【2024年最新版】動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、動植物油脂製造業においては、大手メーカーが市場を席巻している一方で、中小企業の倒産・廃業が相次いでいる。

主な理由としては、原材料価格の高騰やエネルギーコストの増加、需要の減少などが挙げられる。また、近年では健康志向や環境問題の認識の高まりから、植物性油脂へのシフトが進んでおり、動物性油脂の需要が低迷していることも影響している。

こうした状況下で、中小企業の多くが経営環境の厳しさに苦しみ、倒産や廃業に至っている。例えば、化粧品メーカーの原料として数多く使用されるホホバ油を製造していたA社は、原料の入手先であるメキシコ政府による輸出禁止措置や需要減少により経営状態が悪化し、倒産した。

また、中小企業であるB社は、独自の製法で作られる高品質のオリーブオイルを販売していたが、原料の調達が困難になったことに加え、大手メーカーに対抗する販路拡大ができなかったこともあり、廃業する結果となった。

中小企業が経営環境の変化に対応するためには、市場のニーズに合わせた製品開発や、原材料の調達先の多角化、商品の差別化などが必要となる。しかし、これらには多大なリソースが必要であり、中小企業にとってはハードルが高いと言わざるを得ない。

今後も市場環境は大きく変化すると考えられるため、中小企業が生き残るためには、迅速な対応が求められる。具体的には、市場のニーズを把握し、環境変化に柔軟に対応することが必要である。また、地域密着型のマーケティングや、商品の新たな付加価値を見出す取り組みも重要である。

動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産処分に関する法的な手続きが必要
動植物油脂製造業の企業が清算する際には、まず資産の処分に関する法的な手続きが必要です。この際、法的手続きが不十分だと、清算後に紛争が生じることがあります。例えば、ある企業が清算のために自社の土地を売却した場合、土地の権利関係が明確でなかったり、債務や未払いの税金があった場合、清算後に国や地方自治体とのトラブルが発生する可能性があります。そのため、資産の処分にあたっては、専門家のアドバイスや弁護士の協力を得ることが望まれます。

2. 債務整理の注意点
清算する際には、債務整理も不可欠な手続きです。債務整理の手続きには、取立てや差し押さえ、強制執行などの処分を回避するために、事前に法的な手続きを行うことが必要です。企業が債務整理をしなかった場合、負債の追及や差し押さえ、強制執行が行われる可能性があるため注意が必要です。また、債権者との交渉などは、経験豊富な専門家の協力を得ることが望まれます。

3. 残務処理のチェックポイント
清算後に残務が残る場合があります。例えば、法的手続きが完了していない負債、未払いの賃金、未納の税金、未処理の廃棄物などがそれにあたります。残務に関しては確認が必要ですが、清算手続きに詳細な情報を公開できない場合もあるため、十分な注意を払う必要があります。残務処理には企業の社員や社外の担当者が携わることがあり、この点も注意が必要です。

動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

動植物油脂製造業において、企業が廃業する際には以下の3つの注意点がある。

1.環境汚染防止措置の確認

廃業にあたっては、企業が使用していた施設や設備によっては、廃棄物や有害物質が周辺環境に影響を及ぼす可能性がある。そのため、廃業時には、環境汚染防止措置を十分に講じる必要がある。具体的には、廃棄物の適切な処理、設備や施設の解体、地下水や表土の調査などが挙げられる。

2.法律・規制遵守の確認

動植物油脂製造業においては、廃棄物処理法や大気汚染防止法などの環境関連法規に加え、労働安全衛生法や産業廃棄物処理法などの法律・規制にも従う必要がある。廃業時には、これらの法律・規制に基づく手続きや書類の提出などが必要になるため、事前に確認しておくことが重要である。

3.社員や関係者への対応

廃業によって、企業に関わった社員や関係者にとって大きな影響が生じることがある。そのため、廃業時には、十分な配慮が必要である。具体的には、社員の再就職支援や退職金の支払い、取引先との調整などが挙げられる。

以上、動植物油脂製造業の企業が廃業する際には、環境汚染防止措置の確認、法律・規制遵守の確認、社員や関係者への対応などが必要である。廃業前にこれらを十分に対応しておくことで、スムーズな廃業が実現できる。

動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 知的財産の扱いに注意すること:特許や商標、デザインなどの知的財産権は、社名や商品ブランドを含め、企業が持つ最も重要な資産の一つです。会社を畳む際には、これらの権利を正当なプロセスで適切に移管する必要があります。

2. 取引先や従業員とのコミュニケーションの確保:会社を畳む際には、取引先や従業員への対応が重要です。取引先への製品返却や支払いの処理、従業員への退職金や未払い賃金の支払いなど、問題が残らないよう適切なコミュニケーションを取ることが必要です。

3. 法的手続きの完了:会社を畳む際には、税務関連の手続きや法的手続きの完了が重要です。会社法や税法などの規制に準拠し、事業譲渡や清算手続きを正常に進めることが必要です。

動植物油脂製造業(食用油脂加工業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争の激化
近年、動植物油脂製造業においては、国内外を問わず競争が激化しています。特に中国や東南アジア諸国からの安価な輸入品による価格競争が激しく、優位な市場シェアを確保するためには業界再編が必要となってきます。また、大手企業の買収によって規模拡大や技術力の強化を図ることも可能となります。

2. 資金調達の必要性
動植物油脂製造業は、生産・販売において多額の資金が必要となることがあります。しかし、借入金利の上昇や資金調達の困難さなど、資金面でのリスクが増加しています。M&Aによって、企業価値の向上や資金調達の効率化を図ることができます。

3. 新規事業の開拓
動植物油脂製造業においては、日常生活に欠かせない製品である食用油脂の需要が中心ですが、他の多様な事業展開も求められています。例えば、バイオ燃料、コスメティック原料、医薬品原料など、新しい市場への進出が必要な場合があります。M&Aによって、事業の多角化を図ることができます。

以上のように、業界競争の激化や資金調達の必要性、新規事業の開拓など、M&Aによって解決できる課題が存在します。ただし、適切な企業との提携を行わないと、経営資源の無駄使いや新たな問題を引き起こすことがあります。慎重な検討が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】新潟県見附市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】北海道新得町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】カラオケボックス業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2024年最新版】楽団,舞踏団の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】精密測定器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  6. 【2024年最新版】岐阜県山県市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】千葉県八街市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】音響部品・磁気ヘッド・小形モータ製造業の企業…
PAGE TOP