【2024年最新版】土木建築サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

土木建築サービス業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、土木建築サービス業界では競争が激化し、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。特に、不況や大規模災害の影響を受けた地域では、深刻な経営難に陥る企業も少なくありません。

このような状況下で、多くの企業が企業再生や合併などを模索しながら、経営を継続しています。しかし、中小規模の企業の場合、資金調達が難しく、経営戦略の見直しも難しいため、経営悪化が進んでしまう場合もあります。

また、人材不足も深刻な問題となっており、技術者の高齢化や若手人材の不足によって、企業の生産性や技術力が低下していくことも懸念されています。

しかし、一方で、建設需要の持続的な拡大や、インフラ整備やリニューアルなどの需要が伸びていることから、民間企業や自治体などからの受注が見込まれ、今後も業界は存続していくと考えられます。

今後は、企業の経営戦略や人材育成などに注力することで、さらなる業界発展が期待されています。

土木建築サービス業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理をしっかりと行うこと:清算する際には、債務を確実に整理することが重要です。未払いの請求書や借り入れなどを整理し、借金や支払いが残らないように手続きを行う必要があります。

2. 資産の評価を正確に行うこと:企業が清算する際には、残された資産を正確に評価することが不可欠です。正確な評価が行われない場合、債権者に対する償還額が不足することになってしまいます。

3. 税金などの手続きを確実に行うこと:企業が清算する際には、税金や社会保険料などの手続きも確実に行う必要があります。これらの手続きを怠ると、後々までトラブルが続いてしまう可能性があるため、注意が必要です。

土木建築サービス業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員や社外関係者への連絡義務
廃業前に、従業員や社外関係者に対して、正確な情報提供や連絡を行うことが義務付けられています。具体的には、廃業の理由や期日、従業員の処遇などを適切に伝える必要があります。また、法律に基づく手続きを遵守し、社員の解雇手続きもスムーズに行うことが求められます。

2. 廃業に伴う財産処分の適切な手続き
廃業後に残る資産や負債の処分には、適切な手続きが必要です。例えば、資産の売却や債務整理などがあります。これらの手続きを怠ると、関係者とのトラブルが生じることがあります。

3. 法的責任の問題
業務の遂行中には、法的責任の問題が常につきまといます。そのため、廃業しても法的責任が免除されるわけではありません。たとえば、業務中に発生した事故の被害者からの損害賠償請求などが考えられます。廃業時にも、適切な法的手続きを行い、法的責任から逃れることができるようにすることが重要です。

土木建築サービス業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを適切に行うこと
土木建築サービス業の企業が会社を畳む場合には、まず法的手続きを適切に行うことが重要です。具体的には、会社法に基づく解散手続きや、破産手続きなどがあります。これらの手続きを進めることで、負債の整理や従業員の処遇などを適切に行うことができます。ただし、手続きの中には複雑なものもありますので、専門家のアドバイスを受けながら進めることが望ましいでしょう。

2. 財務面での対策を事前に準備すること
会社を畳む際には、財務面での対策も重要です。具体的には、債務整理や資産の売却、従業員の処遇などがあります。特に、借入金や未払いの給与など、未処理の債務は問題を引き起こす可能性が高いので、事前に準備しておくことが大切です。

3. 周囲の関係者への配慮を忘れないこと
会社を畳む際には、従業員や社員のみならず、取引先や賛同者など、周囲の関係者にも配慮することが大切です。具体的には、借入先や供給先との関係をきちんと整理しておくことや、資産の売却先を配慮することなどが挙げられます。また、従業員や社員を可能な限り助けるよう努めたり、事実関係を正確かつ公正に伝えることも大切です。

土木建築サービス業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化に対応できる
土木建築サービス業界は競争が激化しており、新たな参入者や外国企業などによる競争力の高まりが見られます。こうした状況で、自社の事業規模や技術力を強化するために、M&Aによる業界内企業の買収が有効な手段となります。

2. 事業の多角化が必要とされる
土木建築サービス業界では、特定の分野に特化した企業が多数存在しています。しかし、市場の変化や需要の変化に対応するためには、事業の多角化が必要となります。M&Aを通じて、新たな分野へ進出したり、既存分野で事業拡大を行うことができます。

3. グローバル展開が必要とされる
土木建築サービス業界はグローバル化が進み、海外市場でのビジネス展開が求められるようになっています。しかしながら、海外に進出するためには、現地でのネットワークやそれに必要な設備、技術力を保有する必要があります。M&Aにより、海外の企業を買収してグローバル展開を加速することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】群馬県前橋市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】大阪府池田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】エステティック業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】山梨県上野原市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】花き作農業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】愛媛県内子町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】ネイルサービス業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】北海道色丹村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP