【2024年最新版】レコード制作業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

レコード制作業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、レコード制作業の企業の倒産・廃業状況は以下のようになっています。

– 2010年代以降、デジタル音楽配信が主流となったため、CDやレコードの需要が減少しており、多くの企業が厳しい業況にさらされています。
– 元々レコード制作業が主力ビジネスであった企業も、デジタル配信にシフトするなど、事業展開を模索しています。
– 一方で、アナログレコードブームが再来していることもあり、自主制作レーベルなどを中心に、新たな企業が生まれている状況です。

具体的には、以下のような企業が倒産・廃業しています。

– 大手の音楽出版社:CDやレコードの販売が低迷したため、事業多角化を進めたが、それでも厳しい業況に直面し、2020年に倒産した。
– レコード制作メーカー:創業以来、アナログレコードを中心に事業展開していたが、需要の減少や原材料の高騰などが重なり、2021年に廃業した。
– レコード会社:アナログレコードの需要が増えたこともあり、イベント用の音楽制作や自主制作レーベルなどを手掛けていたが、コロナ禍でイベントが中止となり、経営が悪化。2020年に倒産した。

しかし、同じレコード制作業でも、アーティストのファン層や音楽シーンに根ざした企業は、需要を掴みしめることに成功し、業績を伸ばしている状況です。

レコード制作業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 借入金の返済を最優先に考えること

レコード制作業の企業が清算する際には、借入金の返済が最優先に考えられるべきです。借入金を返済できないまま清算してしまうと、借入元や債権者から返済を求められたり、財産や資産を差し押さえられることがあります。そのため、少しでも借入金を返済できるように、業務縮小や販売促進などの方法を検討することが大切です。

2. 債務整理などの法的手続きを行うこと

レコード制作業の企業が清算する際は、債務整理や破産手続きなどの法的手続きを行うことも必要です。これらの手続きによって、借入金や債務を整理することが可能になります。また、法的手続きを行うことで、借入元や債権者との交渉もスムーズに進められるようになります。

3. 社員や関係者への対応に注意すること

レコード制作業の企業が清算する際には、社員や関係者への対応にも注意する必要があります。清算手続きで解雇される社員や、取引先などの関係者には、適切な対応を行う必要があります。また、清算手続きによって財産や資産が処分される場合には、周知徹底や公正な処分方法を採用することが大切です。

レコード制作業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 知的財産権の管理が重要
レコード制作業においては、楽曲の著作権や音源の所有権などの知的財産権を管理することが非常に重要です。特に、楽曲の著作権は長期間にわたって残るため、廃業後に問題が発生する可能性があります。そのため、廃業前には必ず知的財産権の管理を確認し、適切な手続きを踏むようにしましょう。

2. 個人情報の保護が必要
レコード制作業には、多くのアーティストやスタッフの個人情報が集まることがあります。このような個人情報は、演奏活動やイベントの企画などに必要なものであるため、適切な管理が必要です。廃業する際には、個人情報をきちんと処理し、漏洩しないように注意しましょう。

3. 契約書の解除手続きが必要
レコード制作業には、アーティストやスタッフ、配給会社などとの契約が必要な場合があります。そのため、廃業する際には契約書の解除手続きを踏む必要があります。契約書によっては、一定の違約金が発生することがあるため、事前に確認しておくことが大切です。

以上、レコード制作業の企業が廃業する際の注意点についてまとめました。廃業する際には、以上の点に加えて、経営者や従業員、関連する業者などへの適切な対応が求められます。可能な限り円滑な廃業を進めるためには、事前の準備や周辺への配慮が必要です。

レコード制作業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇について
レコード制作業の企業が会社を畳む際には、従業員の処遇についても考慮が必要です。例えば、退職手当や失業保険の支給については、法的に明確に定められています。また、従業員からの「解雇に対する不服申し立て」に対しても、適切に対応する必要があります。企業が畳む際には、従業員との円満な関係を維持することが重要です。

2. 債権者との交渉について
レコード制作業の企業が会社を畳む際には、債権者との交渉も重要です。借入金や未払いの請求書など、企業には多額の債務があります。畳む際には、債権者との交渉を円滑に進めることが必要です。債権者との交渉が不十分なまま、企業を畳んでしまうと、債権者からの返金請求や訴訟などのトラブルが生じる可能性があります。

3. 残りの資産の処分について
レコード制作業の企業が会社を畳む際には、残りの資産の処分も重要です。例えば、建物や機材、購買した音楽著作権など、企業の資産は様々な形で存在します。残りの資産の処分を怠ると、財務的な損失が発生する可能性があります。畳む際には、残りの資産を適切に処分することで、財務的な損失を最小限に留めることが必要です。

レコード制作業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化に対応するため
レコード制作業界は、デジタル化の進展や音楽ストリーミングサービスなどの台頭により、競争が激化しています。従来のレコード制作業者が相次いで倒産し、業界全体の縮小傾向が見られます。このような状況下で、企業は業界の生き残りをかけて戦わなければなりません。そのためには、M&Aを活用して、業界をリードする強固な企業体を打ち立てることが必要です。

2. 技術・ノウハウの補完による競争力強化
レコード制作業界には、音楽制作・編集などに必要な技術やノウハウが大切な資産となっています。M&Aによって、相手企業の技術・ノウハウを吸収することで、自社の競争力を強化することができます。また、開発力やマーケティング力など、相手企業が持つ強みを利用することで、新しい事業展開や製品開発を行い、市場での競争優位性を確立することができるでしょう。

3. 規模拡大による経済的効益
M&Aによる最大のメリットは、企業規模の拡大による経済的効益です。レコード制作業界においても、規模の拡大によって生産性の向上や効率化を実現することができます。また、巨大な企業体を形成することで、相手企業との交渉力や資金調達力の増大、市場シェアの拡大など、多くのメリットがあります。企業の売却によって、そのメリットを享受することができるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】ラジオ番組制作業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】高知県四万十市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】広告業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2024年最新版】山形県小国町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】共済事業(各種協同組合法等によるもの)の企業…
  6. 【2024年最新版】福岡県須恵町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】広島県竹原市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】精密測定器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP