【2024年最新版】動物用医薬品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

動物用医薬品製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、動物用医薬品製造業は厳しい環境に直面しています。需要の変化、新しい競合企業の参入、法規制の強化により、多くの企業が倒産または廃業を余儀なくされています。

この業界では、製品ライフサイクルが短いため、開発から販売までの期間が短く、高い投資が必要になります。また、動物用医薬品は、販売数が少ないため、継続的に開発に取り組む必要があります。これに加えて、安全性や有効性を確保するために、厳格な承認プロセスが必要です。

こうした状況の下、多くの企業が倒産または廃業を余儀なくされています。一部の企業は、競合他社との大幅な価格競争により、利益を上げることができず、経営状況が悪化しています。また、法規制が強化され、取得する承認が難しくなったことから、製品ラインを縮小する企業もあります。

しかし、同業界には引き続き成長を続ける企業もあります。これらの企業は、製品開発に注力し、市場に適した製品を提供することで、競合に勝ち抜いています。また、積極的なマーケティング活動により、製品の需要を作り出すことも可能です。

これからも、動物用医薬品製造業は幅広い障壁に直面し続けるでしょう。競合他社との価格競争、新しい製品の開発、法規制の強化など、様々な課題が存在します。しかし、需要の高さや、愛犬家や愛猫家の増加など、市場には依然として大きな可能性があります。製品の品質を高め、市場に適した戦略を立てることで、成長を続ける企業が今後も出てくることでしょう。

動物用医薬品製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法律・規制の遵守に注意すること
動物用医薬品製造業においては、それを製造するために使用する化学物質や原料、製造工程など、多くの法律・規制に縛られています。そのため、企業が清算する際には、これらの法律・規制をきちんと遵守していたかどうかが非常に重要となります。違反行為があった場合、罰則や損害賠償などの負担が生じるため、清算前には再度法律・規制のチェックを行い、問題があった場合は解決するようにしましょう。

2. 負債の評価を正確に行うこと
動物用医薬品製造業は、製品によっては扱いが難しいものもあります。たとえば、長期にわたって使用する飼料添加物の場合、その影響が現れるまでに時間がかかるため、未払いの負債が未然に膨らんでいる可能性があります。このような問題がある場合、清算前には負債の評価を正確に行い、借入金や未払い債務などをきちんと整理しておくことが必要です。

3. 人材の再就職支援を考慮すること
動物用医薬品製造業は、高度な技術や知識が求められるため、その分野で働く人材は大変貴重です。企業が清算する場合には、従業員の再就職支援を考慮することが大切です。例えば、同業他社への紹介や、関連する業界への職業紹介を通じて、従業員の雇用を保障することが求められています。これによって、社員の不安定化を防止することができ、スムーズな清算を進めることができます。

動物用医薬品製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境に与える影響について、適切な手続きを行うことが必要です。廃棄物や化学物質の処理、土壌・地下水汚染などについて、環境規制に基づいた対応を行ってください。

2. 人的リソースの扱いについて、適切に対応することが必要です。従業員の解雇や再就職支援、退職金や社会保険の手続きなど、社員や関係者に対して適切な配慮を行ってください。

3. 業界関係者や地域住民、影響を受けるステークホルダーに対して、適切なコミュニケーションを行うことが必要です。廃業の理由や影響範囲、対策などを事前に周知し、問い合わせや懸念にも対応してください。

動物用医薬品製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 廃棄物の処理に注意する
動物用医薬品製造業の企業が会社を畳む際には、まず廃棄物の処理に注意する必要があります。動物用医薬品は、生物や病原菌などが混入しやすいため、処分方法については厳格な規制があります。会社を畳んでしまう前に、廃棄物を処理する方法をしっかりと確認しておくことが大切です。

2. 法律・規制の遵守に注意する
動物用医薬品製造業は、薬事法などの法律・規制によって厳しく管理されています。会社を畳む際には、これらの法律・規制に従い、処理や報告などを適切に行うことが求められます。法律に違反してしまうと、事業停止や罰則などのペナルティが課されてしまうことがあります。

3. 連絡先を残す
企業が畳まれる場合、従業員や取引先、地域住民などに影響を及ぼすことがあります。会社を畳む際には、事前に適切な連絡先を残しておくことが大切です。例えば、廃棄物処理業者や関係機関、地域住民などに対して、畳む前に事情説明を行い、適切な対応をとっておくことが望ましいです。また、従業員に対しても、雇用機会の再就職先を紹介するなど、十分なサポートを提供することが必要です。

動物用医薬品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

第一に、市場変化による業績不安定化があげられます。動物用医薬品市場は、需要に対する供給が増え、製造企業数も増加しているため競争が激化しています。さらに、動物福祉意識の高まりにより、より安全で効果的な製品が求められるようになっています。これに対応するため、新薬の研究開発や製品改良など、重要な投資が必要とされます。しかし、資本力不足や経営リソースの限界により、こうした投資について追いつくことができない企業が多く、業績不安定化に陥っています。

第二に、グローバルな規制強化による影響があります。動物用医薬品市場は、国内だけでなくグローバルに展開することが求められています。しかし、各国で行われる規制強化により、新しい製品やサービスを海外市場で展開することが難しくなる場合があります。特に、医薬品の安全性や品質について厳格な規制が行われることが多いため、グローバルな展開において厳しい審査や認証に合格しなければならないことが多いとされています。

第三に、M&Aによる業界の再編が進展していることも理由の一つです。競争が激化する中、業界の大企業や複合企業が市場シェアの拡大や製品開発を目的にM&Aを進めています。このような動向により、中小企業は生き残りをかけて買収や合併を検討しなければならない状況に迫られることが多く、M&Aは成功の鍵を握る可能性があるとされています。

以上、動物用医薬品製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由について説明しました。業績不安定化、グローバルな規制強化、業界再編など、多岐にわたる要因が重なっているため、経営判断には慎重さが必要とされるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大分県竹田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】北海道安平町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】熊本県菊陽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2023年最新版】北海道泊村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】家事サービス業(住込みでないもの)の企業が清…
  6. 【2024年最新版】石川県津幡町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】耐火物製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】大阪府松原市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP