【2024年最新版】亜鉛第次製錬・精製業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

亜鉛第次製錬・精製業の企業の倒産・廃業状況まとめ

最近、亜鉛第次製錬・精製業界では、業績不振や原材料価格の上昇などの影響で、幾つかの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。このような企業は、業界内で競争力を有していたとされる一部の企業も含まれています。

亜鉛第次製錬・精製業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 環境汚染の問題
亜鉛の製錬・精製業は多くの場合、大量の化学物質や排水物を発生させます。これらが環境に与える悪影響は深刻であり、法的規制によって厳しく制限されています。企業はクローズドループ方式や最新の環境対策技術の導入に取り組むことで、環境負荷を減らす必要があります。ただし、これらの対策は大きな費用を要するため、清算時には適切な環境対策費用を見積もる必要があります。

2. 従業員の問題
亜鉛製錬・精製業は、従業員が重機や有害な物質と接触する場面が多くあります。また、作業環境が厳しい場合があり、事故や健康被害のリスクが存在します。企業はこれらのリスクを軽減するための安全対策や従業員の健康管理に十分な費用を投入する必要があります。清算時には、十分な退職金や労災補償金を見積もる必要があります。

3. 市場環境の問題
亜鉛の需要と供給は世界的に大きな変動があります。中国などの新興国の需要が急速に伸びる一方で、原材料の値上がりや環境規制などにより、製錬・精製業の業績に影響を与えることがあります。これらの要因により、未来の業績を予測することは困難であり、清算時には現在の市場環境に基づいた正確な評価が必要となります。

亜鉛第次製錬・精製業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染対策の徹底
亜鉛第次製錬・精製業は、環境に悪影響を与える可能性が高い産業であります。そのため、廃業する際には、環境汚染対策を徹底することが求められます。特に、排出される廃液や廃棄物の処理については、十分な対策を講じることが必要です。

2. 社会的責任の遵守
企業は、社会的責任を遵守することが求められます。廃業する場合にも、従業員や地域社会、関係者に対して適切な対応を行うことが大切です。また、負債などの処理についても、適法・公正な方法で解決するように努める必要があります。

3. 閉鎖計画の策定
廃業する際には、閉鎖計画を策定することが求められます。具体的には、従業員の雇用継続や再就職支援、建物や設備の撤去・解体、土壌汚染の処理などを含めた計画を策定し、関係者に公表する必要があります。

亜鉛第次製錬・精製業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境規制に対する注意:

亜鉛第次製錬・精製業は、大量の有害物質を排出するため、環境の保護について非常に重要です。企業が会社を畳む際は、自己処理能力や自己監視能力を検討する必要があります。また、法律で決められた環境規制に対する遵守も重要です。社員の訓練、リサイクル施設の整備、排出物質の処理法の研究などを行い、環境規制に適合していることを保証する必要があります。

2. 資産処分に対する注意:

亜鉛第次製錬・精製業は、巨大な設備や機械、リサイクル技術が必要とされるため、巨額な投資が必要です。企業が会社を畳む際は、不動産や設備、特許権、商標権そしてその他の資産に対する処分の方法を考慮する必要があります。時には、競合他社に対する譲渡または買収が最善の方法になる場合もあるでしょう。

3. 退職者対策に対する注意:

亜鉛第次製錬・精製業で働く社員の中には、長期にわたって働いている人も多くいます。企業が会社を畳む場合、その社員や従業員たちの退職者対策に対する注意が必要です。適切な退職金や補償、再就職支援の提供など、様々な支援措置を用意する必要があるでしょう。また、将来の健康診断や就職支援なども必要に応じて行うことが望ましいでしょう。

亜鉛第次製錬・精製業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 生産コストの増加:亜鉛第次製錬・精製業は、素材の高価格化や製造プロセスの改善による投資費用の増加など、生産コストが高くなる傾向があります。そのため、M&Aによる資本力の強化が必要となります。

2. 売上低迷のリスク:亜鉛市場は時代の流れにより変動するため、市場規模や需要量が急激に低下するリスクがあります。それに伴い、売上が低迷する可能性もあるため、M&Aによる事業の多角化やグローバル展開が必要となります。

3. 競合激化の影響:亜鉛第次製錬・精製業には競合激化の影響があります。競合他社との価格競争や技術競争によって利益が低下する可能性があります。このような場合、M&Aにより競合他社とのシナジー効果を生むことで利益を確保することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福岡県上毛町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】居住支援事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】茨城県日立市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】福島県会津若松市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】佐賀県神埼市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】特別管理産業廃棄物処分業の企業が清算・廃業・…
  7. 【2024年最新版】埼玉県三郷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】山梨県市川三郷町の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP