【2024年最新版】リゾートクラブの企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

リゾートクラブの企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、リゾートクラブ業界においては、経営難に陥る企業が相次いでいます。その中でも特に代表的なのは、東京ディズニーリゾートの運営元であるオリエンタルランド株式会社が傘下に持っていた「リゾートトラスト株式会社」の倒産でしょう。そのほか、高級リゾート施設の運営で知られる「クラブワンズ」や、個人投資家からの出資を集めて運営されていた「プライベートクラブ」も、経営難から数多くの施設を撤退するなど苦戦しています。

また、長崎県の離島でリゾートホテルを運営していた企業が倒産するなど、地方においても同様のトラブルが発生しているようです。これらの企業の倒産は、不況の影響や新型コロナウイルスの影響など、様々な要因によるものとされていますが、リゾートクラブ業界自体が現在厳しい状況にあることは確かです。今後も、業界全体で継続的な改善策が求められることでしょう。

リゾートクラブの企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きの遵守:リゾートクラブ企業が清算する際には、関連する法的手続きを遵守することが重要です。具体的には、会社法や民事訴訟法などの関連法令に則って、清算手続きを進める必要があります。

2. 債務整理の実施:リゾートクラブ企業が清算する際には、債務整理を実施することが必要になる場合があります。具体的には、債務者と債権者との話し合いを進め、借入金の返済方法や期限を再調整することが求められます。

3. 資産の最大化:リゾートクラブ企業が清算する際には、可能な限り資産を最大化することが求められます。具体的には、不動産や株式などの資産を適切に売却し、債務の返済に充当することが必要になります。

リゾートクラブの企業が廃業する際の注意点 3選

1. 会員情報の取り扱いに注意すること。廃業の際には、会員情報が漏洩しないよう適切な処理を行う必要がある。また、会員情報の管理については関連法令に十分配慮し、法的な要件を満たすことが望ましい。

2. 預託金の扱いに注意すること。会員からの預託金や前払い料金がある場合、廃業後に返金する必要がある。これには、未利用分や返金手数料などが発生することがあり、迅速かつ適切な処理が求められる。

3. 廃業の周知に注意すること。会員への適切な周知が必要である。廃業の理由や方法、対応策などを説明し、万が一に備えるために適切な措置を講じることが重要である。また、代替手段の提供や移行支援なども考慮する必要がある。

リゾートクラブの企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. メンバーに対する適切な対応
リゾートクラブが閉鎖する場合、会員には十分な通知期間を与えることが肝心です。会員にとっては予定変更や旅程の調整が必要となるため、いつまでにどのような手続きを行えばよいかを明確に伝え、質問や不安を解消する体制を整えることが大切です。

2. 従業員の保護
リゾートクラブの閉鎖はその従業員にも影響を与えます。企業は社員の就業契約や労働法規に基づき、合法的に退職手続きを行う必要があります。また、退職先や求人情報などの情報提供や、社員が異動希望する他の企業とのリレーション構築など、キャリアアップのサポートをすることも求められます。

3. トラブル回避への対応
リゾートクラブの閉鎖は、様々なトラブルを引き起こすことがあります。会員や従業員からの問い合わせや苦情に慎重に対応し、トラブルがエスカレートするのを防ぐことが必要です。法律や規制に基づいた手続きを遵守し、適切に解決に向けた対応を行うことが、企業の信頼性を維持する上で大切です。

リゾートクラブの企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

リゾートクラブの企業がM&Aで会社を売却すべき理由は以下の通りです。

1. 経営上の課題を解決するため

経営上の課題がある場合、M&Aで会社を売却することで、問題を解決することができます。たとえば、競合他社の台頭や市場の縮小など、業界全体に影響する課題がある場合には、自社だけでは対応しきれないことがあります。そのため、他社との統合や買収などを通じて、より強固なビジネスモデルを構築することが必要になってくる場合があります。

2. 資金調達のため

リゾートクラブの企業は、新たなリゾート施設の開発や大規模な改修工事など、資金量の大きな投資が必要になることがあります。こうした場合には、M&Aで会社を売却して資金を調達することが有効な手段になります。また、他社との統合により、資金力が強化されることで、より大きなプロジェクトを進めることができる場合があります。

3. グローバルな脱却のため

リゾートクラブは、全世界的に見ても比較的小規模な業界です。そのため、海外市場に進出することが課題となる場合があります。こうした場合には、M&Aで海外企業との合併や買収を行うことで、グローバルな展開を実現することができます。グローバルな市場に進出することで、リゾートクラブ企業のビジネス規模を拡大することができるため、株主価値の向上や企業価値の強化につながります。

以上の理由から、リゾートクラブの企業がM&Aで会社を売却することは、経営上の課題や資金調達の必要性、そしてグローバルな展開のために有効な手段となります。ただし、M&Aは企業戦略を成功させるためにはさまざまなリスクを伴います。そのため、しっかりと戦略を練り、専門家のアドバイスを受けながら進めることが必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】山口県防府市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】栃木県下野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】群馬県長野原町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】奈良県野迫川村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】宮城県七ヶ浜町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】大阪府八尾市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】北海道千歳市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】畜産サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP