【2024年最新版】博物館,美術館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

博物館,美術館の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入ってから、国内外の博物館や美術館企業が倒産または廃業したとの報道があります。それらの企業名は、以下の通りです。

・日本の美術館チェーン

・米国の博物館企業

・フランスの美術館チェーン

・イタリアの博物館企業

・オーストラリアの美術館企業

これらの企業が倒産または廃業した原因は、新型コロナウイルスの影響や観光客の減少、財政難などが挙げられます。しかし、多くの博物館や美術館企業は、オンライン展示やバーチャルツアー、オンラインストアなどを活用して、新たなビジネスモデルを構築し、再建に向けた取り組みを進めています。

博物館,美術館の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財産の処分に注意する
清算する際には、博物館や美術館が所有する財産を売却する場合があります。しかし、この際には関連法令に沿った手続きを行う必要があります。例えば、文化財等の売却には文化財保護法に基づく手続きが必要であり、環境に配慮した廃棄処分については、法律に従い適切に処分する必要があります。

2. 債権・債務の管理・整理に注意する
清算する際には、博物館や美術館には債権や債務が存在する場合があります。債権管理には、先に債務整理を行って清算の対象となるものを絞り込む必要があります。また、債務整理の際には、債権者との交渉や和解にも努めることが大切です。

3. 情報公開を徹底する
清算する際には、博物館や美術館に関する情報を公開することが求められます。この際には、会計報告や資産・負債の明細表、債権譲渡先や財産処分先など、情報公開に関する法令に基づき、適切に情報開示を行う必要があります。

博物館,美術館の企業が廃業する際の注意点 3選

1.現在の所管官庁に必ず届け出ること
博物館や美術館は所管官庁に届け出を出すことが義務付けられており、業務の廃止や解散を行う場合には必ず届出をする必要があります。この際、所管官庁から指示を受けた場合には、廃業手続きやコレクションの処分方法などについて遵守することが重要です。

2.設立者や関係者に十分注意喚起を行うこと
業務の廃止や解散は、設立者や関係者にとって大きな衝撃を与える可能性があります。そのため、廃業手続きに関する情報を十分に共有し、関係者の意見や意向を確認した上で、手続きを進めることが求められます。また、コレクションの処分方法や保存先などについても関係者の意見を取り入れることが必要です。

3.コレクションの処分方法について、過去の事例を参考にすること
博物館や美術館のコレクションは、社会的財産としての価値が高く、慎重な処分が求められます。業務の廃止や解散に伴い、コレクションをどのように処分するかについては、過去の事例を参考にすることが重要です。具体的には、同じようなコレクションを有する博物館や美術館が行った処分方法や、公益的な団体への寄贈などについて調べることが有効です。

博物館,美術館の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 展示物の処分については、適切な方法で行われる必要があります。例えば、美術品の場合は専門家によって梱包され、適切な保管先が見つかるまで保管される必要があります。

2. 借り手に対する責任を明確にする必要があります。展示物が借り手によって損傷された場合、保険が適用されるようにするか、もしくは借り手が損害を補償することを規定する契約を結ぶ必要があります。

3. 資金の使途については、厳密に管理する必要があります。展示物の購入や修復に使われた資金が、畳む際に使途不明になってしまわないように、適切に記録を残すことが重要です。

博物館,美術館の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 融資リスク回避:博物館や美術館のような文化施設は、運営資金が不足すると経営に支障をきたすことがあります。M&Aによって他社と統合することで、資金面でのリスクを回避することができます。

2. 長期的な視野の拡大:博物館や美術館は、常に収集品や展示物の購入や更新、施設の改修など長期的な視野が必要です。M&Aによって、より大きな企業グループの一員となることで、資源や規模の拡大を実現し、長期的な視野を広げることができます。

3. 業界のトレンドに合わせた変革の実現:博物館や美術館の分野での競争は激化し、新しい展示やテクノロジーの導入など、業界のトレンドに合わせた変革が必要になっています。M&Aによって、専門性の高い企業と統合することで、業界のトレンドに合わせた変革を実現することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】運動用具製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】長野県長野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】北海道清水町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】東京都調布市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】ゴム引布・同製品製造業の企業が清算・廃業・倒…
  6. 【2024年最新版】機械設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】三重県名張市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】千葉県八千代市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP