硬質性を含…
  3. 【2024年最新版】鹿児島県龍郷町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】岡山県鏡野町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】滋賀県東近江市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】石油化学系基礎製品製造業(一貫して生産される…
  7. 【2024年最新版】福岡県新宮町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2023年最新版】和歌山県海南市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP