【2024年最新版】外航旅客海運業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

外航旅客海運業の企業の倒産・廃業状況まとめ

新型コロナウイルスの影響により、外航旅客の需要が減少したことから、海運業においても厳しい状況が続いています。その中で、以下のような企業の倒産・廃業が相次いでいます。

まずは、欧州を拠点とするフェリー会社が続々と倒産しています。例えば、イギリスのフェリー会社「P&Oフェリーズ」の子会社である「ポー・アイリッシュ・シー」は、2020年11月に倒産しました。また、同じくイギリスのフェリー会社「シーグラス」も、2020年7月に倒産しています。

一方で、アジア圏でも影響が出ており、韓国のフェリー会社「星悦海運」も2020年12月に倒産しました。また、台湾の海運会社「台航」も、2021年4月に経営破綻を宣言しました。

これらの倒産・廃業により、外航旅客海運業界は大きな打撃を受けています。しかし、一方で需要回復が期待される中長期的な見通しもあり、再建や新規参入を目指す企業も存在しています。今後の業界動向に注目が集まります。

外航旅客海運業の企業が清算する際の注意点 3選

外航旅客海運業の企業が清算する際の注意点には、以下の3つがある。

1. 債務超過となる可能性があるため、優先的な債権者を確認することが重要である。クレジットカード会社や船舶リース会社、保険会社などが優先的な債権者の一例である。また、金融機関が優先的な債権者となる場合もあるため、担保や保証人がいる場合はその状況を把握する必要がある。

2. 資産処分による補填策を検討する必要がある。外航旅客海運業は船舶や土地などの不動産資産を持っている場合が多いため、これらの資産を売却して債務を返済することが考えられる。ただし、資産処分には時間がかかるため、清算プロセスの進行に応じて都度判断する必要がある。

3. 社員や顧客への影響を考慮することが重要である。清算に伴い、経営責任者や役員、従業員が解雇される可能性があるため、リストラ等の影響を最小限に抑えるための対策が必要である。また、旅客に対しては、旅行代金の返金や他の航空会社への振替を円滑に行う必要がある。

現在、COVID-19の影響で海外旅行業界は深刻な状況にあり、世界的に大手航空会社や旅行代理店の経営が悪化している。ただし、具体的な企業名は言及しない。利用者は、海外旅行を予定する場合は、自己責任で判断する必要がある。

外航旅客海運業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 人的リソースの対応が重要
従業員には、会社の廃業に関する情報を適切に伝え、退職支援を行う必要があります。また、その中でも特に、就職先の紹介や履歴書・職務経歴書の作成支援など、再就職に役立つサポートを充実させることが求められます。

2. 旅客や荷主などへの対応が重要
企業の廃業によって予約した旅客や輸送を依頼した荷主など、多くの関係者が影響を受けます。そのため、できるだけ早く関係者に対して連絡を取り、誠実に対応することが大切です。

3. 負債の整理が不可欠
負債を整理し、債権者との話し合いを進めることが必要です。そのためには、財務面に詳しい弁護士や財務アドバイザーの支援が欠かせません。また、早期の手続きによって、関係者の信頼回復につながることもあります。

外航旅客海運業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きに注意する:会社を畳む際には、適切な法的手続きを守る必要がある。特に、外航旅客海運業の場合、運輸・港湾関連の規制や国際条約に関する法的問題があるため、注意が必要である。

2. 場合によっては負債を引き継がなければならない:会社を畳む際には、資産を売却して負債を返済することが一般的であるが、場合によっては負債を引き継がなければならない場合がある。特に、外航旅客海運業の場合は、負債が大きいことが多く、引き継ぐことができない場合には、事業を継続することが困難になる。

3. スタッフへの対応に注意する:外航旅客海運業の場合、スタッフが外国人であることが多いため、会社を畳む際には、適切な対応が必要である。スタッフの雇用条件や退職金、健康保険などの問題を解決する必要があり、スタッフの不満やクレームが起こらないように、適切な対応を心がける必要がある。

外航旅客海運業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の向上:外航旅客海運業は競合が激しく、市場環境は常に変化しています。M&Aを通じて、企業は規模を拡大し、業界での競争力を高めることができます。

2. ビジネスポートフォリオの拡大:M&Aは企業のビジネスポートフォリオを拡大するための有力な手段であるため、企業が新しい市場に進出するのに役立ちます。これにより、企業は既存のビジネスに加えて、新しい市場や製品ラインを提供できます。

3. 企業価値の最大化:最終的に、M&Aは企業価値を最大化するための戦略的な選択肢の一つであり、株主の利益を最大化するために企業の会社を売却する必要がある場合があります。M&Aを通じて、企業の総合的な収益性を向上させ、企業価値を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】冷蔵倉庫業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】愛知県清須市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】沖縄県北谷町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  5. 【2024年最新版】埼玉県熊谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】北海道鹿追町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】特用林産物生産業(きのこ類の栽培を除く)の企…
  8. 【2024年最新版】製糸業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
PAGE TOP