【2024年最新版】一般病院の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

一般病院の企業の倒産・廃業状況まとめ

過去5年間、一般病院企業の倒産・廃業状況をまとめたデータを見ると、全国に散在する大小様々な病院が影響を受けていることが分かる。

特に、都市部においては人口減少や高齢化による診療需要の低下、医療費の抑制などが重なり、経営が悪化する病院が目立っている。

また、地方においては医師不足や医療機器の老朽化などにより、設備投資や人材確保が難航している病院も多い。

こうした状況に直面する中、倒産や廃業に至った企業にはさまざまな背景があるが、共通して言えるのは資金繰りや債務超過などの経営課題が大きな要因であったことである。

ただし、病院業界全体としては、国の医療政策の改革や医療機器の進歩などにより、新たなビジネスチャンスも生まれており、成長する企業も少なくない。今後も業界の変化や課題に対応しながら、病院企業は存続と発展を目指していく必要がある。

一般病院の企業が清算する際の注意点 3選

1. 弁護士による法的手続の確認
清算に至るまでのプロセスに対する法的手続きに不備があると、清算の進行に支障が出ます。そのため、弁護士による法的手続の確認が必要です。

2. 適切な財務報告
清算時には、適切な財務報告が求められます。財務報告が不十分であると、裁判所から却下されてしまうこともあります。

3. 債権者とのしっかりとした交渉
清算時には、債権者との交渉が欠かせません。債権者との交渉に失敗すると、清算が終わらず、さらに低い金額で債権を売却することになってしまうこともあります。

一般病院の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に注意すること
病院の廃業によって、従業員が職を失うことになります。そのまま放置してしまうと、社会的な問題を引き起こすこともあるため、従業員の処遇に十分注意する必要があります。具体的には、他の病院への転職支援や、再就職支援を行うことが大切です。

2. 患者のケアに配慮すること
廃業する病院では、患者がいる場合も多いです。そのため、患者のケアに対しても十分な配慮が必要です。患者の引き継ぎ先を確認したうえで、適切な処置を行うことが大切です。

3. 法的な手続きを進めること
病院の廃業には、様々な法的な手続きが必要です。例えば、破産手続きや清算手続きなどがあります。これらの手続きを適切に進めることが、スムーズな廃業につながります。また、手続きが複雑である場合には、法務関連の専門家に相談することがおすすめです。

一般病院の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 社員への対応に留意すること
企業が畳むということは、多くの場合、社員も解雇されるということです。そのため、人員削減に伴う解雇について、事前に十分な説明や対応策の提示を行うことが重要です。

2. 債務整理を行うこと
畳む企業は、債務を抱えていることが多いです。そのため、債務整理や倒産回避のための手続きを進めることが必要です。この過程で、弁護士や会計士などの専門家を雇うことが賢明です。

3. 社会的責任を果たすこと
企業が畳むことで、従業員やベンダー、顧客など、多くの人に影響を与えることがあります。そのため、社会的責任を果たすことが求められます。例えば、従業員の再就職先の紹介や、ベンダーや顧客への債務返済などが挙げられます。

一般病院の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営の効率化や財務面の改善
一般病院を運営する企業は、医療業界の特殊性から競合が激しく、採算が厳しくなることがある。そこで、経営や財務面を改善するためには、M&Aで他社との統合や買収が有効な手段となる。例えば、将来の成長戦略や技術革新についても、M&Aを通じて新たな企業との提携や資金調達が可能となる。

2. 事業の拡大や多角化
一般病院の企業がM&Aで会社を売却する理由には、事業の拡大や多角化にもある。M&Aにより、競合他社を取り込んで市場シェアを拡大し、業績の向上を図ることができる。また、他業種との統合や事業の多角化によって、新たなビジネスチャンスを追求することができる。例えば、医療と介護などの複合サービスや、食品や住宅などの医療周辺サービスなどが挙げられる。

3. 経営資源の集中化や人材の獲得
一般病院を運営する企業が、M&Aで他社を買収する理由には、経営資源の集中化や人材の獲得もある。M&Aによって、経営資源を効率的に集中させることで、業務改善や品質向上につなげることができる。また、他社から優秀な人材を獲得することも可能となり、経営効率の向上や技術力・研究開発力の強化などに役立てることができる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】無線通信機械器具製造業の企業が清算・廃業・倒…
  2. 【2024年最新版】沖縄県北中城村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】板ガラス卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】岐阜県白川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】ろう石鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2023年最新版】洋紙製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】愛媛県四国中央市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】福島県古殿町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP