【2024年最新版】乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、国内の乳製品製造業界は厳しい業況に直面している。不況の影響や牛乳価格の上昇などがその原因である。そのため、乳製品製造業界でも倒産や廃業の例が相次いでいる。

2019年には、乳業会社の大手企業である「○○乳業株式会社」が、財務的に厳しい状況に陥り、破綻した。同社は、ブランド力や製品の品質に定評があったが、販売価格が競合他社に比べ高価格であったことが原因だった。

また、前年には、地方に拠点を置く中堅の乳製品メーカーである「××乳品株式会社」が、同じく財務的な事情から倒産した。同社は、地域密着型の販売戦略をとっていたが、経費がかさんだことが原因とされる。

さらに、2020年には、長年乳製品の製造・販売を手がけていた「△△乳業株式会社」が突然、廃業に追い込まれた。同社は、業界内でも老舗の存在だったが、新型コロナウイルスの影響などが重なり、事業継続が困難になったとされる。

乳製品製造業界は、競合激化や牛乳価格の上昇など、様々な課題に直面している。多くの企業が業績改善に取り組んでいるが、未だ解決しきれていない状況が続いているため、今後も倒産や廃業のリスクはあると言える。

乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 処理牛乳や乳飲料の買い取り業者との契約

乳製品製造業者が清算する際には、処理牛乳や乳飲料などを買い取っている業者との契約内容に注目する必要があります。例えば、業者が処理牛乳を買い取っていた場合、その契約内容によっては清算に影響が出る可能性があります。契約には解約料や残業料が設定されている場合もあるため、事前に確認しておくことが重要です。また、契約書に違反した場合には違約金や損害賠償が発生する可能性があるため、契約書の細かい点まで精査する必要があります。

2. 債務者との債務整理交渉

債務整理交渉は、債務者が負債を整理するために行う手続きのことであり、企業清算においても重要なポイントです。乳製品製造業者が清算する際には、債務者との交渉が不可欠となります。債務者との交渉においては、事業継続手続きや特別清算手続きなどの選択肢があり、その選択肢によって債務者の利害関係が異なるため、戦略的な交渉が必要となります。

3. 資産の処分手続き

清算手続きにおいて、未払い債権や有価証券などの資産の処分が必要です。しかし、資産を処分するには、資産の種類や性質によって手続きが異なります。例えば、土地や建物を所有している場合には、不動産業者との交渉が必要となり、手数料や税金などの費用を負担しなければなりません。また、株式や債券を保有している場合には、証券会社とのやりとりが必要となるため、事前に手続きを確認しておくことが重要です。

乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業前に従業員に対して、適切な解雇通知とその理由を伝えることが重要です。特に長期雇用者に対しては、適切な補償や他の職業などの支援を提供することが求められます。

2. 廃業に伴って、製品や設備などの資産を処分する必要があります。この際には、法的な手続きを確実に行い、関連する規制や法律に適合するように注意する必要があります。

3. 廃業後にも、適切な文書管理を行うことが重要です。特に、税務や法務、労務などの関連する問題に対応するため、必要な書類を保存しておくことが大切です。また、顧客や取引先などへの連絡なども適切に行い、社会的責任を果たすことが求められます。

乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的な手続きを正確に行うことが重要です。会社を畳むには、法的な手続きを正確に行う必要があります。例えば、社員の解雇手続きが必要な場合は、労働法に基づいた手続きを行う必要があります。また、税務署に事業廃止の届け出をする必要があります。これらの手続きを正確に行わないと、後日、様々なトラブルが起きる可能性があります。

2. 資産や債務の処理に注意することが大切です。会社を畳む際には、資産や債務の処理に注意する必要があります。例えば、流通在庫や固定資産、債権債務の処理を適切に行わないと、後日トラブルが発生する可能性があります。また、クレームが残っている場合には、これを適切に処理する必要があります。

3. 従業員への対応を丁寧に行うことが重要です。会社を畳む際には、従業員への対応を丁寧に行うことが重要です。退職金や手当などをきちんと支払い、従業員への影響を最小限に抑えるように心掛けましょう。また、従業員にはなるべく早く畳むことを伝えるようにし、不安を解消するための手続きを行うことが大切です。

以上、乳製品製造業における会社畳む際の注意点3選です。会社を畳む際には、法的な手続きや資産処理、従業員への対応など、様々なポイントに注意する必要があります。適切な手続きを行い、トラブルの発生を防止するように心掛けましょう。

乳製品製造業(処理牛乳,乳飲料を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競合他社の台頭:市場には新しい競合他社が参入し始めているため、会社は戦略的な決定を下さなければならなくなるかもしれません。M&Aを通じて、会社は自身の強みと競合他社の強みを組み合わせることができます。
2. 財務的問題:財務的な問題がある場合、会社はM&Aを通じて債務を減らしたり、キャッシュフローを改善したりすることができます。また、M&Aは企業価格を上げることができます。
3. 事業の拡大:新しい市場に進出するために、M&Aが必要な場合があります。新しい市場に参入するためには、既存のビジネスに追加するような戦略的アセットを持っている他の企業を買収する必要があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】大分県佐伯市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】北海道妹背牛町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】長崎県長与町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】福岡県中間市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】北海道新冠町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】証券金融業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】金属製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】北海道紗那村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP