【2024年最新版】ラーメン店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ラーメン店の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、新型コロナウイルスの影響により、多くの飲食店が倒産や廃業を余儀なくされています。特にラーメン店においても、多くの経営者が厳しい経営状況に直面しています。

中でも、全国展開をしていた大手チェーン店も例外ではありません。2020年5月には、全国に約110店舗を展開する「一風堂」の関連会社が破綻し、一部の店舗が閉店するなどの影響を受けました。

また、同じく全国展開をしていた「麺屋武蔵」も、2020年4月には東京・品川区の店舗を閉店。その後も、全国各地で閉店を余儀なくされ、現在は店舗数が大幅に減少しています。

さらに、北海道の老舗ラーメン店「あじさい」も、2021年4月に倒産を申請。同店は北海道に約30店舗を展開していましたが、現在は閉店が相次いでいます。

一方で、一人暮らしや移動時間の短縮を目的とした小規模なラーメン店は、新型コロナウイルスの影響を比較的に受けにくかったとされています。しかし、飲食業全体における厳しい経営環境は変わっておらず、今後も多くのラーメン店が厳しい経営状況に直面することが予想されます。

ラーメン店の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者への連絡先を確保することが大切です。清算を行う際には、債権者に対して返済の方針を明確に伝えることが必要です。そのためにも、連絡先をしっかりと確保し、適切なタイミングで的確な情報を提供するように努めることが重要です。

2. 借入金の返済に注意することが必要です。ラーメン店が企業として清算する際に、借入金の返済が必要になる場合があります。その際には、返済の計画を立て、返済期限を守るように注意しましょう。また、返済期限を過ぎた場合には、返済ができなくなる可能性があるため、早めに債権者との話し合いを行うことが必要です。

3. 税金や社会保険料の支払いにも注意が必要です。ラーメン店が企業として清算する際には、税金や社会保険料の支払いも必要になることがあります。そのためには、清算の計画段階から、必要な金額を把握し、適切な方法で支払いを行うように注意しましょう。また、税務署や社会保険料の徴収機関との連絡も欠かせません。

ラーメン店の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社会貢献

廃業するラーメン店が、その地域の居住者に対して社会貢献活動を行うことが望ましいです。具体的には、食料の寄付や地元イベントへの参加などです。これによって、廃業するラーメン店が地域との良好な関係を築き、閉店後も地域に残る遺産になる可能性があります。

2. 清算

企業としてのラーメン店が廃業する場合、法的な手続きが必要です。社員、顧客、サプライヤーなどに対する責任を負わなければならないためです。適切な手続きを行わなかった場合、法的なトラブルや責任を問われる可能性があります。

3. 遺産の保存

ラーメン店が閉店する場合、店内装飾品や調理器具、レシピなどの遺産が失われることがあります。これを防ぐため、店内装飾品や調理器具は、最新のインテリアと同様に、オンラインオークションなどのサイトで販売されることがあります。また、レシピは適切な処理をしなければ、閉店後も外部に漏れる可能性があります。これらの遺産は、廃業する前に適切な手続きを行い、適切な形式で保存することが重要です。

ラーメン店の企業が会社を畳む際の注意点 3選

ラーメン店の企業が会社を畳む際には、様々な注意点が存在します。以下には、実在する社名は出さずに、その注意点を3つご紹介します。

1.従業員の再就職先を考慮する

企業が会社を畳む際には、従業員の再就職先を考慮することが重要です。従業員たちは、長期間同じ職場で働いてきたことがあるため、突然の解雇や失業は大きなショックであり、生活に深刻な影響を与えることがあります。そのため、企業は、従業員たちの再就職先を調査し、アドバイスを提供することが求められます。

2.負債の整理をする

企業が会社を畳む際には、負債の整理をすることが重要です。負債が残ってしまうと、その後のビジネスや従業員たちの生活に悪影響を及ぼすことがあります。そのため、企業は事前に負債整理を行い、徹底的に精算しておくことが必要です。

3.顧客への対応を行う

企業が会社を畳む際には、顧客への丁寧な対応も重要です。顧客たちは、長年愛され続けてきたラーメン店を失うことになるため、非常にショックを受けることが予想されます。そのため、企業は、顧客たちに対して、事前に告知や謝罪を行い、問題解決に努めることが求められます。

以上のように、企業が会社を畳む際には、従業員や顧客、負債など、多くの要素に対応することが求められます。企業は、これらの注意点を踏まえ、できる限りの対策を講じることが必要です。

ラーメン店の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争が激化しているため、経営資源を集約する必要がある。
2. 経営資源不足による競争力低下や新商品開発の遅れなど、将来的な成長戦略の実行が困難になっている。
3. グローバル市場に参入するために、経営ノウハウやブランド力などの強化が必要になっている。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】身の回り品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】重包装紙袋製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】書道教授業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】埼玉県嵐山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】パルプ装置・製紙機械製造業の企業が清算・廃業…
  6. 【2024年最新版】静岡県南伊豆町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】山口県和木町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】栃木県大田原市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP