【2024年最新版】ボタン製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

ボタン製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、ボタン製造業界では厳しい経営環境が続いており、多くの企業が倒産または廃業しています。ここでは、その状況を実在する社名は出さずにまとめます。

一つは、国内での生産拠点の減少による競争力の低下が課題となっていることです。多くの企業が海外での生産拠点を持ち、低価格な製品を供給しています。国内の大手メーカーも、工場の移転や合理化を進めていますが、それでもなお、景気悪化や円高の影響を受けて業績が低迷しています。

また、社会問題である長時間労働や労働力不足も影響しています。近年、企業の倒産により、従業員が失業するといった事例が報じられています。さらに、介護や医療など他業種からの転職も増加しており、産業の存続が危ぶまれています。

一方で、ボタンの需要自体は、世界的に見てもある程度安定しています。ファッション業界や装飾品の需要などもあり、ボタンに関するビジネスチャンスも多々存在します。しかし、この産業は、小さな部品を大量に製造することで利益を得るビジネスモデルであり、そのため、生産性の向上やコスト削減が不可欠となっています。

以上のように、ボタン製造業界は多くの課題を抱えています。企業は、生産性の向上や海外市場の開拓、働き方改革などに取り組むことで、競争力を強化し、産業の発展につなげていく必要があります。

ボタン製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きを遵守すること
清算手続きには様々な法的手続きが必要となります。例えば、債権者の登録や債権届出の受理、社員の解雇手続きなどが含まれます。企業はこれらの手続きを遵守しなければ、法的トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

2. 財産の正確な評価を行うこと
清算手続きにおいては、企業の財産の正確な評価が必要となります。この際には、弁護士や会計士などの専門家のアドバイスを得ることが重要です。財産の評価が適正でない場合、債権者や株主などからクレームがつく場合があります。

3. 時間的余裕を持った計画の策定
清算手続きには時間がかかる場合があります。企業は、余裕をもって清算計画を立てることが重要です。急いで清算手続きを進めると、手続きが不十分となってしまうリスクがあるためです。計画を立てる際には、法的手続きや財産評価の時間を十分に考慮する必要があります。

ボタン製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 法的手続きを遵守することが重要です。製造業には、労働者の雇用や税金の支払いなど、法的手続きが必要な場合があります。企業が廃業する際には、これらの手続きを遵守することが必要です。

2. 社員や顧客などの関係者に適切なコミュニケーションをすることが大切です。企業が廃業すると、社員や顧客などの関係者に大きな影響を与えることがあります。廃業する前に、これらの人々に適切なコミュニケーションを行い、廃業の理由や予定するスケジュールなどを明確に伝えることが重要です。

3. 資産や施設などの処分については、慎重に検討するようにしましょう。企業が廃業する際には、資産や施設などの処分についても検討が必要です。これらを急に処分すると、損害を被ることがあるため、慎重に検討するようにしましょう。

ボタン製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する誠実な対応
会社を畳む際は、まず従業員に対して誠実な対応をすることが求められます。経営状況によっては、従業員の労働条件を改善し、退職金制度などの福利厚生を整備することが望ましいです。また、人件費の削減のために裏口入社等の手法を用いることは避けましょう。企業としての社会的責任を果たすためにも、従業員にとってなるべくプラスになるような方策を立てることが大切です。

2. 税務管理の徹底
ボタン製造業の企業が会社を畳む際は、税務管理の徹底が重要です。税金を滞納してしまうと、会社の信用は落ち、従業員にも迷惑をかけます。定期的に税理士と相談し、正確かつ適正な申告を行うことが求められます。また、納税者としての義務や責任を理解し、税務調査が入った場合には、きちんと対応するようにしましょう。

3. 担保物件の処分
会社を畳む際は、所有している資産や財産を手放さなければならないことがあります。特に、担保物件についてはきちんと処分する必要があります。担保物件には、不動産や機械設備などが含まれます。処分方法は、売却やリースバックなどがあります。どの方法を選ぶにしても、プロのアドバイスを仰ぐなど十分に検討し、最適な方法を選択する必要があります。

ボタン製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争力の低下:ボタン製造業は高度な技術や設備が必要であり、また競合他社との価格競争にもさらされます。そのため、一定の規模を維持しなければならないことがあります。しかし、時には市場の変化や経済状況の影響を受けて、生産コストが高騰したり商品の需要が低下したりすることがあります。その場合、M&Aによって別の企業と合併し、競争力を高めることができます。

2. 新技術の導入:現代のボタン市場は多様化しており、デジタルボタンやスマートフォンの指紋認証機能など、新しい技術が導入されています。これらの技術にすばやく対応し、競合他社よりも先進的な商品を製造する必要があります。しかし、新しい技術を開発するための資金や専門知識がない場合は、M&Aによって高度な技術を持つ企業を買収することができます。

3. グローバル展開:ボタン製造業はグローバルな市場に直面しており、海外展開が必要です。しかし、海外企業との取引には多くのリスクがあり、また国際的な規制や貿易障壁に遭遇することがあります。こうした問題に対処するには、海外市場に精通している企業と提携することが必要です。M&Aによって、グローバルな事業展開に必要な資金や財務、ネットワークを獲得することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】宮崎県延岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】鹿児島県東串良町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】各種機械・同部分品製造修理業(注文製造・修理…
  4. 【2024年最新版】茨城県土浦市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】北海道新十津川町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  6. 【2024年最新版】配合飼料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】北海道ニセコ町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】奈良県川上村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP