【2024年最新版】古本小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

古本小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年には、古本小売業である企業が相次いで倒産・廃業しています。

その中でも有名な企業の一つは、全国規模で展開していた「某ブックオフ」です。この企業は、多数の店舗を展開していたことや、オンラインストアも運営していたことから知られていましたが、2020年11月に法的整理手続きを開始し、一部の店舗を除いて全ての店舗が閉鎖されました。その後、他企業による買収も検討されましたが、結局は閉鎖されることとなりました。

また、地方に展開していた古本買取・販売店舗も相次いで廃業や閉鎖が報じられました。これらの企業は、地域住民にとっても利用しやすく、ローカルな雰囲気が魅力だったことから、廃業を惜しむ声もありました。

一方で、中古市場の拡大やオンライン販売の普及により、市場は縮小していくと思われますが、依然として古本を扱う企業も存在しています。ただし、古本小売業においては、他の小売業と同様に、オンライン販売による競合や、新品書籍の価格競争も加速しており、今後の展望が注目されます。

古本小売業の企業が清算する際の注意点 3選

古本小売業の企業が清算する際には注意点がいくつかあります。以下に、実在する社名は出さずに、その注意点を3つ紹介します。

1. 資産の見積もりを正確に行う

古本小売業の企業が清算する際には、まず資産の見積もりを正確に行うことが必要です。具体的には、在庫の評価額や債権債務の状況などを確認し、正確な金額を把握する必要があります。また、清算時には不動産などの大きな資産も考慮する必要があるため、専門家の協力を得ることが望ましいでしょう。

2. 債権債務の整理を徹底する

古本小売業の企業が清算する際には、債権債務の整理を徹底することが必要です。特に、借入金や未払いの請求書などは清算の際に支払われるため、きちんと整理しておく必要があります。また、清算が完了するまでに売掛金が増加しないように、債権回収の体制を整えることも重要です。

3. 社員や顧客への対応に注意する

古本小売業の企業が清算する際には、社員や顧客への対応にも注意が必要です。清算に伴って従業員が解雇される場合や、顧客が困惑する場合があるため、丁寧な対応が求められます。また、売り残った在庫の処分や、返品に関する問題にも注意が必要です。

以上、古本小売業の企業が清算する際の注意点を3つ紹介しました。清算にはさまざまな手続きが必要であり、専門家のアドバイスやサポートを受けることが望ましいでしょう。

古本小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業に伴う在庫処理の方法を慎重に考慮する必要がある。在庫を適切な価格で販売することで、廃業の費用を回収できるため、価格設定については慎重にプランニングする必要がある。

2. 廃業届を各種行政機関に提出する必要がある。例えば税務署や商工会議所、労働基準監督署などへの届出が義務づけられているため、忘れずに提出するようにする。

3. 廃業に関連する財務状況を正確に把握することが重要である。例えば、社員への未払い賃金や社会保険料、税金などについても精査し、清算手続きを正確に行うことが求められる。

古本小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 在庫の処分方法に注意する:古本小売業では在庫の処分にも注意が必要です。会社を畳む場合、在庫はどのように処分されるか慎重に考える必要があります。ただ廃棄するだけでは、古本に限らず書籍としての価値があるものもあるため、リサイクル業者やオークションサイトなどを活用し、適切に処分する必要があります。

2. 契約や手続きの処理を確認する:会社を畳んでしまうと、まだ契約中の取引先や従業員への支払いなどが残っている場合があります。畳む前に、契約書や手続きの処理を確認し、問題があれば適切に対処する必要があります。

3. 負債の処理に注意する:畳む前に、会社の負債や借金を整理し、適切な方法で処理することが重要です。問題がある場合は、弁護士や税理士などの専門家に相談し、適切な手続きを行う必要があります。

古本小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化:古本小売業はデジタル化の進展により、電子書籍やオンライン書店との競争が激化しています。さらに、大手書店の参入やセカンドハンド市場の拡大もあり、市場縮小が予想されています。このような状況下でM&Aを行い、業界内での競争優位性を確保することが景気回復につながります。

2. 資金調達の必要性:新規出店や店舗改装など、事業拡大には多大な資金が必要です。資本金の増加や投資家の調達には時間とリスクが伴います。そこで、M&Aにより資金調達を行うことで、早期・確実に事業拡大を実現することができます。

3. 事業継承の難しさ:経営者が高齢化し、後継者の不足や事業承継の難しさが課題となっている中規模企業も多くあります。また、時代の変化に対応できる人材の確保や新たなビジネスモデルの模索も必要です。こうした問題を解決するために、M&Aにより事業承継先を探すことが必要となる場合もあります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】奈良県大淀町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】金庫製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】茨城県古河市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】社会保険事業団体の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】長崎県大村市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】パルプ装置・製紙機械製造業の企業が清算・廃業…
  7. 【2024年最新版】福岡県筑紫野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】兵庫県宍粟市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP