【2024年最新版】土地家屋調査士事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

土地家屋調査士事務所の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、土地家屋調査士事務所においては、経営環境の変化や人口減少などの影響により、倒産・廃業が相次いでいる。業界大手を含む多くの企業が、経営上の課題に直面し、業績悪化や資金繰りの悪化から倒産申請を行っている。また、人材の確保が難しく、事業の継続が困難な事務所も多く見受けられる。

このような中、倒産・廃業に至らなかった事務所も、新規の案件獲得や業務の多様化を求め、積極的な経営戦略を模索している。業務内容の変更や顧客ニーズの変化に合わせた営業戦略の見直しが必要とされている。

ただし、多くの事務所が地域密着型のビジネスモデルを有しており、地元の顧客から高い信頼を得ていることが特徴である。そのため、倒産・廃業した場合には、地域経済に大きな影響を及ぼすことから、地元自治体からの支援や協力が期待されている。

今後も、土地家屋調査士事務所の経営環境は厳しいものとなるため、事務所ごとに個別の事業戦略を打ち出し、業界の変化に柔軟に対応することが求められている。

土地家屋調査士事務所の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理を先に行うこと – 土地家屋調査士事務所が清算する際には、債務整理を先に行うことが重要です。債務整理をしないまま清算を進めると、残っている借入金や未払いの請求書などが残り、清算後に法的問題が発生する場合があります。

2. 確実な資産評価の実施 – 土地家屋調査士事務所が清算する場合には、企業の資産価値を正確に評価することが大切です。資産価値が高く見積もられていると、過剰に税金を支払うことになったり、清算額に反映されなかった資産部分があったりすることがあります。

3. 必要な手続きを漏れなく行うこと – 土地家屋調査士事務所が清算する際には、必要な手続きを漏れなく行うことが大切です。例えば、税務署への届け出や法的手続きの完了などが不十分である場合には、清算手続きが遅れるだけでなく、罰金や廃業処分のリスクがあります。

土地家屋調査士事務所の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 借地権の管理
廃業する土地家屋調査士事務所には、借地権の管理を必要とする顧客が存在する場合があります。借地契約や更新の手続き、賃金の調整など、重要な管理業務が未処理のまま残されることがあるため、事務所は借地権管理についての具体的な取扱い方法を決定する必要があります。

2. 事務所のデータの保全
土地家屋調査士事務所は、多くのデータを保有しており、それらは裁判所や行政機関、個人などからの要請に応じて提供されることがあります。そのため、廃業する事務所は、データの保全について計画的に行動する必要があります。保存方法や引き渡し先、保存期間などを検討することが重要です。

3. 顧客情報の適切な取り扱い
廃業する事務所には多くの顧客情報があります。昔の契約書や現在進行中の案件、個人情報など、非常に重要なデータです。従って、事務所は、個人情報保護法を遵守し、情報漏えいを防止するための措置を講じる必要があります。廃業する事務所が顧客情報の管理について十分な注意を払わない場合、多大なトラブルを引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

土地家屋調査士事務所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 事務所のクローズに関する情報を社員や関係者に十分な時間をかけて伝えることが重要です。急なクローズは社員や関係者に不安を与え、信頼関係の破綻に繋がる可能性があります。

2. 財務面についても注意が必要です。クローズに伴い、未払いの債権債務が残っている場合には、適切な手続きを踏んで解決する必要があります。また、事務所の存続が危ぶまれる場合には、事前に適切な措置を講じておくことが大切です。

3. 最終的に、社員の退職に関する手続きも忘れてはいけません。副業として土地家屋調査士業務を行っている社員や、専業で仕事をしている社員など、様々な事情を抱える社員がいることもあります。社員との円滑な退職交渉を行い、スムーズな事務所クローズを実現することが必要です。

土地家屋調査士事務所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競合環境の激化

土地家屋調査士事務所の業界は、近年ますます競合環境が激化しています。業者の数が増え、市場の拡大が期待される一方で、価格競争や業種の多角化が進んでいる現状です。このような状況では、単独での生き残りが難しくなっていることがあります。そこで、M&Aによって規模を拡大し、企業競争力を高めることが不可欠な場合もあります。

2. 人材確保や業務体制の強化が必要な場合

土地家屋調査士事務所においては、人材の確保や業務体制の強化が求められることがあります。例えば、専門知識を持ったスタッフが不足していたり、業務の効率化に向けた取り組みが必要な場合があります。このような場合、M&Aによってノウハウや人材の取得ができることがあります。また、業務の分業化や専門化の促進につながり、競争力が向上する可能性があります。

3. 流動性確保や資金調達の必要性がある場合

M&Aは、流動性確保や資金調達の手段としても有効です。例えば、土地家屋調査士事務所においては、大規模案件や多額の費用がかかる業務が発生した場合、資金調達の検討が必要になることがあります。このような場合、M&Aによって資金調達や流動性確保ができることがあります。また、M&Aを通じて、新規事業領域への投資や業種の多角化を行うことで、企業の収益力を向上させることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道中富良野町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】医療用計測器製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  3. 【2024年最新版】競輪競技団の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】映画・演劇用品賃貸業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】福岡県久山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】岡山県岡山市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】岩手県紫波町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】群馬県玉村町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP