【2024年最新版】土木工事業(別掲を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

土木工事業(別掲を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、土木工事業界では景気の低迷や建設需要の低迷など、さまざまな要因により、倒産・廃業する企業が増加しています。

その中でも、特に大手企業が倒産・廃業するケースが目立っており、過去数年間で数社が続々と倒産しています。その理由としては、主に高コスト、過剰な業容拡大、不適切な業務運営などが挙げられます。

また、中小企業でも、工事発注が減少することによる収益悪化により、倒産に追い込まれるケースが増えています。また、労働力不足による人件費の高騰や、原材料価格の上昇など、業界全体が抱える課題が影響していることも多いようです。

ただし、一方では、地方自治体や国が進める公共事業の予算増加に伴い、需要が見込まれる分野もあります。特に、国内の老朽化したインフラの整備・修繕分野はあります。

現在、土木工事業界では、業界全体の淘汰が進んでおり、経営が健全な企業だけが生き残りを果たすことが求められています。適切な経営戦略を掲げ、人材の育成や業務運営の合理化、さらには業界内の協力体制の構築などが求められると言えるでしょう。

土木工事業(別掲を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価が重要
土木工事業は、土地や建物などの固定資産が大きな割合を占めることが多いため、清算する際にはこれらの資産を正確に評価することが重要です。誤った評価をしてしまうと、清算後に問題が生じる可能性があります。

2. 債務の処理に注意
清算する企業は、債務の処理にも注意が必要です。借入金や未払いの債務などがある場合には、これらを清算前に解決する必要があります。また、清算によって未払いの債務が生じる場合には、その処理にも配慮する必要があります。

3. 従業員の処遇に配慮
清算する企業は、従業員の処遇にも配慮する必要があります。退職手当や解雇費用などは、清算前に必要な費用を見積もっておく必要があります。また、従業員に対する情報提供や相談の窓口を用意するなど、適切な対応を行うことが大切です。

土木工事業(別掲を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 充分な準備を行うこと

土木工事業を経営する企業が廃業する場合には、事前に充分な準備を行うことが重要です。廃業する予定がある場合には、数ヶ月前から社員や取引先に対して周知することが必要です。また、廃業に伴い処分しなければならない資産や債権などを整理しておくことも重要です。過去の経理書類や契約書などを整理し、可能な限り返済や清算を行っておくことが望ましいです。

2. 廃業に伴うリスクマネジメント

企業が廃業する際には、様々なリスクマネジメントが必要になります。特に建設業においては、竣工保証金や保証書などの案件に関する問題が発生する可能性があるため、十分な対応が必要となります。廃業に伴い取り残された問題を解決するために、外部の専門家のアドバイスや支援を受けることも検討すべきです。

3. 従業員や取引先との適切なコミュニケーション

土木工事業は、従業員や取引先との関係が非常に大切な業界です。企業が廃業する際には、従業員や取引先に対して、できる限り正確かつ適切な情報を提供する必要があります。特に従業員に対しては、廃業の理由や解雇の手続き、退職金の支払いなどについて、丁寧かつ正確な説明を行うことが必要です。取引先に対しては、契約の解除や支払いの条件変更などについて、適切な説明を行うことが求められます。

以上の3点は、土木工事業を経営する企業が廃業する際には、注意するべきポイントです。廃業に際しては、法律上の手続きや手順に従い、適切な処理を行うことが重要です。また、その際には、外部の専門家や行政機関の支援を受けることも検討すべきでしょう。廃業をすることで、従業員や取引先、そして社会全体に影響を及ぼす可能性があるため、責任を持って対応することが求められます。

土木工事業(別掲を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 借金返済の優先順位を確認する

土木工事業には多額の資金が必要とされ、多くの企業は金融機関からの融資を受けて業務を行ってきます。しかし、経営が悪化すると返済が困難になることもあります。この場合、まずは借金返済の優先順位を確認することが重要です。優先順位が高い借入先から返済し、最終的に全ての債権者に返済することが求められます。

2. 従業員の雇用保険や労働保険の手続きを行う

企業が倒産した場合、従業員に対して雇用保険や労働保険の手続きを行う必要があります。これらの手続きは、離職票や保険証などが必要となるため、事前に整理する必要があります。また、従業員の雇用形態がアルバイトや契約社員などであった場合、それぞれの契約内容に応じた手続きが必要となることもあります。

3. 顧客や関係者とのコミュニケーションを密にする

企業が倒産した場合、その影響は顧客や関係者にも及びます。そのため、倒産の決定が出る前には、可能な限り顧客や関係者とのコミュニケーションを密にすることが求められます。倒産を伝え、今後の対応や補償について説明し、信頼関係を維持することが重要です。また、倒産後にも、個別に対応を行い、遺産分割などについて協議することが必要です。

土木工事業(別掲を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模の拡大と業績向上:M&Aによって企業の規模を拡大することで、競争力を強化し、リスク分散・収益性向上などのメリットを享受できます。また、市場シェアの拡大や新規事業の開拓など、企業が自力では難しい成長が期待できます。

2. 業務効率化とコスト削減:M&Aによって従業員数や物流システム、設備・設備の共有など、業務に必要なものを共有することができます。これにより、重複する業務の削減やスキルアップなど、業務の効率化・コスト削減に繋がります。

3. ビジネスリスクの低減:競合他社との差別化が難しく、市場が縮小している場合には、M&Aにより業界全体の再編が行われることがあります。この際、自社が強みを持つ分野に特化し、競合他社よりも強い経営力を維持することができ、ビジネスリスクを低減することができます。

以上のように、M&Aによる企業の売却は、さまざまなメリットがあります。ただし、M&Aは経営戦略の一環として行う必要があります。自社の強みと相手企業の強みを見極め、リスク管理を徹底することが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】熊本県熊本市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】岡山県美作市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】東京都東村山市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2023年最新版】和歌山県上富田町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】長野県高森町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】ベントナイト鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2024年最新版】鹿児島県十島村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】かばん・袋物小売業の企業が清算・廃業・倒産、…
PAGE TOP