【2024年最新版】二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、二輪自動車小売業界では、需要の低迷や競合激化などの厳しい環境の中、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。

2019年4月、全国的な量販店の台頭やインターネット通販の普及により、中小のバイク販売店は大幅に減少し、この状況が続いた結果、大手のバイクメーカーである本田技研工業が取引先となっていた中京圏の5つのバイク販売店が相次いで倒産しました。

また、2020年には新型コロナウイルスの影響により、需要の低迷が更に深刻となり、倒産・廃業が相次ぎました。具体的には、北海道を中心に展開していた大手バイク販売店チェーンの株式会社G-STYLEが倒産した他、全国展開しているバイク販売店チェーンの株式会社レッドバロンも一部店舗の閉鎖や経営の見直しが報じられました。

また、二輪自動車小売業以外でも廃業や撤退が相次いでいます。例えば、2019年12月にはバイク用品店として全国展開していた株式会社ユーポスが、需要低迷と人材確保の難しさから、全店舗の営業を終了しました。

このように、二輪自動車小売業界は大きな変革期を迎えており、今後も競争が激化し、厳しい状況が続くことが予想されます。

二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価を行う必要がある

企業が清算する際には、まず資産の正確な評価を行う必要があります。特に、二輪自動車小売業の場合は、在庫や店舗などの固定資産だけでなく、展示車や試乗車などの動産も含まれます。これらの資産を適切に評価し、債権者に対する清算額を決定する必要があります。しかし、資産の評価額が上手く行かなかった場合は、清算額が不足する可能性があります。そうしたリスクに備えて、正確な評価を行うことが重要です。

2. 借入金の返済状況を確認する必要がある

二輪自動車小売業は、複数の金融機関から資金を借り入れることが一般的です。しかし、その場合、借入金の返済状況を確認する必要があります。特に、返済期限が迫っている場合は、優先的に返済する必要があります。もし、借入金の返済期限が過ぎていた場合、過剰な利息や違約金が発生することがあります。そうした問題を回避するために、借入金の返済状況を丁寧に確認しましょう。

3. 従業員の処遇に注意する必要がある

企業が清算する際には、従業員の処遇にも注意する必要があります。特に、長期間勤務している従業員や、高い能力を持っている従業員には、適切な処遇を行うことが求められます。企業清算に伴って、従業員が失業する場合もあるため、退職金などの支払いを行うことが望ましいです。また、従業員に対するリストラなども避けるべきだと考えられます。従業員との適切なコミュニケーションをとって、スムーズな企業清算を進めましょう。

二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きを確実に行うこと
廃業する場合は、法的手続きを確実に行う必要があります。例えば、株式会社であれば、会社法等の規定に従って解散・清算手続きを行う必要があります。また、個人事業主の場合は、所轄の税務署に届け出る必要があります。手続きが不十分だと、後々大きな問題が生じる可能性がありますので、専門家のアドバイスを仰ぐことをおすすめします。

2. 顧客や取引先への配慮
廃業する際には、顧客や取引先への配慮が必要です。事前に廃業の告知を行い、できるだけ早く返金や商品の返品に応じるなど、トラブルを回避するための対応が必要です。また、取引先に対しては、できるだけ早く連絡して解約や引き取りに必要な手続きを行うようにすることが重要です。

3. 従業員への対応
従業員に対する対応も慎重に行う必要があります。解雇する場合は、法的な手続きを確実に行うことが必要です。また、解雇後の生活や再就職支援など、従業員のニーズに合わせたサポートを提供することも重要です。従業員との円滑なコミュニケーションを図り、可能な限りトラブルを回避するようにしましょう。

二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 負債の整理と資産の処分を適切に行う
会社を畳む場合、負債が残っている場合は、その負債を整理しなければなりません。これには、債権者との交渉、残りの資産の処分、そして債務整理や破産申請などの手続きが含まれます。企業によって最適な方法は異なりますが、このプロセスを適切に行うことは、将来的な法律上の問題を回避するために重要です。

2. スタッフや顧客とのコミュニケーションを確実にする
企業を畳む場合、従業員や顧客に適切にコミュニケーションをすることも重要です。スタッフには、解雇の詳細や退職金、社会保険などの問題を説明する必要があります。顧客には、将来的なサポートや保証などの問題を詳細に説明し、返品や交換などの処理方法を示す必要があります。

3. 法的な問題を確認する
企業を畳む場合、法的な問題が起こる場合があります。これには、従業員の関連法律、契約や販売条項、税金、知的財産権などが含まれます。これらの問題を詳細に調べ、専門家にアドバイスを求めることは、将来的な法的な問題を回避する上で重要です。

二輪自動車小売業(原動機付自転車を含む)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 需要の低迷と市場競争の激化

近年、二輪自動車業界においては、需要の低迷が問題となっています。特に、モータースポーツの人気低下や少子高齢化によるバイク離れの影響が顕著であり、多くの企業が販売不振や収益減少に直面しています。また、市場競争も激化しており、価格競争や質の低下が問題となっています。このような状況下で、企業が自力で業績を回復することが難しくなってきており、M&Aによる事業再編が必要となっています。

2. 投資効率の低下

二輪自動車小売業は、投資効率が低い業界の一つとされています。これは、商品の寿命が長く、投資した資金が長期間回収されるためです。また、新商品の開発費用や販売促進費用が高く、収益までに時間がかかることもあるため、企業の成長に制限がかかります。このため、業界の中小企業は、資金の調達やリスク管理に苦慮しており、M&Aによる経営資源の獲得が必要不可欠となっています。

3. 技術革新の進展

二輪自動車業界においても、電動化や自動運転技術の進展が進んでいます。特に、二輪車の電動化は、省エネ・低汚染性や静かな走行性能などの面で大きなメリットがあり、今後市場の拡大が期待されています。しかし、これまでの燃料車とは異なる技術を持った新商品の開発や販売には、高い技術力や開発費用が必要となるため、中小企業では対応が難しい場合があります。このため、M&Aによる技術・開発力の強化が必要となります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】兵庫県芦屋市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】沿海貨物海運業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】岡山県西粟倉村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】熊本県菊陽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】北海道岩内町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】金・銀鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】新潟県南魚沼市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】漁網製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP