【2023年最新版】冷蔵倉庫業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

冷蔵倉庫業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年の冷蔵倉庫業界は、競争が激化し、経営環境の変化に対応するためには大きな投資が必要となっていることから、業界再編が進むなか、倒産・廃業する企業も出てきています。

2021年には、関西地方を中心に事業を展開していた冷蔵倉庫業の企業が倒産し、社員約100人が失業するという事態が発生しました。その他、北海道を中心に展開していた冷蔵倉庫業の企業も経営環境の悪化により、倒産するなどの事例も見られました。

また、廃業した企業についても、食品業界において厳しい監視・規制が行われるようになり、冷蔵倉庫業界でも品質管理に対する意識の高まりが求められるなか、古い施設の更新や新設が必要になるため、経営に厳しい状況が続いた一部の企業が廃業する例がありました。

しかしながら、冷蔵倉庫業界は、新たな需要の拡大が見込まれており、国内の生鮮食品消費が増加するなか、海外からの輸入品の品質確保や倉庫管理に対する需要が拡大していることから、今後も業界再編が進むなか、経営環境の悪化による倒産・廃業する企業や新規参入する企業が出てくることが予想されます。

冷蔵倉庫業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財務状況の詳細な把握:清算するにあたり、企業の財務状況を詳細に把握することが必要です。特に、未払いの債務や融資残高、事業資産の評価額などを正確に把握することが重要です。

2. 問題解決の優先順位を設定:清算する際には、どの債権者に対してどの債務を優先的に支払うかといった問題解決の優先順位を設定する必要があります。また、特定の債権者に対して優遇的な条件を与えることがないよう注意する必要があります。

3. 法的手続きの遵守:清算には多くの法的手続きが必要です。例えば、破産手続きや民事再生手続きなどが含まれます。企業は、これらの手続きを遵守することで、クレジットリスクや法的責任を避けることができます。

冷蔵倉庫業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的な手続きの完了
冷蔵倉庫業を廃業する際には、法的手続きを完了する必要があります。具体的には、税務署への届出、各種契約の解除、業務用車両の登録解除などが挙げられます。これらの手続きが完了しないと、後々まで問題が発生することになります。

2. 顧客や取引先への連絡
冷蔵倉庫業を営んでいる場合、顧客や取引先との信頼関係が重要です。そのため、廃業することが決定した場合には、できるだけ早く顧客や取引先に連絡をすることが大切です。その際、一定期間は業務を続ける予定である旨を伝え、取引の移管に関する相談を進めましょう。

3. 財産の処分
冷蔵倉庫業を営んでいる企業は、倉庫施設や業務用車両を所有しています。これらの財産を処分する際には、まずは市場価格を調べ、その上で売却するか廃棄するかを判断しましょう。また、これらの処分に関しては、法的手続きを踏まなければならないことがありますので、事前に調べておくことが大切です。

以上、冷蔵倉庫業の企業が廃業する際の注意点について説明しました。冷蔵倉庫業の企業であれば、これらの注意点をしっかりと把握して、スムーズな廃業を進めるようにしましょう。

冷蔵倉庫業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

冷蔵倉庫業界は、食品という消費期限がある商品を取り扱っているため、業界独自のルールや規制があります。特に、会社を畳む際には以下の注意点を押さえておくことが重要です。

1.食品の廃棄処分

食品を扱っているため、会社を畳む際には大量の食品が廃棄されることになります。廃棄処分には時間と費用がかかりますが、食品を適切に処分しなければ、不衛生状態や環境汚染などの問題が発生するため、必ず行う必要があります。

2.法的問題

会社を畳む際には、労働法や法人税法など様々な法的問題が発生します。特に、社員の人件費や退職金、税金などを円滑に処理することが必要です。法的な問題に対応するためには、専門家や弁護士の意見を聞くことが重要です。

3.人的関係

会社を畳む際には、社員や取引先との人的関係をどのようにして解決するかが問題となります。特に、取引先との契約や顧客との信頼関係などに大きな影響を与えるため、時間をかけて話し合いを行うことが必要です。

冷蔵倉庫業界には、多くの企業が存在しますが、ここでは具体的な企業名を挙げることはできません。ただし、業界特有のルールや規制を遵守し、適切に会社を畳むためには、専門家のアドバイスを受けたり、過去の事例を研究したりすることが重要です。

冷蔵倉庫業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争の激化による収益性の低下: 冷蔵倉庫業は需要の割に供給が過剰傾向にあるため、市場競争が激化し収益性が低下する場合があります。このような状況で、業界トップクラスの企業がM&Aを行い、経営資源の統合や業務効率化を図ることで収益性を改善することができます。

2. 技術革新への投資の必要性: 冷蔵倉庫業界では、商品の品質保持や衛生管理の観点からさまざまな技術革新が進んでいます。しかし、これらの投資には膨大な資金と時間が必要となります。M&Aによって、技術開発に強みを持つ企業と統合することで、自社の技術力を強化し、市場競争力を高めることができます。

3. 世界的な規模の圧倒的拡大に対応: 冷蔵倉庫業界は、グローバル市場で急速に拡大しています。また、最近では、一部の国々での気候変動により、冷蔵倉庫業界に対する需要が高まっています。これに対応するには、海外進出や買収による市場拡大が必要です。M&Aによって、既存の拠点の強化や新規事業の立ち上げなど、グローバル市場でのさらなる成長に向けた戦略を加速することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】青森県六戸町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】高知県梼原町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】岩手県軽米町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】山梨県甲斐市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】鏡縁・額縁製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  6. 【2024年最新版】栃木県宇都宮市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】大阪府茨木市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】衣料衛生関連機器製造業の企業が清算・廃業・倒…
PAGE TOP