【2024年最新版】動物園,植物園,水族館の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

動物園,植物園,水族館の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、動物園、植物園、水族館の廃業が相次いでいる。その原因は、入場者数の減少や維持費の高騰などが挙げられる。特に、コロナ禍による外出自粛や営業制限により経営状況が悪化した企業が多かった。

また、一部では動物虐待や問題行動が問題視され、環境保護団体や市民グループからの批判や訴訟なども起こっている。こうした社会的背景も影響して、廃業する企業が増えている。

ただし、中には逆に動物福祉に配慮した取り組みを行い、入場者数を伸ばしている企業も存在する。例えば、大型ショッピングモール内に展開する施設や、動物とのふれあいを重視した施設などが挙げられる。

総じて、動物園、植物園、水族館は経営が難しい業態であることがわかる。今後は、社会的な問題をクリアしつつ、新しいコンテンツやサービスの開発により、収益を確保する施策が求められることになるだろう。

動物園,植物園,水族館の企業が清算する際の注意点 3選

1. 原則として、清算手続きを開始する前に、関連する法律や規制について十分な調査を実施することが重要です。特に、企業が所有する動物や植物が保護対象である場合は、それらの管理や移送に関する法律にも十分に詳しくなる必要があります。

2. 清算手続きが進行する過程で、企業が持つ海外の動物園、植物園、水族館などに関する権利や契約についても忘れずに確認することが重要です。特に、海外にある施設の場合は、それらの国の法律や規制にも注目し、問題がある場合は国際法務専門家に相談することも考えられます。

3. 清算手続きが完了した後も、企業が保有している施設や権利にかかわる問題が生じることがあります。例えば、動物や植物の移送や販売に関する訴訟が発生する場合などです。このような場合には、企業が責任を持って問題を解決できるよう、適切な従業員や法律顧問を任命しておくことが重要です。

動物園,植物園,水族館の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法律的手続きを遵守すること
廃業する企業は、法律的手続きを遵守する必要があります。例えば、労働法や税法によって定められた手続きを遵守しなければなりません。また、土地や建物を所有していた場合は、所有権の移転や解約手続きを行わなければなりません。

2. 顧客やスタッフへの対応に注意すること
廃業する企業は、顧客やスタッフへの対応にも注意しなければなりません。顧客には、事前に廃業の告知や返金などの対応が必要です。スタッフには、解雇や退職手続きなどが必要です。

3. 資産や設備の処分について慎重に考えること
廃業する企業は、資産や設備の処分についても慎重に考える必要があります。販売や譲渡、廃棄など、適切な方法を選択しなければなりません。また、処分方法によっては、環境に対する影響もあるため、環境法にも配慮しなければなりません。

動物園,植物園,水族館の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 借入金の清算
動物園、植物園、水族館の企業が会社を畳む際には、借入金の清算が必要です。これは、銀行などから借り入れたお金が残っている場合に行われる手続きです。清算を怠ると、債権者から返済を求められたり、訴訟にまで発展してしまうことがあります。

2. 動植物の引き渡し
動物園、植物園、水族館の企業が会社を畳む際には、保護する対象となる動植物の引き渡し方法にも注意が必要です。特に、希少種や特別天然記念物に指定されているものは、他の施設で引き継がれるまでの期間、適切に保護が必要になります。

3. スタッフの処分
動物園、植物園、水族館の企業が会社を畳む際には、従業員の処分にも注意が必要です。退職金の支払いや労働者の保護に関する法律に則って、スタッフの処分を行う必要があります。特に、長期間勤務しているベテランスタッフなどに対しては、適切な処遇を行うことが大切です。

動物園,植物園,水族館の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 財務的な安定性を確保するため
動物園、植物園、水族館は、大きな施設を所有しているため、運営には多くの人材や資金が必要です。また、季節的な需要の変化や、天候や自然災害などの影響を受けやすいため、経営は不安定な状況になりがちです。こうしたリスクを回避するために、M&Aによる会社の売却によって、財務的な安定性を確保することができます。

2. 事業拡大と強化
M&Aによる会社の売却は、他の企業との統合により、事業拡大や強化が可能になります。同じ業界の企業を買収することで、競合他社よりも優位な市場シェアを獲得することができます。また、買収先企業の技術やノウハウを取り入れることで、自社の製品やサービスの品質や付加価値を高めることができます。

3. 効率的な経営
M&Aによる会社の売却は、経営の効率化や省力化につながります。買収先企業との統合により、重複する業務や機能を改善することができます。また、経営資源の集約により、生産性や効率性を高めることができます。こうした効果により、コスト削減や業務改善を行うことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】料理品小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】共済事業媒介代理業・少額短期保険代理業の企業…
  3. 【2024年最新版】滋賀県愛荘町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】高知県奈半利町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】岡山県笠岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】埼玉県上里町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】保険料率算出団体の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】栃木県高根沢町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP