【2024年最新版】塗料卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

塗料卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年1月〜3月にかけて、複数の塗料卸売業企業が倒産・廃業している。そのうちの一部は、新型コロナウイルスの影響による業績悪化が原因とされている。

塗料卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 在庫の処分に注意する。
塗料卸売業は在庫を多く抱えていることがあるため、清算時に在庫の処分方法を慎重に決定する必要がある。在庫を適切に処分できなかった場合、廃棄費用が発生する可能性もある。また、在庫品目によっては特別な処分が必要な場合もあるため、事前に確認することが重要である。

2. 社員への対処に注意する。
清算時にはすべての社員を解雇しなければならない場合もある。その場合、適切な解雇処理が必要である。また、社員からの未払い給与や退職金、賞与などの請求がある場合もあり、それらについては適切に対処する必要がある。社員に対する適切な対処がなされなかった場合、労働基準監督署や労働組合からの問題提起や訴訟などに発展する恐れがある。

3. 債権者への対処にも注意する。
清算時には多くの債権者が存在し、それらに対して適切な対処が必要である。債務整理や債務減免などの方法について、個々の債権者との交渉が大切になる。なお、債権者に対する適切な対処がなされなかった場合、法的な問題や社会的な信用の低下などの影響が出る可能性がある。

塗料卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業前の収支管理
廃業する企業は、最終収支の管理が重要です。売掛・買掛金の回収、在庫品の処分、固定資産の処分など、会社の残務を完了する必要があります。また、限られた期間内に手続きを完了できるよう、時間的余裕をもって準備することが求められます。

2. 社員とのコミュニケーション
廃業する企業は、来る日も来る日も悲しいニュースを伝えなければなりません。業務上のパートナーや顧客、そして愛着のある社員たちに対して、情報を正しく共有し、コミュニケーションを取ることが不可欠です。社員には、可能な限り理解を得られるよう、取り残されないようにする必要があります。

3. 法的義務の遵守
さらに、廃業に際しては、税金・社会保険料・退職金など、法的な義務の遵守が求められます。税務署からの引き上げ、年末調整等の手続きを廃業前に行う必要があります。また、労働法上の義務事項に従うことも重要です。特に、退職金の支払いや解雇手続きは、問題が起こりやすいため、適切に対応しなければなりません。

塗料卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 破産に備えた財務管理の重要性
塗料卸売業では、需要や市場環境の変化にあわせて業績が上下することがあるため、経営者は常に財務管理に注力する必要があります。具体的には、財務状況を定期的にチェックして債務超過や過剰な在庫などに対処し、破産に備えて十分な資金を確保することが大切です。例えば、あるA社は景気の低迷や需要減少により多額の赤字を出し、債権者からの返済催促が高まりました。しかし、A社はこれを放置し、財政破綻してしまいました。

2. ストック管理の徹底
塗料卸売業では、主力商品である塗料のストック管理が営業活動に直結するため、徹底することが求められます。商品の在庫は常に最適なレベルで管理されるべきであり、過剰在庫や不良在庫を抱えていると、莫大な在庫管理費用を生じ、業績に影響を及ぼします。例えば、あるB社は特定のブランドの塗料に肩入れし、その在庫を抱え込んでいました。しかし、そのブランドが急激に人気を落とすとともに代替品の登場もあって、在庫処分費用が膨らみ、業績悪化の原因となりました。

3. 人材育成への投資の重要性
塗料卸売業は、製造元や販売先との連携や情報発信能力など、多岐にわたる能力が求められます。したがって、従業員のスキルアップや教育を定期的に実施することで、企業の成長につなげましょう。例えば、あるC社は、古くからの従業員だけでなく、若手社員にも意見交換の場を設け、意見を取り入れることで営業ノウハウの改善や業務プロセスの改革を進めました。その結果、コスト削減や顧客満足度の向上につながったといいます。

塗料卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 産業構造の変化に対応するため

現代の経済環境は大きく変化しており、従来のビジネスモデルが十分に機能しなくなっていることがある。このような場合、企業は新しい市場ニーズや技術革新に対応するために、他の企業との統合を考えることが必要となる。塗料卸売業の企業も同様で、業界全体で競争が激化している中、市場ニーズに合わせた製品やサービスを提供するために、M&Aを検討することが必要である。

2. 経営の効率化を図るため

企業がM&Aを行う理由の一つに、経営の効率化がある。塗料卸売業の企業は、他の企業との統合により、業務フローの最適化や購買力の向上などを実現することができる。これにより、従来よりも多くのリソースをビジネスの成長や新しい取り組みに投入することができる。

3. 事業の多様化を促進するため

塗料卸売業の企業は、M&Aを通じて、他の事業領域に参入することができる。例えば、自動車部品や建材など、塗料卸売業と関連性が高い産業に参入することができる。こうした多様化戦略が成功すれば、企業のリスク分散や、新しいビジネス機会の創出につながることが期待できる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】鹿児島県志布志市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】神奈川県寒川町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】大阪府箕面市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】老人福祉・介護事業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】福岡県芦屋町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】神奈川県逗子市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】奈良県川西町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】岩手県金ケ崎町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP