【2024年最新版】半導体メモリメディア製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

半導体メモリメディア製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、半導体メモリメディア製造業は急激な市場変化に直面しており、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。

まず、2020年には台湾のDRAMメーカー、美商美光科技(Micron)が、中国の国有企業による知的財産侵害を訴え、中国当局が同社の設備を差し押さえする事態が発生しました。この影響で、Micronは生産ラインの移転を余儀なくされ、生産量の減少が懸念されています。

また、同じく台湾のDRAMメーカーであるNanya Technologyも、中国のサムスンやSK Hynixなど韓国企業の主張に基づく裁定で、特許侵害を認定され、訴訟費用や補償金の支払いによって財務状況が悪化しています。

さらに、韓国のSK Hynixは、2019年に中国の半導体メーカー、紫光集団(Tsinghua Unigroup)と資本提携を結び、DRAMの生産ラインを買収する予定でしたが、中国当局の反対によって断念せざるを得なくなりました。

一方、日本の半導体メーカーである東芝メモリは、2018年に株式売却での資本繰りによって財務再建を図りましたが、その後も収益性の低下やコロナ禍での業績悪化によって苦戦を強いられています。

以上のように、半導体メモリメディア製造業においては、市場変化や知的財産侵害、資本繰りなどによって多くの企業が影響を受けています。今後も、競争の激化や技術革新などによって、業界が大きく変化することが予想されます。

半導体メモリメディア製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の評価:清算する際には、企業の資産を正確に評価することが重要です。特に、半導体メモリメディア製造業には高価な設備や技術が必要であるため、正確な評価額を算出することが必要です。

2. 債務整理:清算時には、企業が抱える債務を整理する必要があります。債務整理を行わないと、清算手続きが大幅に遅れる可能性があります。

3. 税務処理:清算時には、企業が納めなければならない税金が発生することもあります。この場合、税務処理を正確に行うことが必要です。特に、海外に進出している企業の場合は、複雑な税制に対応する必要があります。

半導体メモリメディア製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染対策の確認: 半導体メモリメディアの製造には多くの化学物質が使用されます。企業は、製造工場や廃棄物処理施設などの環境に対して責任を負います。廃業する前に、法律で定められた環境汚染対策に従って施設の処分を行う必要があります。

2. 労働者の権利確保: 廃業する企業は、従業員の権利を確保しなければなりません。従業員は、企業が提供する福利厚生や年金などの手当を受けられるようになっています。企業は、労働権法に従って、従業員の権利を守ることが求められます。

3. 資源の再利用: 半導体メモリメディアの製造には多くの資源が必要です。廃業する企業は、資源の再利用について考える必要があります。廃棄物処理施設や製造機器などの再利用が可能な場合は、責任を持って資源の再利用を行うことが望まれます。

半導体メモリメディア製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的な手続きを遵守することが重要です。例えば、労働者の権利を保護するために、適切な解雇通知を発行する必要があります。また、知的財産権の保護、税務上の問題および契約上の義務にも留意する必要があります。

2. 顧客およびサプライヤーとの良好な関係を維持することが重要です。企業が畳まれる場合、これらの関係が長期的に損害を受けることがあります。製造業の企業は、高度に依存的な生態系であり、サプライチェーンの安定性が長期的な成功に欠かせないためです。

3. 計画的な畳み方が大切です。畳む必要がある多くの理由により、突然的に企業を畳まざるを得ない場合でも、営業活動や人員管理に関する計画的なアプローチを取ることが重要です。社員や社外の関係者に対して丁寧な説明をし、彼らができるだけ円満に移行できるように努めることが望ましいでしょう。

半導体メモリメディア製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競合力の向上:半導体メモリメディア製造業は高い競争性がある市場で、常に技術や生産力の向上が求められています。M&Aにより、市場で競合する他社と合併・買収することで、技術や生産力を補完し、更なる競争力の向上が期待できます。

2. 事業の多様化:半導体メモリメディア製造業は、市場の変化や需要の推移によって、事業戦略の見直しが必要となります。M&Aにより、他分野の優れた企業と統合することで、既存事業の強化と新たな事業の展開が可能となります。

3. 資本政策の改善:半導体メモリメディア製造業は、研究開発や設備投資が必要な産業であり、資金調達が課題になります。M&Aにより、財務の改善や資本政策の改革を図り、リスク管理を強化することができます。また、M&Aによる業界内での統合により、経済的なメリットが生まれ、企業価値の向上も期待できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】栃木県那須烏山市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2023年最新版】利用運送業(集配利用運送業を除く)の企業が清…
  3. 【2024年最新版】香川県土庄町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】山梨県市川三郷町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】徳島県吉野川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】長野県軽井沢町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】袋物製造業(ハンドバッグを除く)の企業が清算…
  8. 【2024年最新版】山形県遊佐町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP