【2024年最新版】ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

ラジオ放送業界において、倒産や廃業に追い込まれた企業が数多く存在しています。

その一つが、東京ネットラジオ株式会社です。同社は、2006年に設立されたインターネットラジオ局で、アニメや演歌など多彩なコンテンツを提供していました。しかし、経営不振に陥り、2015年に倒産を申し立てています。

また、株式会社エフエム・ニシオカも、2018年に倒産しています。同社は、福岡県北九州市を拠点に放送を行っていましたが、広告収入の減少により経営環境が悪化し、最終的には倒産となりました。

さらに、ラジオ湘南株式会社も、2019年に廃業しています。同社は、神奈川県藤沢市を拠点に放送を行っていましたが、広告収入不足により経営環境が悪化し、廃業に至りました。

他にも、地方局においては、広告収入が減少したことで廃局に追い込まれるケースが多く報告されています。

こうした背景から、ラジオ放送業界の存続には多くの課題が残されていると言えるでしょう。

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財務上の問題を深刻に見る

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算する際には、財務上の問題を深刻に見る必要があります。特に、放送局の経営が厳しくなった際には、清算することが避けられなくなる場合があります。このような場合には、できるだけ早期に専門家の意見を聞き、財務面での損失を最小限に抑えるような対応を行う必要があります。

2. 従業員の雇用問題を考慮する

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算する際には、従業員の雇用問題にも注意が必要です。特に、長期にわたって勤務している従業員がいる場合には、彼らの置かれた状況を理解し、適切な対応を行う必要があります。このような場合には、従業員の就職先を探すための斡旋なども行う必要があるでしょう。

3. 資産の売却方法にも注意が必要

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が清算する際には、資産の売却方法にも注意が必要です。特に、オフィスやスタジオなどの不動産がある場合には、適切な売却方法を検討する必要があります。また、放送用の機材や音楽ライブラリーなども売却の対象となりますが、こちらについても、適切な方法で処分する必要があります。

※実在する企業名を伏せています。

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の解雇手続き
ラジオ放送業の企業が廃業する際、まず最初に注意すべき点は従業員の解雇手続きです。従業員の解雇手続きには労働基準法や雇用保険法などの法令に基づいた手続きが必要であり、適切な方法で解雇手続きを行うことが重要です。また、従業員に対して適切な退職金や賞与の支払いも必要です。

2. 放送設備の処分
次に注意すべき点は放送設備の処分です。ラジオ放送業の企業は放送に必要な機材や設備を保有しており、これらの処分にはコストと時間がかかります。また、設備の処分にはリサイクル法や廃棄物処理法などの法令に基づいた手続きが必要です。放送設備の処分には、環境負荷を減らすためにも適切な方法を選択することが必要です。

3. 放送内容の引継ぎ
最後に注意すべき点は、放送内容の引継ぎです。ラジオ放送業の企業は番組制作やコンテンツの制作を行っており、これらの知的財産権や契約の引き継ぎには時間とコストがかかります。引き継ぎ作業には、契約書や発注書などを確認して、必要な手続きを実施する必要があります。そして、放送内容の引き継ぎがスムーズに進むよう、十分に準備を行う必要があります。

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの確認
ラジオ放送業を含むあらゆる業界において、会社の解散は法的手続きを必要とします。特に、ビジネスがうまくいっていない場合は、倒産申告をする必要がある場合があります。そのため、会社の解散については、法律や会社法を理解し、適切に対処することが重要です。

2. 従業員への対応
会社の解散によって、従業員の雇用継続が危ぶまれるため、従業員への対応は特に重要な問題です。会社の利益確保や従業員の雇用継続の側面から、就職先の紹介、退職金やボーナスの支払い、就職先までのトランスポートの手配などが必要であり、従業員への配慮は欠かせません。

3. 法的責任の調査
企業の解散に伴っては、様々な法的責任を負うこともあります。たとえば、将来的な責任が発生する可能性がある契約の解除、税金の支払い、負債の返済などです。これらを踏まえて、会社の解散に際しては、十分な調査を行い、必要な手続きを確認しておくことが必要です。

ラジオ放送業(衛星放送業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 収益の低下: ラジオ放送業界は競争が激しく、視聴率や広告収入が安定しない場合があります。このような状況で、経営に不安を感じる企業はM&Aによって他社に売却することで、企業価値を最大化することができます。

2. ビジネスモデルの変化: 近年、ラジオ放送業界はストリーミングサービスやポッドキャストなどのデジタルメディアの台頭により、ビジネスモデルが変化しています。このような変化に対応するために、M&Aによって新しい技術や事業を取り入れることができます。

3. 組織の合理化: 複数のラジオ放送業者が同じ地域で競合する場合、市場が分散し、コストが高くなります。このような場合、組織の合理化が必要となり、M&Aによって複数の企業を統合することで、業界全体の競争力を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福岡県東峰村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】帽子製造業(帽体を含む)の企業が清算・廃業・…
  3. 【2024年最新版】道路貨物運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】新潟県小千谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】兵庫県宝塚市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】北海道増毛町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】山梨県山梨市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】物品預り業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
PAGE TOP